羽山みずきのプロフィールや年齢!巫女時代の給料は?神社はどこ?

   

この記事の所要時間: 343

日本クラウンから移植の歌手がデビュー

します。

なんと巫女さんからの転身といいますから

確かにあまり例がないかもしれません。

 

巫女という経験から法螺貝も吹けるんだ

そうです。

昨今、ホラを吹く芸能人は多いですが

法螺貝は珍しい。

どんな歌手なのか情報を集めてきました。

 

スポンサーリンク

羽山みずき:プロフィール

 

生年月日:1991年12月7日

出身地:山形県鶴岡市

血液型:A型

 

4歳の時、保育園の敬老会で、ソロで歌った

のがきっかけで、演歌が好きになりました。

1998年、高校卒業後巫女になり6年間奉仕。

2015年3月、「日本クラウン新人オーディ

ション」でグランプリを獲得。

2016年4月6日、「紅花慕情」でデビュー。

 

羽山みずきの歌唱力は?

 

オーディションでグランプリということ

ですから、それなりに歌唱力は保証済み

だと思いますが、まずは実際に歌を聞いて

みましょう。

なるほど、うまいです。

ビジュアルは古典的な美人ですね。

まさに巫女さんのイメージにぴったりかと。

頬骨が少し立っているけどゲッソリしている

わけではなく、顔面が比較的大きいのは

いい声が出そうな骨格に思えます。

テレサ・テンとか島田裕子なんかも、この

タイプの骨格ですよね。

 

曲にいまひとつインパクトがないのが

残念ですね。

ま、演歌は10年とか経ってから売れる

のもザラな世界ですし、新人がいきなり

いい曲を書いてもらうなんてのは難しい

のかもしれません。

 

巫女からの転身を結構売りにしているよう

なので、こういう演歌そうろうな曲でなく

祝詞みたいなイメージの曲を、神楽鈴を

手にして歌ったらよかったのに。

 

巫女はどんな仕事?

 

求人誌などには時々、巫女さんのバイトの

求人が載っていることがあります。

年末年始などの繁忙期にはバイトを使うよう

ですが、正社員での就職もあるようです。

 

巫女ですから、やはり若くて清らかな乙女が

理想的。

正規採用の場合、巫女の定年は22歳~25歳

と若いので、高校卒業後18歳で巫女になる

ケースが多いようです。

 

広い境内や授与所の掃除、舞や作法の稽古

など、結構な労働量なのはもちろん、

徹底的な年功序列でしかも女性だけの世界。

見た目ほど清らかで穏やかな世界ではない

ようです。

 

しかも、お給料は神社によって差は

ありますが、手取り15万前後と決して

高給ではありません。

しかし、神事で奉納する舞などの特殊な

芸事が身についたり、作法を学ぶことで

立ち居振る舞いが美しくなったりと、

厳しいお稽古事をするつもりで務めれば

お給料もいただけて得るものは大きいと

いえるかもしれません。

 

羽山みずきの今どきの女の子っぽくない、

おっとりした雰囲気も、もともとこういう

お嬢さんなのかもしれませんが、巫女の

世界で培われたものかも。

 

羽山みずきが巫女をしていた神社は?

 

羽山みずきが巫女として奉仕していた

神社は山形の出羽三山神社。

出羽三山とは羽黒山、月山、湯殿山。

神仏習合の主権道のお山です。

だから法螺貝なんですね。

世間連れしていない印象の羽山みずき。

そのイメージを最大限アピールして

演歌にこだわらず活躍してほしいものです。

タムのプロフィール!家族や歌唱力・所属事務所は? オーディション動画あり!

堀優衣のプロフィールや学校!カラオケバトルで優勝の歌唱力やCD情報

神園さやかの本名や経歴?カラオケバトルでレコード大賞新人賞の実力!

 - 音楽, エンタメニュース