チョウ・ツウィの次はビビアン・スー!台独派として中国から攻撃!

      2017/03/14

この記事の所要時間: 644

画像出典:http://www.123meiyan.com

日本でも人気のビビアン・スーが台湾独立派

として中国のネットユーザーの攻撃対象に

なっているようです。

 

先週は、台湾人でありながら中国籍を取った

芸能人ホアン・アン(黄安)によって台湾

独立派のレッテルを張られたTwiceの

チョウ・ツウィ(周子瑜)の謝罪事件が

話題となりました。

昨今、表面上の利益から文化・経済、

さらに昨年は政治の面でも中台の交流が

進んでいますが、根本的な部分が解決して

いないため、交流が深まれば深まるほど

最後の一線の問題での摩擦問題は今後も

増えそうです。

 

スポンサーリンク

台湾独立派を大陸で稼がせるな!

 

昨年7月に男の子を出産したビビアン。

出産後に「仕事への復帰は来年の春から」と

話していた通り、2月末から放送開始予定の

中国湖南衛星テレビの新バラエティ番組

「媽媽是超人」(「ママはスーパーマン」の意味)

のゲストとして出演が決まっていました。

しかし、これが中国人の間で論議の焦点と

なりました。

「台湾独立派が中国大陸で稼ぐのは

けしからん」というのが、その理由です。

 

ビビアンは親日派でもある

 

かつては日本で活躍していたビビアン・スー

1994年に『恋しくて』(原題:笑林小小)で

台湾で人気が出た後、1995年には日本の

バラエティ番組『ウッチャンナンチャンの

ウリナリ!!』の中でウッチャンと天野ひろ

ゆきと共にブラックビスケッツを組んで

Timing』を歌い大ヒット。

1999年からは台湾地震があったこともあり、

活動拠点を再び台湾に戻していました。

 

かつて日本で大いに稼いでいたことだけ

でも、すでに中国人としては因縁をつける

のに十分な要素なわけですよ。

 

親日派の上に台湾独立派と断定!

 

今回、中国のネット民が具体的な攻撃の

根拠としたのは2010年、彼女が東京

国際映画祭に参加した時のこと。

この年から日本での活動を再開し

10月に東京国際映画祭に台湾の

代表団として参加。

この時、中国の代表団が台湾を

「中国台湾」あるいは「中華台湾」と表記

するよう要求し、台湾側はこれを拒否。

主催者を交えて話し合いをしたものの

妥協点は見つけられず、結局双方とも

閉幕式を欠席する事態となりました。

 

この翌日、記者会見に出席したビビアンが

涙を流し、

「グリーンカーペットに立つことを

ずっと夢見ていたので、残念だった。

昨日はみんなで朝までお酒を飲んだ。

私達がどんなに頑張ってもどうにも

ならない」

と発言したことを、中国のネットユーザーは

単にグリーンカーペットに立つ立たないの

問題ではなく、台湾か中国かの問題だと

解釈したんですね。

実際そうだったんだと思いますけど。

 

またウェイボーにビビアンの名前で

「私は中国人ではなく台湾人。

中国大陸で成功しようとは思っていない」

というコメントがアップされたそうですが

これは何者かがビビアンのアカウントを

かたったものだとビビアン側は主張しています。

 

とにかく、この事件は中国ネットユーザーの

反発を買い、大陸での芸能活動排斥を

訴える機運が高まりました。

 

現時点ではビビアンのウェイボー上の

コメントはすべて削除されています。

 

結局降板に追い込まれた

 

今回、ビビアンが湖南衛星テレビに出演する

情報が流れた後、大陸のネットユーザーが

上記のことを蒸し返し、ビビアンを台湾

独立派として攻撃を開始しました。

 

その中では、2010年の復帰会見で、

「日本は私の育ての親のようなもの」

と復帰の喜びを語ったことも親日派として

ネット民の憎悪の対象になっています。

 

ネット上の非難を受けてビビアンは、

「涙は当時家族の健康状態がよくなかった

ことや、仕事のストレスなどから感情的に

なったためで、政治的立場に立ったものでは

ない」

と釈明したものの、結局、「媽媽是超人」の

ゲスト名簿からビビアンの名前は消えて

しまったようです。

 

中国大陸で活動するための踏み絵

 

ここ数年、中国大陸と台湾の交流も盛んで

経済発展の目覚ましい大陸は台湾芸能人に

とって最高の出稼ぎ場所になっています。

しかし、国家間としては依然として矛盾が

存在するゆえに、時には積極的に政治的

姿勢を表明することも求められます。

 

基本的に大陸で活躍する芸能人は自分を

「中国人」と称するはず。

もちろん内心は単に「中華民族」という

意味だとしても、決して「台湾人」とは

言いません。

また基本的に反日姿勢でないと批判を

受けるので、反日の気運が盛り上がった時

だけでなく、くだらない抗日ドラマにも

出演します。

本音でどう思っているかは別として、

反日」と「ひとつの中国」という基本姿勢

は大陸で稼ぐための踏み絵みたいなもの

ですよね。

 

『宮廷女官若曦』の第四皇子で日本でも

大人気を博したニッキー・ウー(呉奇隆)

も、大陸でリバイバルしてからは

抗日ドラマに出演しています。

 

生きていくためだから仕方がない?

 

ホアン・アンほど積極的ではないにしても

中国共産党におもねる姿勢なしには

大陸での成功は望めないってことは、

皆さんよく分かっていて、賢く使い分けて

いるのでしょう。

 

うっかり本音を見せてしまった人が痛い目に

遭うわけです。

しかし結局、「そんなつもりはありません」

とごまかしたり、「悪うございました」

と謝罪をすることになる。

 

自分を偽ってまで体制に追随し、人を

陥れることまでして自分の忠誠を示そうと

する姿勢は、文革時代と同じですね。

これは国民性なのか。

あるいは、そういう社会にあれば誰でも

そうなってしまうのか。

しかし、国籍を変えてまで中国に媚を

売っていたホアン・アンも結局かつては

自分の台湾独立派だったことが露見して

大陸での活動を停止する憂き目に遭って

います。

まったく人を呪わば穴二つ。

本当に文革さながらじゃないですか。

 

日本でも芸能人の謝罪が続いていますが、

ツウィなんかは謝罪によって国内の

独立派の反発も受けるから板挟みで

本当にやり切れないだろうと思います。

smapの謝罪が可愛そうだったという

声も多く、確かにあれはあれで辛かろう

とは思いますが、ツウィの謝罪とは

次元が違いますよね。

 

ツゥイも日本で活動したらいいのにね。

Twiceには日本人メンバーもいますが、

彼女たちもアジアで活躍する際には、今後

必ずこういう問題にぶつかるんだろうなぁ。

 

 - 中国ニュース, 華流