『重版出来!』ネタバレとあらすじ!原作や最終回ラスト結末予想!

      2016/04/12

この記事の所要時間: 939

『重版出来』(じゅうはんしゅったい)

4月からTBS火曜ドラマに登場です。

もともと人気漫画原作のこのドラマ、

黒木華オダギリ・ジョー松重豊らの

豪華な俳優陣に演技面は間違いなし。

『コウノドリ』の演出やプロデューサー

が関わっていることからも、春ドラマ

一番の期待作です。

 

いったいどんなドラマになるのか?

あらすじやキャストなど基本情報や

原作情報、ラスト予想など、ところ

どころにネタバレを含みつつご紹介!

 

スポンサーリンク

『重版出来!』あらすじ

 

柔道に青春をかけて五輪代表候補にまで

なった黒沢心(黒木華)だが、ケガで五輪は

断念せざるを得なくなる。

そこで心機一転、大手出版社・興都館に

就職することにした

 

心が出版社での仕事を選んだのは、子供の

頃に柔道マンガを読んだ感動が、柔道に

打ち込むきっかけとなったからだ。

自分もそんなふうに人に何かを与えられる

マンガを読者に届ける側に立ちたいという

熱意を語って、見事就職試験に合格し、

マンガ週刊誌「バイブス」の編集部に入る。

 

初めての出版の世界で教わることばかりの

心だが、ひたむきで前向きなその情熱で

時に先輩編集者や漫画家、販売の前線である

書店などにも影響を与えつつ、次第に出版界

にのめり込んでいく。

 

会議で初めて聞いた「重版出来」という言葉。

初版がよく売れたために再版した書物が

出来上がるという意味だ。

売れなければ再版はないわけだから、

現状の出版界ではなかなか難しい。

読者の心を動かす、いいマンガを届けたい

と考える心にとっては「重版出来」が1つの

目標となった。

 

逆風にあえぐ出版業界ではライバル社との

競争や引き抜きなど、さまざまな問題が

降りかかってくる。

しかし、心は持ち前のバイタリティと

皆の連携プレイで青年誌全国1位を目指す。

 

原作マンガの魅力

超豪華なキャスティングでそそられる人も

多いと思うんですが、松田奈緒子先生の

原作自体がすごく面白いんですよ。

 

さほど器用ではないけれど前向きな人間が

情熱や自分なりの特性を生かして、次々と

現れる問題を解決しつつ、成長しつつ、

何事かを達成していく。

という物語は魅力的なパターンですよね。

 

柔道一筋でやってきた心が20社を受けて

落ちた後、興都館で「ただものではない」と

見込まれて見事就職。という設定や、それを

見抜いた清掃員が実は社長だったという設定。

パターンと言えばパターンなんですが、物語

の設定や感動を生むシチュエーションなんて

しょせんパターンなんですよね。

面白いドラマのパターンなんて、すでに

出尽くしているわけです。

 

パターンどう魅せるか、その中でオリジナリ

ティを出せるかどうかが面白いかどうかの

決め手となるわけです。

そういう意味で『重版出来!』は成功作と

言えるでしょう。

 

ネット上を見ると「絵はヘタ」とか

「絵がうまいとは言えないけど」なんて

コメントがけっこうあるので驚きました。

個人的には超達者な書き手だと思ったので。

少女マンガのようなキレイキレイなタッチ

ではないけれど少年漫画の汚さでもなく

嫌味のないリアリティを感じさせる画風。

ところどころデフォルメされたタッチが

入るので読みやすく画面に抑揚がある。

 

ストーリーも人物描写も画風も骨格が

しっかりしているという印象です。

画風はまったく違うけれど、『コウノドリ』

に共通するものを感じます。

原作も超オススメ。

 

それに業界物って知らない世界をのぞき見る

感じがして面白いですよね。

特に出版界というのは誰もが一度は憧れた

ことがある就職先ではないでしょうか。

編集部という舞台設定もこのマンガの魅力に

一役買っていると思います。

 

俳優陣が超魅力!

原作自体がおもしろいんですが、人物を

しっかり描いているマンガだけに演じる俳優

によっては、大いにガッカリさせられる

タイプの原作だと思います。

 

今回のキャスティングに関しては個人的に

大満足!

 

黒岩心(くろいわこころ):黒木華(くろきはる)

原作では「小熊のような」女の子という設定。

柔道少女のイメージなんでしょうね。

小柄だけどリスやウサギなど小動物ではなく、

熊とイメージでしょうか。

黒木華は顔も面長だし、スタイルもスラリと

していますが、どこかあか抜けない素朴な

雰囲気を出せる女優さんなので大丈夫だと

思います。

 

また原作では柔道に打ち込んできたために

耳がいわゆるギョーザ耳になっているという

設定もあります。

だからってドラマでは特殊メークなどしない

ほうがいいと思いますが、どうなんでしょう。

 

この役はもともと能年玲奈を予定していた

そうなんです。

でも、事務所がらみの問題で実現ならず、

次に有村架純に決まったけれど、他の仕事と

重なってこちらを蹴ったという経緯がある

そうで。

小熊のイメージとしては有村架純のビジュアル

はピッタリですが、ドラマを重視するなら

黒木華で正解だと思いますね。

 

五百旗頭敬(いおきべ けい):オダギリ・ジョー

心の教育係的な先輩編集者。

最近は視聴率低迷男として知られている

オダギリ・ジョーですが、どうしてかな。

『おかしの家』だって面白かったのに…。

しかし、今回は原作・共演者共に問題なし。

原作のイメージともピッタリです。

 

小泉純(こいずみじゅん):坂口健太郎

バイブスの営業担当者。

本当は編集部に行きたかったのに営業部に

配属されてしまって、本人も仕事に情熱を

持てないし、存在感もない社員。

でも心のポジティブなエネルギーに、

ふと我が身のあり方に気づかされたりする

わけですが、公式サイトを見るとドラマでは

そこから恋心へと変わっていくです。

 

壬生平太(みぶへいた):荒川良良

ラーメン主食の編集者。

心とはラーメンを一緒に食べる仲。

毒のないキャラがいい感じです。

 

三蔵山龍(みくらやまりゅう):小日向文世

大御所マンガ家ながらネット上には

「すでにオワコン」的なコメントが。

その理由を柔道選手としての観察力から

指摘するというエピソードがあります。

マンガではもう少し高齢なイメージでしたが、

ネットを見ないため知らなかった自分に

対する読者の評価を知った時の反応は

小日向文世ならいい芝居してくれると

期待できますね。

 

久慈勝(くじまさる):高田純次 

公式サイトでは、

「興都館に勤める清掃員・・・(?)」

と紹介されていますが、掃除のおじさんに

見えて実は社長です。

貧しく不幸な少年時代を送り、道を外し

かけたけれど更正した人物。

彼も本に出会ったことで出版の世界を

目指したために、単なる生活の糧を

得る手段としてではない思い入れを

持っています。

ビジュアルのイメージもピッタリ。

 

安井昇 (やすい のぼる):安田 顕 

結果主情主義で新人つぶしの異名をとる

編集者。

組織に一人はいるタイプの意地悪役ですね。

しかし、これも彼なりのこだわりの表れと

いえるでしょう。

 

和田靖樹(わだやすき):松重豊 

『バイブス』の編集長。

時に怖かったりもするけれど根は暖かい人物。

原作のイメージより若干線が細い印象ですが

「長」はつくけど企業幹部ではないという

役どころをいい感じに演じてくれるでしょう。

 

ドラマ最終回のラストはどうなる?

 

マンガの連載自体がまだ続いているので

この話自体がどう終わるのかは未知数です。

でもシリーズドラマではないので、どこかで

終わらせなければならない。

 

『コウノドリ』の時もそうでしたがぶっつり

切るわけにはいかないので、ドラマ独自の

設定を入れて完結させると思われます。

公式サイトの内容紹介に、

「全てをかけて青年誌1位を目指す」

とあるように、ドラマのラストはここだと

思うんですよね。

 

ライバルとの競争や障害を乗り越えながら

最終的に青年誌トップの座を実現するのが

結末かと。

 

あるいはいいところまでいって惜しくも

達成はできなかったけれど、そこにいたる

までに編集者も作家も編集部も成長できた。

「よーし、明日からまた頑張るぞー!」

ってなところで、彼らの努力と挑戦はまだ

続くことを思わせて終了。

ってな感じでしょうか。

 

小泉君の心に対する恋心に関しては、

成就するには至らないと思いますね。

ラブロマンスではなくヒューマンドラマ

なので、その辺は重点ではないと思います。

彼女に感化されて、仕事に生きがいを見出した

小泉君が時に告白したい気持ちに襲われつつ

「今はまだ言わない。

今は自分自身の目標を達成してから」

みたいなところで終わるのではないでしょうか。

あまりテレビを見なかったんですが、

『コウノドリ』以来ドラマもちょっぴり

見るようになったスギサク。

そんなにたくさんは見られませんから

毎シーズン1本面白い作品があると

いいなあと思いますが、春ドラマの1本は

これにほぼ決定です。

黒木華の黒沢心(小熊)はブサイクで地味で脇役向き?視聴率で勝負だ!

黒木華の黒沢心が可愛い!演技力と存在感は期待以上!

その「おこだわり」、私にもくれよ!!の意味?あらすじと出演者も?

『サンリオ男子』って何?あらすじや登場人物・作者が知りたい!

 - エンタメニュース