C.ロナウドが再び代理母出産!子作りの報酬はいくら?誕生はいつ?

      2017/03/15

この記事の所要時間: 334

イケメンサッカー選手、レアル・マドリード

のポルトガル代表FWクリスティアーノ・

ロナウドに2人目の子供ができるかもしれ

ません。

代理母出産で第一子を授かったと言われて

いるC.ロナウドですが、今回もまた代理母

出産で出産するための手続きを終えたと

報道されています。

 

スポンサーリンク

昨年末に代理母出産手続き完了

 

スペインの『マルカ』紙によるとC.ロナウド

は代理母出産で子供を作るために、時間も

お金もかけて最適な人材を探してきたようで、

ついにいい人材が見つかったため、昨年末の

クリスマス休暇に渡米し、必要な処理を

終えたとのこと。

 

今回の代理母出産のため、C.ロナウドが

これまでに支払った費用は100万ユーロ

(約1億2000万円)。

今後、代理母である女性には一定額が支払

われるそうですが、その額は公表されてい

ません。

 

代理母への報酬はいくら?

 

第一子を出産した女性はアメリカの女性で

ウェイトレス。

当初はC.ロナウドと一夜の恋で妊娠。

女性はC.ロナウドの連絡先を知らなかった

ため、代理人であるホルヘ・メンデスに

連絡。

女性にはDNA検査が求められ、これによって

確かにC.ロナウドの子供であることが判明。

敬虔なローマ・カトリック信者である

C.ロナウドは自分の子供だと知った瞬間に

「引き取って育てる」決心をしたと報じられ

ていました。

 

その際に相手の女性には1000万ポンド

(約13億円)を支払い、親権・養育権の放棄

子供との関係を口外しないことを約束させた

上で子供を引き取ったと言われています。

 

しかし、のちになって一夜の恋ではなく、

代理出産だったと報じられました。

つまり1000万ポンドはスキャンダルの

相手への口止め料や慰謝料的意味合い

ではなく代理母出産に対する報酬だった

というわけですね。

 

今回も当然、前回相当の額が支払われる

のではないでしょうか。

十月十日自分のお腹を貸して13億円。

悪くないと考える人は結構多いかもしれ

ません。

でも、ひよこだって3日も飼ったら情が

移るってもんなのに、自分のお腹で10カ月

育てて母親を名乗ることは一切許されない。

精神的にきつそうです。

 

第二子の誕生はいつ?

C.ロナウド画像出典:http://www.soccer-king.jp

3月5日に行われたリーガ・エスパニョーラ

第28節セルタ戦ではゴールを決めた

C.ロナウドがゴールを決めた後にボールを

ユニフォームの下に入れるセレブレーション

を披露。

これは子供の誕生を喜ぶパフォーマンスだと

現地紙は報じています。

 

報道通りだとするなら、昨年末に妊娠に至る

ための処置をしたとすれば、出産は今年の

10月末から11月初旬にかけてというところ。

喜びのパフォーマンスは着床妊娠が確認された

ということでしょうか。

とにかくめでたい!

クリスティアーノ・ロナウドの「心と体をどう磨く?」

もともと同性愛説がウワサされている

C.ロナウド。

第一子の誕生では、当初女性スキャンダルと

して報道されたために、

「代理出産だった……の?」

という印象でしたが、今回のことで代理出産が

確定となりました。

そうなると、またゲイ疑惑でメディアを

賑やかしそうですね。

ブルーノ・ソウザ愛人殺害事件の真相は?プロサッカー復帰に疑問!

C・ロナウドがバダ・ハリと同性愛の仲?週4回デートの真相は?

マクドナルド台湾のゲイカミングアウトCMの俳優は?動画も紹介!

 - スポーツ