上海ディズニー:チケット全日付指定で事前購入が必須!システム6つの違い!

      2016/02/14

この記事の所要時間: 719

6月16日のオープンが発表された上海

ディズニーランド

世界のディズニーランドとは違う独自の

チケットシステムが明らかになりました。

 

東京ディズニーと同じ感覚で遊びに行くと

入場できない可能性もあります。

ディズニーランドは日本にもありますが、

上海にしかないオリジナルアトラクションも

あるので、ディズニーファンとしては

外せないスポット。

いち早く訪問したいと思っているあなたの

ために上海ディズニーチケット購入の

注意点をご紹介します。

 

スポンサーリンク

上海ディズニー独自のチケットシステムとは?

 

東京やその他のディズニーとはちょっと

違う上海ディズニーの5つのポイントは

以下の通りです。

  1. チケット購入は1人5枚まで。
  2. 全て日付指定の限定数販売で当日のみ有効。
  3. 公園入り口ではチケット購入不可。
  4. ピーク時価格を設定。
  5. 身長による価格設定。
  6. 障害者の割引価格設定あり。

これらの設定は中国市場の特長に鑑みた上で

決められたということです。

うん、分かります。

でないと、いろいろ問題が起きそう。

妥当な判断だと思います。

 

上海ディズニーランド:チケット価格表

チケット種類 平日 ピーク時(日曜・祝祭日)
1日チケット 大人(身長140cm以上、65歳未満) 370元(約6,600円) 499元(約8,900円)
シニア(65歳以上) 280元(約5,000円) 375元(約6,700円)
子供(身長1m以上140㎝未満) 280元(約5,000円) 375元(約6,700円)
身体障害者(要証明書) 280元(約5,000円) 375元(約6,700円)
幼児(身長1m未満)

※チケットを持った大人が同伴の場合のみ。

無料 無料
2日チケット 5%off

チケット購入枚数に制限あり!

 

1人5枚までのチケット購入制限。

これは転売を防ぐためではないかと

思われます。

 

日本でもオークションサイトや金券ショッ

プの普及で転売は一般的になってきました。

今年の正月にはスタバの福袋の大量購入が

「転売目的に違いない!」と争議を醸し

ましたね。

 

中国でもコンサートや演劇公演の会場の

チケット売り場では、いわゆるダフ屋が出没

します。

個人で大量に購入できれば転売する輩が出る

のは必至。

5枚という設定は祖父母・両親・子供1人

という一般的な家庭を想定したものと思われ

ます。

1人っ子政策が終了したので、今後子供が

2人いる家庭が増えてくると、ジジババが

留守番になるか、ひょっとしたら改訂される

かもしれませんね。

 

全て指定券で入場者数限定!

 

上海ディズニーではオープンチケットや

当日チケットがありません。

全て指定にすることで1日の入場者数をより

正確に把握管理しようというわけですね。

 

一番には1日の入場者を制限することで

特定の日に入が集中し、アトラクションの

持ち時間が常識を超えたり、そこから来る

クレームなどで混乱が起きたりするのを

防ぐ意味が大きいと思います。

 

1日の入場者数が何人に設定されているかは

公表されていないので、それが妥当かどうか

は分かりませんけどね。

 

舞台興行でも日時指定のほうが飛び込みの客

を拾えなくはなりますが、興行側としては

絶対に管理しやすいです

一定の時期に至っても埋まっていない日には

団体を入れるというような措置もできますし。

また指定券のほうが転売しにくいという効果

もあるでしょう。

 

公園入場ゲートでのチケット販売なし!

 

これは日常的に一定の入場者数が確保できる

という自信から来る設定でしょうか。

 

事前のチケットの売れ行きによっては、当日

券を販売する日があってもいいと思いますが、

チケット売り場を設置すれば当日券を期待

する客を目当てにダフ屋も登場するから?

事前購入のみとすることで正規のルートから

しか購入できないようにすることで、組織的

な転売を防ぐ目的かと思われます。

 

東京ディズニーランドでも、

「混雑状況によっては当日券の販売を

中止する場合もある」

という注意書きもありますが、上海では

当日券はまったく販売されないそうなので、

ご注意ください。

 

ピーク時価格の設定!

 

日曜・祝祭日に観光客が増えるのは日本でも

同じですが、中国は人口の規模が違います

から、混雑の度合いも違います。

この問題は日時指定や1日の入場者制限で

解消されるという気もしますが、あらかじめ

高い価格設定の選択肢を与えて

「高いなら別の日に」という消費者群を

振り落とすことで、「希望の日は取れない」

という不満を少し減らすことができる気はします。

 

身長による価格設定!

 

これはちょっと不可解ですね。

日本ではシニア、大人、中人、子供・幼児

3歳以下と年齢による5つの分類ですが、

上海では、

  • シニア(65歳以上)
  • 大人(身長140㎝以上、65歳未満)
  • 子供(身長1m以上140㎝未満)
  • 幼児(身長1m未満)
  • 障害者(要証明書)

と身長によって大人と子供の区別が

されています。

実際のところ140㎝以上ある3歳児や

140㎝以下の大人は多くはないと思うので、

いいんですけどね、これでも。

でも大人、子供という区別は体が大きいか

小さいかではなく、保護されるべき存在か

どうかかなと思うので、少し不思議な感じが

しました。

体形で判断してもさほど誤差はないという

ことかな。

最近は子供の発育もいいので、

「子供に見えない」「いや小学生だ!」

みたいな揉め事が起こらないように、いっそ

最初から大人と子供のみにして、しかも

身長という明確な基準で判断することにした

のかもしれません。

現状の中国の観光産業では、そういうとこで

揉める例が多いんでしょうな。

 

障害者の割引価格設定!

 

日本と違って障害者の割引価格が設定

されています。

これ自体は歓迎すべきことですよね。

 

ただ東京ディズニーではチケット価格での

割引はないものの障害者には

「ゲストアシスタンスカード」が発行されて、

待ち時間なしでアトラクションを楽しめる

システムになっています。

上海ではその辺のサービスはまだ発表されて

いません。

単に価格上の割引よりも日本の優遇サービスは

価値がある気がするので上海も実質的な

措置があるのかが気になりますね。

 

早めの購入が決めて!

 

そんなこんなで入場券はゲートで買えばいい

と思っている方は買えませんのでご注意を。

しかも、日時指定なので日程が決まっている

なら早めのチケット購入をお勧めします。

 

特に当分はかなり人気だと思いますので、

夏休みに行こうと思っている方は、3月28日

の入場券発売と同時に購入しないと、難しい

かもしれませんよ。

上海ディズニーチケット発売はいつ?金額や予約方法・購入場所は?

ふなばしアンデルセン公園:USJを抜いた魅力とは?口コミも気になる

水木しげる記念館:見どころは何?アクセスや入場料金・グッズは?

「名前のない池」はどこにあるの?美しすぎる岐阜の「モネの池」

 - 中国ニュース, エンタメニュース, おでかけ