公認サンタクロースって何?受験資格や試験内容!日本人サンタも可能?

      2016/02/13

この記事の所要時間: 724

もうすぐクリスマスですね。

ご家庭で子供のためにサンタクロースに

扮するお父さんも多いと思いますが、

公認サンタクロースという存在がいる

事を知りました。

言ってみればお墨付きの本物のサンタ

クロースってことです。

 

公認というからには認める組織があって

認定されるには試験や条件があるはず。

もともとクリスマス自体が海外の習慣で

当然、サンタさんは外国人。

日本人でも公認サンタクロースになることは

できるんでしょうか。

ちょっくら調べてみました。

 

スポンサーリンク

公認サンタクロースの認定組織は?

 

公認サンタクロースを認定している組織は

グリーンランド国際サンタクロース協会。

サンタのふるさと北欧のデンマーク、

スウェーデン、ノルウェーを中核に

ドイツ・スイス・オランダ・カナダ

アメリカ・フランス・イタリア

エルサルバドル・スペイン・日本などに

支部があります。

 

協会が認める公認サンタクロースは世界で

約180人。

思ったよりたくさんいますね。

 

公認サンタクロースになるには?

 

子供にプレゼントだけでなく夢も届ける

サンタクロース。

存在しないと知っている大人にとっても

愛すべき存在であるのは変わりありません。

そんなサンタになれるとならなってみたい

と思う人は多いんではないでしょうか。

 

自宅でお子さんのために扮装するサンタから

誰でもなれますが、公認サンタへの道は

けっこう厳しいようです。

前提となる条件があり、書類選考を経た上で

面接も通過しなければなりません。

その実際をご紹介しましょう。

 

公認サンタクロース受験の条件

 

公認サンタを受験するには4つの条件を

クリアしていることが望ましいと

されています。

「望ましい」ということですが、条件が

そろわない場合には、特に他のウリがないと

書類選考を通過するのは難しいかもしれません。

その条件とは、

  1. 結婚していること
  2. 子供がいること
  3. サンタクロースとしての活動経験があること
  4. サンタクロースにふさわしい体形であること
    (衣装や荷物を含めて110㎏以上)

いかがでしょう。

けっこう難しいでしょ?

奇抜なものではありませんが、誰でも可能

というわけでもありません。

4つ目は荷物も含めてなので荷物を多く

持てば、クリアできない条件ではないと

思いますが、やっぱりサンタらしい恰幅の

よさが求められているんだと思います。

 

公認サンタクロース試験

 

書類審査を通過すると、受験部や諸注意が

書かれた案内が家に届きます。

試験会場はデンマーク、コペンハーゲンの

バッケン遊園地。

 

試験は家を出る瞬間から始まるそうで

自宅からすでにサンタクロースの正装で

試験会場に向かわなくてはなりません。

コスプレが恥ずかしいのはもちろんですが

試験が行われるのは毎年7月、世界サンタ

クロース会議の会場で行われます。

真夏にサンタの衣装で移動はかなり

厳しいです。

 

そしてコペンハーゲン空港で入国する際には

自国の旗を振ってにこやかにサンタクロース

として入国しなければなりません。

 

公認サンタクロース実技試験

tree

さて書類審査を通過して開場に到着したら

いよいよ実技試験です。

結構きついっすよ。

サンタクロースの扮装で50m全力疾走の後

はしごで煙突に上って煙突に入る。

煙突の中を暖炉へ下り、モミの木の下に

プレゼントを置く。

暖炉の上のクッキー6枚と牛乳568mlを

完食して、再び暖炉から煙突に入り

上から脱出。

はしごで煙突を降りたらまた50メートル

全力疾走。

 

なんと、2分以内にゴールしなければ

ならないそうです。

さらに2分以内に完走できたとしても上位

2人しか、面接に進むことはできません。

 

「SASUKE」ばりの体力が必要ですね。

あの扮装で荷物持ってですよ。

 

こうなるとヒゲがあるとか、恰幅がいいとか

サンタらしい外見だけでは合格できない

ことが、よく分かりますね。

 

公認サンタクロース面接試験

 

実技試験を通過すると長老サンタの前で

面接試験が行われます。

英語かデンマーク語での自己紹介が

求められるそうです。

語学の能力もないとダメってこと!

求められるのは、まさに文武両道な人材?

 

身だしなみ審査

 

面接のあとは身だしなみ審査。

出身地の伝統や風習に基づいた自作の

衣装が求められるとのこと。

どういう基準があるかは分かりませんが

「自作」と指定されているからにはハンズの

コスプレ衣装などではダメなんでしょうね。

 

宣誓文の読み上げ

 

ここまでを無事に通過したら、世界会議に

出席しているすべての公認サンタクロースの

前で宣誓文を読み上げます。

しかし、ここでも自分の抱負や真剣さを

アピールすればいいような簡単なものでは

ありません。

 

誓いの言葉は古文で書かれているそうですが、

サンタはそれをすべて「HO HO HO」で

読み上げなくてはならないそうです。

しかも、公認サンタが全員納得するまで。

演劇レッスンとかでこういうのありますね。

オノマトペだけで会話したりするやつ…。

北島マヤでもないと難しいかも。

 

ここまで通過すると、長老サンタが

公認サンタの意見を聞き、全会一致となれば

公認サンタとして認められるんだそうです。

 

体力は確実に必要ですが、そのほかに衣装や

宣誓文などではユーモアやセンスも求められ

そうであります。

冗談のような組織かと思いましたが、公務員

試験以上に難しいかもしれませんね。

 

公認サンタクロースは何をするの?

 

クリスマスは家族と一緒にクリスマスを

すごせない子供の元にプレゼントを届けます。

またクリスマスの意味やサンタの存在など

の正しい理解を広めるための活動もしている

ようです。

 

毎年7月に開催される世界サンタクロース

会議に出席するのも大切な仕事。

会議ではよい子と悪い子との見分け方や

子供にふさわしいプレゼントなど、

サンタの活動にまつわる問題が相談される

そうです。

 

日本人でも公認サンタクロースになれるの?

 

日本には現在、アジア太平洋地域で唯一の

公認サンタクロース、パラダイス山元さん

がいます。

 

パラダイス山元さんは1998年、35歳の時

アジアで初めて公認サンタとして認められ、

現在もサンタとして活動していらっしゃいます。

公認サンタのもう一つの顔はラテンミュージシャン。

 

山元さんのサイトではクリスマスの正しい

過ごし方やサンタに関する知識、サンタさんに

お願いすることもできますよ。

パラダイス山元のサンタクロースライフ

 

しかし、現在はアジア地域で公認サンタ

クロースは公募していないんだそうです。

これは残念ですね。

 

でも公認サンタクロース自体が世界に

夢を与えるための事業なわけですから

公認非公認を問わず、サンタとして活動

するのはアリだと思います。

公認でなくても子供の幸せ、世界の平和を

願う人なら誰でもサンタクロースの資格が

あるといってもいいんじゃないでしょうか。

誰もが自分の体力と身の丈に合う範囲で、

サンタらしい活動をできたらいいですね。

 

 - 国際ニュース, 面白い!