『真田丸』平岳大演じる勝頼の悲哀が際立つ!文句なく面白い!

      2016/03/20

この記事の所要時間: 647

皆さま、『真田丸』ご覧になりました?

そして、いかがでした?

個人的にはとっても面白かったです。

今後に期待できる、いい出航でしたね。

 

「役者勢があれだけそろっているから、

面白くないはずはない」

と思っていても、大ハズレすることも

あるのがドラマや芝居の世界。

 

しかし、今回に関しては役者それぞれの

活躍が期待できそうな滑り出しでした。

ドラマも舞台も幕開けがつまらない芝居は

だいたい最後までダメなんですよ。

そういう意味では躍動感を感じさせて

くれた第一話は次の回への食指を

大いに動かしてくれました。

さっそく感想など言いたい放題。

 

スポンサーリンク

役者がそろってる

 

今回の俳優陣の豪華さはキャスティングを

見た時から分かっていましたが、何度も

いうけど、いい俳優がそろってるから

いい芝居になるとは限りません。

 

でも、今回はいいですね。

面白い俳優をそろえただけじゃなくて

さすが三谷幸喜の御用俳優をそろえた

だけあって、全体のバランスやトーンが

いいと思います。

 

真田兄弟が可愛い!

ドラマの基調を作っていると思われる

真田兄弟・信行(大泉洋)と信繫(堺雅人)

がいいですね。

変に時代物を意識しないナチュラルな

芝居にリアリティがあります。

この辺は、まあ想像どおりですね。

 

兄弟それぞれの個性もすでによく表れていて

今後お兄ちゃんは複雑な思いをしていく

んだろうなぁ、と思わせられますね。

ただ、この堺雅人お得意の笑顔は個人的に

ちょっと苦手。

15歳という設定なので若く役作りしている

というのもあるんでしょうが、あまり

カワイコぶらないほうがうれしいです。

顔芸が過ぎるのはいただけない。

 

真田正幸(草刈正雄)が想像以上にいい!

昔はこんなにハンサム君だった!

真田兄弟のお父ちゃんである超したたかな

策略家、真田安房守正幸を演じる

草刈正雄が思った以上にハマっています。

 

もともと顔で売れた俳優さんで、特に芝居が

達者だという印象がなかったんですが、

情勢を読むのが早い策者の雰囲気が出ていて

面白い人物になりそうですね。

時代物でもやたらに様式ばった風にしない

三谷ドラマだからこそかもしれません。

 

武田勝頼(平岳大)の悲哀が際立つ!

いきなり初回で裏切りまくられて

すでに命運尽きた感のある武田勝頼。

木曽義仲ら家臣に次々と裏切られ、

自らの城を追われて家臣の小山田信茂の

城に落ち延びていく。

その途中も列の後ろの方から、少しずつ

脱落していく兵士たち。

この関を越えれば岩殿城という所まで

やっとやってくると、信茂は手のひらを

返して門前払いを食わせる……。

しかし、口汚くののしるでもなく

静かに去っていく勝頼。

 

木曽義昌が裏切ったのも、武田の勢いが

傾いているからばかりでなく、信玄から

勝頼に代替わりしてから重い税や賦役を

課せられていることに不満を持っていた

ようなので私の中では、

「信玄ほどの英雄じゃなかったのね。

人望がなかったんだな、自業自得か」

とか思っていたんですが、今日のドラマを

見たらあなた!

「神様、なぜ彼にこんな苦しい運命を!」

と訴えたいような美しい悲劇になって

いました。

 

これも平岳大のキャラだからだわ。

彼のシャイな笑顔には、ただのはにかみ

ではなく、どこか寂しさがあるのよね。

勝頼さま、たちまちおさらばなんて

寂しすぎますう。

 

女性陣も安心の演技

 

公家の出でプライドが高いお母さんの薫

(高畑淳子)も期待通りです。

その母親には頭が上がらない兄弟たちとの

対比も、またコミカルな味を出しています。

戦乱の世のドラマだけれど、どこかに

かろみがあるのが三谷ドラマの魅力。

 

草笛美津子演じる祖母のとりも、

おおらかな人柄を感じさせて余裕の演技。

この辺のキャスティングは間違いようが

ないですよね。

 

分かる人だけ分かる小ネタも満載!

知らない人は、見過ごしてしまうような

こだわり歴史小ネタもあり!

私は「なるほど、そうなのかー」と

思いましたが、歴女歴男の皆さんは

「そうそう、これこれ!」とかなり

ツボにハマるんじゃないでしょうか。

 

そういう、誰もが100%分かるような作り

じゃなく、

「分かる人だけわかってくれればいい」

という部分があるドラマや舞台は奥行きが

出てくるんですよね、自然と。

全部それじゃ、自己満足だけどさ。

 

こういう知る人ぞ知るような

エピソードを入れることでよりリアルな

人物像が出来上がるってもんです。

 

ドラマのトーンもいい!

 

戦乱の世ながら、そこには生きた

人々の生活があると感じさせて

くれる生き生きした演出がいいですね。

 

そして、家族の場面のどこか微笑ましい

味わいもあれば、劇的なシーンもある。

そういう感情を揺さぶる場面では

バイオリンの演奏でより悲劇性を彩る

ことも忘れない。

全体にべったりせずに、緩急があって

一気に見せる勢いがあるドラマに

仕上がっています。

 

映像も美しいです。

池に空の雲が映る道行の場面は

明るい中に哀しさも感じられますね

いやいや、これはいいぞ

近年、大河ドラマなんてずっと見て

来なかったんですが、今年はこれを

見ること確定であります。

 

ただ、ナレーションがちょっと固すぎかな。

滑舌をよくしようと口を一生懸命パクパク

している感じがするのがちょっと残念。

加賀美幸子さんのゆったりした語りが

よかったなあ。

 

ま、そうはいっても来週が楽しみ!

見逃した方は土曜に忘れずにね!

そして来週は号泣必至ですから、タオルをお忘れなく!

平幹二郎のプロフィール:妻や息子・出演作は?映画や舞台公演も

平岳大:両親は平幹二朗と佐久間良子!既婚?演技派イケメンは猫好き独身!

『真田丸』平岳大の勝頼登場は第2話まで!号泣必至の最期の見どころは?

 - 『真田丸』, エンタメニュース