真田丸の真田信繁(堺雅人)と梅(黒木華)きり(長澤まさみ)はどうなる?

   

この記事の所要時間: 531

『真田丸』視聴率もまずまずのようですね。

個人的には勝頼さまが登場しなくなって

一気にテンションが下がってしまいましたが

まだまだ先は長い。

次の興味は信繫と梅、きりの三角関係が

どうなるかというゴシッピーなテーマです。

 

今のところ露骨に梅一筋な信繫。

そして梅も信繫さまに思いを寄せている。

ヤンキー娘のきりはあくまで片思いですが

今後どうなるのかが気になります。

3人の関係のネタバレを個人的な解釈も

交えてご紹介しましょう。

 

スポンサーリンク

現時点で信繫と梅は相思相愛

 

第3回できりと梅の2人に櫛を贈ったものの

それはただの幼なじみと本命とできっちり

差がつけてあるという、露骨な設定でも

分かるように、信繫にとってきりは幼なじみ

でしかないんですよね。

きりの出る幕はありません。

 

きりの思いにお構いなしに、このまま2人が

結ばれる運命にあるのは当然の流れであります。

でもドラマの筋書きが別として、俳優の演技で

「そりゃ梅を選ぶだろ」と思えてしまうのは

ちょっと残念。

 

きりは善良で本当に信繫を愛しているものの、

はねっかえりで不器用だからうまくいかない。

という設定があるわけですが、その中でも

彼女のいじらしさ、可愛らしさがもっと出て

くるといいのになあ。

 

本来「きりの気持ちも分かってやれよー」

という気持ちも出てきて当然な設定だと

思うんですよ。

でも今ひとつ、きりに感情移入できない

んですよね。

うーん、長澤まさみちゃんも器用な

役者じゃないからなぁ。

 

信繫と梅は祝言へ

 

9話では父にやり方に反感を覚えながら、

なすすべもなく落ち込む信繫を見て、きりは

ことさら明るく接することで励まそうとするが、

空回りしてしまいます。

 

梅は静かに信繫の話を聞いた後で、自分の

目から見た意見を述べる。

信繫は自分の気持ちを聞いてもらった時点で

すでにかなり癒されていると思うんですよ。

だから、彼女の言葉も素直に受け入れられる。

 

梅には相手が何を求めているのかを察する

賢さがあるんですね。

落ち込んでるから元気づければいいという

単細胞な女ではないのです。

けなしも持ち上げもしないけれど、存在を

受け入れて、気持ちを整理させてくれる。

当然、信繁もますます梅を自分にとって

なくてはならない女性だと思うわけです。

 

そして、10話では梅が妊娠。

戦で忙しくてもやることはやってます。

そして2人は祝言を上げることに。

 

梅は農民で身分が違うので正室にはできない。

だから妻といっても側室なのですが、信繫の

中では正室なわけです。

だから正室は持たないし、子供ができたから

妻ということではなく、きちんと祝言も挙げる。

誠意を尽くしているわけです。

 

幸せは長くは続かない!

 

2人の祝言は当然きりにとってはかなり

つらい出来事ですが、きりはヤンキーでは

ありますが、そこで梅を恨むような嫌なやつ

ではない!

 

切なさを隠してあくまで明るく振る舞うきりの

心も知らず夫婦となった信繫と梅ですが、

幸せは長くは続きませんでした。

梅は早くも13話の第一次上田合戦の勝利の陰で

戦に巻き込まれて命を落としてしまいます。

 

ここでもきりは「ラッキー!」と思うような

女ではなく、残された梅の子供を抱いて

「この子は私が育てる」と決心します。

 

一番愛する女性は梅、きりは一番の仲よし?

 

後にきりも信繫の側室となりますが、彼女も

あくまで側室。

信繫にとって正室の座は生涯梅のものなの

でしょう。

だからといってきりの存在が軽いわけでは

なく、きりは生涯を通じて信繫にとっての

大切なパートナーとなります。

 

若い日はともかく、信繫が生涯を終える時点

では、きりと梅の2人の女性は信繫にとって

それぞれが、無二の存在になっているのだと

思われます。

 

信繫が女性として一番愛したのは梅、一番

親しい存在の女性はきり。

といったところでしょうか。

 

信繫ときりとの間に生まれる女の子は「阿梅」と

名づけられます。

この命名が誰によるものかは分かりませんが

信繫が妻の名をつけたとなると、ちょっと

女々しいし、きりに対して無神経すぎる。

ここは、きりの命名であってほしいです。

 

同じ側室ではあっても、信繫の心の中では

あくまで正室は梅。

彼女の名前を娘に付けることで、常にその

存在を信繫との間に残すことはきりの梅に

対する義理立てのように思われます。

また梅が残した子供「すえ」と血を分けた

我が子を分け隔てなく育てるという、彼女の

心意気の表れ――と思いたいですね。

意外に早く黒木華が消えてしまうのが残念。

長澤まさみのきりは梅がいなくなることで

その子を自分で育てると覚悟し、それまでの

ヤンキー娘から変化を遂げるんでしょうね。

ことさらヤンキーに描かれているのも、その

変化を際立たせるためでしょうか?

 

今は「ウザすぎる」とか言われていますが、

そのあたりの演じ方によっては大いに評価を

挽回できる可能性あり!

楽しみです。

高木渉の魅力『真田丸』での演技はどうだ?声優と俳優の違いは何?

『真田丸』平岳大の勝頼登場は第2話まで!号泣必至の最期の見どころは?

『真田丸』平岳大演じる勝頼の悲哀が際立つ!文句なく面白い!

三谷幸喜脚本NHK大河ドラマ『真田丸』ってタイトルは何の名前なの?

 - 『真田丸』, エンタメニュース