花柳貴彦(青山貴彦):プロフィール!プリンスは四代目花柳壽輔?

      2016/05/25

この記事の所要時間: 415

画像出典:http://hanayagi-takahiko.net

花柳流お家騒動報道の中で「若きプリンス

花柳貴彦氏の存在を知りました。

花柳流四代目は誰が継ぐ?お家騒動これまでの流れ!裁判の結果は?

日本舞踊の最大流派である花柳流で お家騒動が泥沼化して、ついに裁判沙汰に まで発展しています。   …

sugisaku39.com

内情に関しては我々にはまったく分からない

ので何とも言えないのですが、花柳貴彦氏の

取材での対応や実際に待っている姿を見ると

不当な言い分を押し通そうとする人間には

見えないんですよね。

 

まあプリンス然とした容貌のせいもあるかも

しれませんが、人の本性は芸や会話の中に

表れてしまうじゃないですか。

 

少なくとも私の目には理不尽な状況の中でも

感情的にならず冷静に正当性を訴えている

姿勢にウソはないように感じられます。

 

どんな人なのか興味がわいて

ちょっと調べてみました。

 

スポンサーリンク

花柳貴彦(青山貴彦):プロフィール

 

本名:青山貴彦

生年月日:1975年9月18日

出身地:東京都

血液型:A型

長所:楽天的

短所:批判的

座右の銘:良いことはおかげさま、悪いことは自分のせい

好きな食べ物:白いご飯

好きな場所:洗足池公園

好きな休日の過ごし方:家族と一緒に過ごす

好きな言葉:バランス感覚、思いやり

 

1975年:
青山良彦(花柳嶽) 氏の子、人間国宝 花柳壽楽
の孫、三代目花柳壽輔の従甥として生まれる。

1991年:
花柳貴彦の名を許される。

1994年:
早稲田大学理工学部入学と共に日本舞踊を離れ学業に専念。

2000年:
早稲田大学大学院卒業後、清水建設に入社。

2003年:
三代目花柳壽輔の要請を受け、
退社して日本舞踊家として再スタート。
三代目の下で家元としての修業を積む。

2005年:
花柳流専門部合格、師範となる。

2014年:
四代目花柳流家元として活動する
花柳寛氏から除名を通知される。

 

花柳貴彦氏のご家族は?

 

女性の皆様残念でした。

すでに奥様がいらっしゃるようです。

そして、お子様も女の子1人に男の子が2人。

 

好きな休日の過ごし方として家族と一緒に

過ごすことを挙げている貴彦氏ですから

家族思いのお父さんなんでしょうね。

 

容貌だけでなく人品がプリンス 

 

テレビを見るとプリンスとか王子さまとか

貴公子とか呼ばれる人はたくさんいるものの

一般には単に顔がいい、行儀よさそうに

振る舞っている、そういうキャッチで

売り込んでいるというケースが大半で

本当に人間的な品位を感じさせる人は

少ないように思います。

 

庶民より、お育ちがいいと思われる歌舞伎の

家のお坊ちゃまで、いいスーツを着て

お行儀よく振る舞っていても、本質的な

品の悪さが見えてしまう役者さんもいます。

 

でも取材に対して、感情的になることなく

冷静に自分の言い分を説明している花柳貴彦

氏を見ると人格の高さが感じられました。

 

四代目花柳流家元はどっち?

 

ご自身のホームページ

花柳流に思いを込めて

を拝見すると、やはり感情的になることなく

しかし理不尽を正すべく経緯が分かりやすく

まとめられています。

 

一方花柳流の公式サイトを見ますと

「元・名取」という呼び方で貴彦氏の不当を

批難しているものの、「あっちが悪い」と

主張するばかりで、自身の正当性を明確に

示す努力が見られません。

元名取という書き方も嫌な感じですね。

 

事の仔細は分かりませんが報道されている

状況を見る分では一方的に襲名を宣言し

貴彦氏を除名したこと。

その後の質問にも応じないなどの姿勢は

流派を不当に私物化する行為と言われても

仕方がないように思えます。

 

個人的には完全に花柳貴彦氏に軍配が上がる

気がしますね。

四代目家元となるにふさわしい人品を

備えているのはどちらかという面も含めて。

陰ながら応援しつつ成り行きを見守りたいと

思います。

【関連記事】花柳貴彦氏が名取裁判に勝訴!6月の五代目寿輔襲名はどうなる?

 - エンタメニュース, このイケメンを見よ!