モランボン楽団公演中止はなぜ?理由は元愛人か金正日の哀悼か?

      2016/05/14

この記事の所要時間: 532

画像出典:http://www.iask.ca

12日から5日間、北京で開催予定だった

モランボン(牡丹峰)楽団の公演が当日に

なって突然中止になりました。

しかも、中止になっただけでなく即刻

帰国してしまったそうです。

あんなに盛り上がってたのに。

いったい理由は何なのでしょう。

初期の報道では

「モランボン楽団は飛行機ですでに空港に、

一緒に公演予定だった朝鮮功勳国家合唱

団はまだ北京にいるので、何らかの交渉次第

公演を行う可能性もあるかも……」

と報じられていましたが、結局彼らも

鉄道で北京を後にしたようです。

 

日本ではまったく動向が分かりませんが

韓国メディアは理由を推測しています。

スギサクもちょっくら考えてみました。

 

スポンサーリンク

大歓迎のムードから一転!

 

新華社通信は公演中止の理由を

「実務レベルでの意思疎通がうまく

いかなかったため」

と報じています。

実務レベルって何さ?

担当部門同士で協議が足りなかったってこと?

今回は緊密な打ち合わせの後、周到にお膳立て

された公演だと報じられていたのに?

直前まで絶好調な雰囲気で進んでいた

だけに、今さら感があります。

 

本来公演は12日から14日の3日間の予定

だったものが「ぜひ観賞したい」とチケット

を求める声が殺到したために、直前になって

公演期間を5日間に伸ばせないかと中国が

打診し、北朝鮮も快諾したと報じられてい

ました。

 

また習近平中国国家主席夫人で解放軍歌舞団

の歌手だった彭麗媛氏が公演を鑑賞する

可能性もあるという話もありました。

 

この公演自体かなり大きく報道されていて、

国を挙げて大歓迎というムードが演出

されていたように思います。

 

韓国メディアが推測したドタキャンの理由

 

韓国メディアは公演中止の理由として以下の

3つを挙げています。

  1. 金正恩(キム・ジョンウン)第一書記の
    元愛人とされる玄松月(ヒョン・ソン
    ウォル)さんの外国報道が相次いだ。
  2. 中国指導部が観覧しない。
  3. 北朝鮮が故金正日(キム・ジョンイル)
    総書記の命日を前に12日から哀悼期
    間に入った。

 

1.愛人報道に不快感?

1.の可能性もないとは言えません。

楽団団長の玄松月さんは

中国でも各社が金正日の元愛人として注目

していました。

元愛人ということ自体がスキャンダルですが

公開処刑の噂まで流れたセンセーショナルな

事件だったので無理もないと思います。

 

元愛人の話が出れば、夫人であるイ・ソルジュ

(李雪主)氏の話題も出る。

好ましい状況ではないでしょう。

 

しかし、彼女が団長として訪中すれば

そういう状況になるのは容易に想像できる

事態です。

だから、今さらそうなったからといって

急きょ帰国させるとはちょっと考えられません。

なので、この可能性は高くはないかな…と。

 

指導部が観覧しないことにおかんむり?

 

この可能性は高いと思います。

国家幹部のみを招待する公演ということで

官僚たちが観賞することは確かですが

どの程度の重要人物が観賞するかで、北朝鮮

に対する礼の尽くし方が量られる可能性は

高いでしょう。

 

彭麗媛氏が鑑賞する可能性は報道されて

いましたが、あくまで可能性で決定事項では

なかったようですし、習近平主席に関しては

「観賞はあり得ない」と関係者が発言していた

ようですので、北朝鮮がこれを自国に対する

軽視と見る可能性はあります。

 

また、先日のキム・ジョンウンの水爆保有

発言に反発して中国側が常務委員の公演観賞を

取りやめたことで北朝鮮側が態度を硬化させ

たという説もあります。

 

常務委員の公演出席取り消しが本当なら

この可能性は一番高いですよね。

しかし、水爆発言でそこまで反応するかな

という気はします。

 

オヤジの命日説はない?

 

金正日の命日説は事前に分かっていること

ですので、急に公演を中止する理由には

ならないとスギサクは思います。

ちなみに命日は12月17日です。

 

日本でも金正恩の水爆保有発言を受けて米国

の懐疑的な報道などが報じられていましたが、

中国でも米国や韓国の報道を引いて、

「水爆は本当にあるのか?(いや、ない)」

というニュアンスの報道が盛んでした。

なので北朝鮮にとっては数少ない、一応

お友達の名目を持つ中国に対して、

「お前、ダチちゃうんかっ!」

とヘソを曲げたのかな、なんて思ったりも

しましたが、可能性で言えば②が一番

あり得るのかなぁ。

 

もちろん、もっと計り知れない理由がある

可能性も大ですけどね。

今後の報道が楽しみです。

 

追記:

 

新たな情報です。

韓国の北朝鮮専門家、鄭成長氏が消息筋から

得た情報として、

故金正日総書記の4周忌を前に北朝鮮が

12日からを哀悼期間として設定し、

歌や踊りを禁止したため、中止を余儀なくされた

という報道がありました。

公演中止は北朝鮮側の都合であるため

池在竜駐中国大使が中国側に謝罪したと

報じられています。

しかし、国家的な親善公演として報じられて

いることなのに担当者の不注意で当日を

迎えることなんてあるでしょうか。

それに、この理由なら中国側も理由をはっきり

報道できるような気もするのですが……。

うーん。社会主義国は奥が深いわい。

モランボン楽団: 北朝鮮の少女時代メンバー!公開処刑のウワサとは?

 - 北朝鮮ニュース, 中国ニュース, 国際ニュース