オドレイ・トトゥが可愛い!向井理も大好き『アメリ』ってどんな映画?

      2016/07/06

ameri1
この記事の所要時間: 414

『しゃべくり007』で向井理が

「会いたい人」に指名したことで

オドレイ・トトゥが注目を集めています。

 

オドレイ・トトゥは映画『アメリ』

一世を風靡したフランスの女優さん。

 

無邪気なようでしたたか、

少女のようでコケティッシュな

パリジェンヌならではの魅力は

特に女性にウケがいいんですよね。

 

男性にはあまり評価が

高くないような気がしていました。

向井理もなかなかお目が高い。

スポンサーリンク

オドレイ・トトゥってどんな女優?

 

1976年8月9日生まれ、現在39歳

子供の頃から演技のクラスに通っていました。

 

1996年にデビューし1999年公開の

エステサロン/ヴィーナス・ビューティ

はフランス国内で大ヒット。

 

1999年:セザール賞有望新人賞

2000年:シュザンヌ・ビアンケッティ賞

などを受賞していますが、日本を始め

世界的に有名になったのは、やはり

『アメリ』の大ヒットからでしょう。

 

その後も『ロング・エンゲージメント』

『ダ・ヴィンチ・コード』

『ココ・アヴァン・シャネル』などに出演し

高い評価を得ています。

 

好きな作家はヴィクトル・ユーゴー、

オスカー・ワイルド、ポール・オースター、

ティモシイ・ザーンや、

詩人のシャルル・ボードレール、

トリスタン・ツァラなど。

オスカー・ワイルドやボードレールが好き

だなんていうところに彼女のセンスの秘密を感じます。

 

オドレイ・トトゥの魅力を世に知らしめた『アメリ』

 

世界中に彼女のファンを増やしたのは

何と言っても映画『アメリ』

この映画で彼女のファンになった人は

多いし、彼女のファンでこの映画の

ファンでないという人は少ないはず。

そんな『アメリ』ってどんな映画なんでしょう?

 

『アメリ』

(原題: Le Fabuleux Destin d’Amélie Poulain)

 

両親の愛情を十分に感じられずに育った

アメリはコミュニケーション不全の女の子。

ameri3

22歳で実家を出てカフェで働きながら

アパルトマンで1人暮らしを始める。

あまり人と関わることなく

空想と一人遊びの中で暮らすアメリ。

 

ひょんなことから自分のバスルームで

子供の宝物を発見したアメリは

探偵気分で以前の住人を探し当て

無事に宝物をすでに成長した持ち主に返す。

 

持ち主がこれをとても喜んだことで

アメリは人を幸せにすることに喜びを見出す。

 

それからは結構危ない手段も使いながら

周囲の人々を幸せにしていくが

彼女自身が周りに関心を持たれることはなかった。

ameri2

 

だが、彼女に初めて気になる男性が現れた。

他人の証明写真を集めるのが趣味の男・ニノだ。

だがコミュニケーション不全の彼女は

どうしていいか分からない。

 

自分なりに彼に近づこうと試みるが

ストレートに表現することができない彼女は

やり方が突飛すぎて、かえってチャンスを逃してしまう。

 

しかし、同じアパルトマンに住む絵描きや

空想の中の愛すべきもの達に背中を押され、

最後にはニノを部屋に迎え入れる決心をする。

 

とまあ、単純なお話なのですが

ビビッドな色遣いの映像の美しさや

おとぎ話のようで毒を含んだ独特とエスプリ

オードレイのキュートさとあいまって

長く愛される名作となりました。

こちらのトレーラーで濃厚なパリのセンスを

感じてみてください。

いわゆる不思議ちゃんで現実にいたら

ヤバい人なんですが、そこは映画マジックで

愛や冒険の求めながらも勇気が出せない

女の子の化身としてクセになる魅力を放っています。

 

この映像センスに女の子はやられますよね。

この映画を見てショートボブにした人

緑のトップスを買った女性は多いはず。

それにクリーム・ブリュレを食べる時は

表面をスプーンで割って、しばしアメリの

気分に浸った人も多いでしょうね。

秋のビデオ鑑賞の候補作品として

いかがでしょうか?

 

 - エンタメニュース