ゲスの極み川谷絵音不倫?line会話や写真はどこから漏れた?画像あり!

      2016/11/18

ベッキー謝罪会見
この記事の所要時間: 50

正月早々いくつかの熱愛報道があって、その中に

ベッキーと「ゲスの極み乙女」の川谷絵音という

カップルがありました。

 

意表をつく組み合わせだったので、ガセかと

思っていましたが、7日発売の「週刊文春」に

証拠とも言える画像が掲載されたために

ベッキーが謝罪会見をするという事態に

なっています。

川谷絵音はファックスで謝罪し、双方ともに

「親しい友人」としての交際だったという

姿勢を貫いていますが、この状況でそれが

認められるかはちょっと難しいところ。

状況を見てみましょう。

スポンサーリンク

川谷絵音(かわたにえのん)

 

  • 本名 川谷健太(かわたに・けんた)
  • 生年月日 1988年12月3日
  • 出身地 長崎県
  • 身長 177cm
  • 学歴 東京農工大学工学部応用分子化学科卒、大学院中退
  • 職業 ミュージシャン(ゲスの極み乙女。・ボーカル)

 

ベッキーと川谷絵音が出会ったのは昨年10月。

川谷絵音は昨年夏に、すでに結婚していたが

公にはしていなかった。

そのため、知り合った時点でベッキーは彼が

妻帯者だとは知らず、11月に彼の口から

既婚者であるという事実を聞かされた。

 

しかし交際は続き、クリスマスイブを一緒に

過ごし、正月には長崎にある川谷の実家に

ベッキーを呼んでいる。

「週刊文春」ではこの際に川谷がベッキーを

両親に紹介したと報じています。

 

川谷の謝罪

このような形でご報告することは、いつも

応援していただいているファンの皆様に

対して、申し訳ない気持ちでいっぱいですが、

私、川谷絵音は、昨年の夏に一般女性の方と

入籍しておりました。

ベッキーさんとは、親しい友人として

お付き合いさせていただいておりましたが、

既婚の身でありながら、私の軽率な行動に

よって、このように世間を騒がせる事態と

なりましたこと、深く反省いたしております。

 

「親しい友人としてお付き合い」という言葉は

友人関係であると主張するようにも思われ

ますが、その後に「既婚のみでありながら

軽率だった」という謝罪が続くとやはり

親しいの意味はそういうことかという気が

します。

 

ベッキーの謝罪会見要旨

 

川谷絵音の音楽のファンでライブにも行って

いた。

打ち上げなどで話したりする中で連絡を取り

合うようになった。

2人で食事をしたことや長崎の実家に行った

のは事実。

でも、お付き合いではなく友人関係。

 

 

6月の時点でこのようなツイートもあり

彼女がゲス乙女のファンなのは確かです。

 

「週刊文春の画像」

 

川谷絵音の友人によると川谷絵音は結婚して

間もないものの結婚生活はうまくいっておらず

離婚調停中とのこと。

lineの会話の中にある卒論というのは

離婚届の隠語として使われているようですね。

 

なんか、安手のドラマに出て来そうな陳腐な

会話ではあります。

 

証拠のline会話や写真はどこから漏れたか?

 

Line の会話はパスワードなどを設定できず

端末を手にした人なら誰でも過去の会話まで

確認することができてしまいます。

 

状況から考えて、そうする機会や動機が一番

あるのは川谷絵音の妻かと思われます。

川谷絵音の今後の離婚調停は泥沼になりそう

ですね。

ベッキーも、もう少しおとなしくしていれば

よかったのに……。

家に呼んだりする川谷絵音もどうかと

思いますので、どっちもどっちですが、

若気の至りってやつか……。

 

恋愛にミソがついたのはもちろん、仕事上の

イメージも大幅にダウンする結果になって

しまったのは残念ですね。

これまでポジティブで優等生な清純派の

イメージで売ってきたベッキーですが、

逆に優等生すぎるところが反感を買ったのか

常にネットの上では「ベッキーの闇」など

という中傷の声が聞かれました。

自らそれを裏付けるような結果になって

しまったのはちょっとかわいそう。

 

10月に知り合って正月には実家というのは

かなりの急展開。

川谷も離婚調停中だからこそ、現実逃避で

余計に火がついたということもあるのかも

しれません。

まあ、当分はいばらの道かもしれないけど

世間はすぐに忘れますよ。

ベッキー降板発表?「にじいろジーン」生出演で視聴率急上昇必至!

ベッキーすでにケジメの決別!笑顔で生出演の理由はもう会わない覚悟!

川谷妻「ベッキー前に別の女も!絶縁宣言は卒論提出までの仮面」?

 

 - エンタメニュース