中本賢のプロフィールや今現在!旧芸名や代表作・家族の情報も!

      2017/12/08

この記事の所要時間: 455

中本賢という俳優さん、かつては

アパッチけん」の芸名でバラエティなどで

活躍していましたが、今ではすっかり中堅

俳優という印象ですね。

 

最近では芸能人としてだけではない活動も

しているようです。

中本賢について調べてきました。

 

スポンサーリンク

中本賢(なかもとけん):プロフィール

本名:中本賢(なかもとけん)

旧芸名:アパッチけん

生年月日:1956年6月5日

血液型:B型

 

コメディアンとしてデビュー

 

1970年代のバラエティTBS『ぎんざNOW!

の「素人コメディアン道場」で優勝したの

が芸能界デビューのきっかけ。

優勝者6人でコメディグループ

「ザ・ハンダース」を結成し、1975年から

1980年までメンバーとして活躍。

6人だから1ダースの半分で「ハンダース」。

「タイガース」「クルセイダース」という

ようなグループサウンズっぽさのパロディ

ネーミングですね。

 

ネーミングに恥じず、コントだけコミック

ソングなども得意としていたハンダース。

名曲「思い出の渚」を物まねでカバーした

シングル「ハンダースの想い出の渚」は

40万枚の大ヒットを飛ばしました。

 

1980年に解散してからは、それぞれ単独で

芸能活動を開始。

アパッチけん時代には顔が似ているために

五木ひろしの物まねを持ち芸としていました。

 

スポンサーリンク


俳優への転身

解散前後から俳優として仕事も始め、テレビに

映画にと徐々に仕事を増やしていきます。

わき役としての存在感を示したのは

なんといっても『釣りバカ日誌』シリーズ

でしょう。

ハマちゃんの隣人・太田八郎役として

レギュラー出演し、主役ではないものの

作品にとって欠かせない人物となりました。

現時点で俳優中本賢の代表作と言えば

『釣りバカ日誌』と言って間違いない

と思います。

 

羽生弦選手がお殿様で出演することで

話題になっている『殿、利息でござる!』

にも善八役で出演しています。

どこにでもいそうな名もなき庶民を

生き生きと演じてくれそうです。

 

コメディアンから俳優に転身して名優と

なる人は多いですね。

ドリフターズのいかりや長介しかり、

てんぷくトリオの伊東四郎しかり。

人間が分かっていなければ笑いは取れない。

コントは一発芸のお笑いではなく、ドラマ

なのでコントの世界が分かっている人なら

演技の世界に入っても通用するということ

なのかもしれません。

 

妻や子供はいる?

 結婚して妻一人子一人がある中本賢。

奥様は中本佐輝子さん、息子さんは

中本隆太郎さんといいます。

2006年、NHKのドキュメンタリー

「川の記憶・父と子の多摩川」に家族

3人で出演したことでご存じの方も

多いのではないでしょうか。

 

もともとアウトドア派の中本賢は多摩川の

近くに転居してから、多摩川の魚類の生態を

調べたり、環境改善の活動をするなどの

取り組みを続けてきました。

また「多摩川塾」と題して子供たちを集め

川遊びを教えたり、川に生息する生物の

観察をさせたりするなど、環境と同時に

子供の教育も重視した活動をしています。

 

この番組は11年にわたり、こうした中本賢の

姿と多摩川と関わりながら生活する家族、

父と子の姿をとらえたもので、静かな評判を

呼びました。

 

映像からは自然を愛し家族を愛する父親

としての中本賢と、父親を完璧な人間では

ないと思いつつ、「尊敬できる」存在と

とらえている息子さんの関係が垣間見ら

れました。

この番組を見て中本賢の評価が上がった

視聴者も多いと思います。

スポンサーリンク


地域の教育にも参与

環境や教育への取り組みを評価されての

ことでしょう。

2008年には川崎市教育委員に任命され

小学校で環境保護の授業も受け持っています。

 

ただ、2016年3月には委員として出席義務

がある会議25回のうち、ドラマの撮影を

理由に11回欠席したことが問題視されました。

 

委員には会議の出欠に関わらず、月に27万

9000円の手当が支払われているそうなので

批判の声も無理もない気はします。

 


 

器用そうな人ではないので、愛する

自然の環境保全や、子供の教育の現場で

力になることにはやぶさかではないけれど、

会議は苦手……というような事情でしょうか。

会議は定例の他に臨時会議もあるそうなので

出られないこともあるでしょう。

1回出席ごとの手当という形にすれば

いいですよね。

もちろん、手当てをもらわないから

出る義務はないという問題ではない

とは思いますけどね。

「殿、利息でござる!」で羽生結弦がお殿様に!公開はいつ? 原作はある?

 - エンタメニュース