近藤麻理恵:片づけの極意はトキメキ?「リバウンドしない」は本当?

      2016/05/06

この記事の所要時間: 642

大掃除は終わりましたか?

スギサクはまだです。

というか、たぶんしないと思います。

しないんじゃないかな。

ま、ちょっと覚悟はしておけ。

ってな感じです。

 

でも最近話題になってる「こんまり」こと

近藤麻理恵の片づけ術、気になってます。

 

気になっているものの、挫折感を味わいたく

ないために、まだ手を出しちゃいません。

近年、流行しているミニマリズムで

なーんにもないモデルルームみたいな部屋に

憧れたりもするんですけどね。

 

とりあえず海外でも話題になっている

こんまり流片づけ術」がなんぼのもんか、

お部屋も片づき人生もときめくという魔法の

片づけ術とやらをちょっとだけ把握して

みようかなっと。

 

スポンサーリンク

片づけコンサルタント近藤麻理恵とは?

 

今や日本だけでなく世界に名を知られた

片付けのプロフェッショナル近藤麻理恵

 

子供のころから主婦向けの『ESSE』や

『オレンジページ』などの雑誌を愛読。

片づけや収納に興味を持ち、中学時代から

片づけの研究を始めたそうです。

その成果を生かして東京女子大学在学中に

片づけコンサルタントとしての活動を開始。

 

その著書は世界39か国で翻訳出版され

アメリカでも爆発的大ヒットを記録。

 

今では、なんと『TIMES』が発表した

2015年「世界で最も影響ある100人

に選ばれちゃったほど世界的な影響力を

持つ人物であります。

 

片づけを意味する言葉として「kondoing

konmaring」などという新語まで

生まれてるんだそうですよ。

日めくり こんまりのときめく毎日 ([実用品]) 日めくり こんまりのときめく毎日 ([実用品])イラストでときめく片づけの魔法

など著書もたくさん。

年齢は30歳、一時の母という近藤麻理恵。

一見は少女のように可愛らしいんですが、

話すことはしっかりしています。

 

極意その1:収納は物を捨ててから

youfuku

片づけの大前提は、物を捨ててから

というか役目を終えたものは感謝して

手放すという考えだそうです。

まったくもってその通り。

キャパを上回る物たちを片づけようとしても

入る場所がないってもんですよね。

 

本当に必要な物だけになれば収納場所も

少なくて済むし、収納を考えるのも楽です。

物を減らしてから取りかかるべし!

 

極意その2:ときめく物だけを残す!

 

「いつか使うかも……」「高かったのよ」

「一度も着てないからもったいない」

どれもこれも物を捨てられない人の口に

上る言葉です。

 

こういう視点では永遠に物は捨てられない。

こんまり流魔法の片づけ術の捨てずに残す

物の基準は「トキメク」かどうか。

 

使うかもしれない可能性などではなく

持っていることでうれしい、楽しい。

そういう物だけを残すのがルール。

物を手にした瞬間にトキメクかどうかで

考えるのではなく感性で判断していきます。

実際に手の上に乗せたり、持ったりして、

キュンとするかどうかが決め手。

 

極意その3:一気に片づける

 

「毎日少しずつ」と発想もあるでしょうが

一気に片づけないと所有物の全体像を把握

しにくいですよね。

そうするとどこに何を収納するかという

イメージもつかみにくいです。

こんまり流では、ちょこちょこではなく

一気にさっさと片づける、短期決戦

決め手です。

 

片づけって自分をそういうテンションに

持っていくことも大事なんですよね。

なかなか捨てられないスギサクですが、

捨て始めると勢いがついてどんどん捨てて

しまった経験もあります。

 

一気にやることで執着を断つ姿勢に弾みが

つくという効果もあるでしょう。

 

極意その4:場所ではなく物ごとに片づける

 books

極意3とも関連しますが、

「今日は寝室、明日は居間」あるいは

「今日は押し入れ、明日は机の引き出し」

というような場所ごとの片づけでは

すべての物の把握と管理は難しい。

そこで、家中の洋服すべてを集める。

家中の本をすべて集めるという具合に

物ごとに取捨選択を進めます。

 

1カ所に集めることで自分が持っている

同じカテゴリの物の全体像を把握することが

できるからです。

「これがあるから、こっちは捨てよう」

というような判断もできますよね。

 

極意その5片づける順番を守る

 

やみくもに片づけを始めるのではなく

片づけるべき以下の順番を守ること。

  1. 書類
  2. 小物類
  3. 思い出の品

この順序で片づけるとトキメク感覚が

研ぎ澄まされるんだそうです。

場所を取りがちな物の順序とも言えますよね。

  

極意その6:いつかは来ない

 

こんまり流の極意の極意は

「トキメクかどうか」にあるといっても

いいと思います。

捨てることへの罪悪感や未練で使う確率の

低い物を所有していても、しょせんは

お荷物でしかないというわけですね。

 

では、ときめかないけど必要な物は

どうするか?

これは、とっておいていいそうです。

本当に必要な物なら捨てる必要はない。

精神的にも物理的にも必要ではない物を

処分するということですね。

 

いつか使うかも」という判断でとって

おきたくなるものは捨てるのが基本です。

「いつか」のための服や本はいったん

手放して、将来必要になったらその時に

改めて手に入れる。

と覚悟を決めましょう。

 

片づけをすることで物との間合いを身に着ける?

 

こんまり流の片づけ術は一度片づけたら

リバウンドしないといわれていますが、

それは「トキメキ」と「本当に必要かどうか」

を基準にした取捨選択を経験することで、

今後新たに手に入れる物に対する姿勢を

習得することにつながるからかもしれません。

 

「トキメキ」という女子が喜びそうな甘めの、

ちょっとスピリチュアル的解釈もできそうな

言葉を使っていますが、結局は、自分にとって

本当に必要かどうかを厳しく判断する。

自分の所有するものを1つの基準を持って

厳しく管理するということですよね。

 

「断捨離」ほど徹底的ではなく個人の感性を

大事にしてはいますが、自分の中にある基準を

持つということでは同じだなと思いました。

スギサクも思い切って、こんまり流片づけ術で

心機一転してみようかな。

……来年早々にでも。

古川周賢のお寺の場所は?プロフィールや禅講座の費用や内容も!

今治タオル:偽物と本物の見分け方!吸水性の証5秒ルールとは?

アイボが修理できる「ア・ファン」!要望重視のシステムや修理費用は?

 - 生活のハウツー, なるほど