白井健三:シライ3認定はいつ?伸身リ・ジョンソンはどんな技?

      2016/02/13

この記事の所要時間: 422

床運動の白井健三選手が技の難しさで

最高クラスのH難度に相当する新技

伸身リ・ジョンソン」をトヨタ国際で

成功させました。

 

なんでも、今回成功したことでこの技に

「シライ3」と白井選手の名前がつくそう

なんです。

「3」ということは「シライ1」

「シライ2」があるということ?

そもそも「伸身リ・ジョンソン」って?

白井選手や技について、ちょっと調べてみました。

 

スポンサーリンク

白井健三選手とは?

 

生年月日:1996年8月24日(19歳)

出身地:神奈川県横浜市

身長:162㎝

体重:51㎏

種目:体操、

得意種目:床運動

所属:日本体育大学

練習場:鶴見ジュニア体操クラブ

 

天才は甘やかされて育った!?

兄2人の影響で3歳から体操を始め、小学校

3年の時、両親が設立した鶴見ジュニア

体操クラブに入り本格的な体操競技を開始。

 

父親の白井勝晃さん、母親の徳美さんともに

体操コーチだそうなので子供の頃から厳しい

英才教育を施されたんだろうなと思ったん

ですが、両親の教育方針は甘やかすこと

だったそうです。

 

勝晃さんは

「外では信頼できる他人に任せ、家では思

い切り甘やかす。

それが我が家流です」

と語っていいます。

自身も体操コーチですが自ら手取り足取り

というやり方はしませんでした。

 

末っ子だったこともあり、

「大丈夫! すごいね!」

と言って育てたとのこと。

ほめて伸ばす教育法ですな。

でもただ甘やかすのではなく

「外では信頼できる他人に任せる」

がポイントでしょうね。

 

顔立ちもなかなかイケメン白井選手、

愛されて育ったんだろうなぁと思える

可愛らしい顔をしていますよね。

 

「伸身リ・ジョンソン」ってどんな技?

 

さて、外では厳しく家ではのびのびと

育てられた天才白井健三選手。

今回、成功させた「伸身リ・ジョンソン」とは

どんな技なんでしょう。

 

リ・ジョンソンとは北朝鮮の選手の名前。

彼が成功させたことで、その名前がついて

います。

技の内容は「後方かかえ込み2回宙返り

3回ひねり」でG難度という難しい技。

「抱え込み」とあるように、膝を曲げて回転

していますね。

 

伸身リ・ジョンソンは文字通り体を伸ばした

ままで行うリ・ジョンソン。

「後方伸身2回宙返り3回ひねり」です。

当然難度もH難度に上がります。

こちらが伸身リ・ジョンソン。

 

「シライ3」とは?

 

国際的な試合で新しい技を成功させると、

その選手の名前が技に付けらるんですね。

今回、伸身リ・ジョンソンを成功させたため

彼の名にちなんで「シライ3」と命名される

と見られているわけです。

 

しかし、「3」というからには「1」や「2」が

あるということ?

そうなんですよ!

 

白井健三選手は2013年10月の世界体操選手権

種目別予選で、床運動で「後方伸身宙返り

4回ひねり」と「前方伸身宙返り3回ひねり」、

跳馬で新技「伸身ユルチェンコ3回ひねり」

を成功させて、それぞれ「シライ」「シライ2」

「シライ/キムヒフン」の名前が技に付いています。

 

「シライ/キムヒフン」は金煕勲選手も成功

させたため、連名になっているそうです。

 

「シライ3」命名はいつ?

 

日本体操協会はすでに今回の成功で国際連盟

(FIG)に新技申請をすると発表しています。

来年2月に予定されているFIG技術委員会

で認定されれば、晴れて「シライ3」という

技が公式に誕生するわけです。

 

ただ今回技を成功させた大会、豊田国際は

FIGが主催する大会ではないために

ひょっとすると申請が通らない可能性が

あるとのこと。

リ・ジョンソンでも、できる選手はまだ

少ないようですので、今回承認されなく

ても結局彼の名がつくことになるんじゃ

ないかと思うんですよ。

それだったら早く認めて欲しいですよね。

 

承認されることを祈りながら、来年2月を

楽しみに待ちましょう!

 

 - びっくり!, スポーツ