水原希子「家族ノカタチ」の演技に期待!キャストやあらすじ!

      2016/01/30

この記事の所要時間: 413

日曜劇場『下町ロケット』の後番組として

1月から『家族ノカタチ』が放送されます。

 

スギサクが冬ドラマで一番期待しているのは

『ちかえもん』ですあります。

これはもう面白いと決めてかかってます。

『家族ノカタチ』は、確信はないんですが、

可能性を感じています。

 

西田敏行と吹雪ジュンが脇を固めている時点

でいいホームドラマになりそうな予感は満々。

主演はSMAPの香取信吾だそうですが、

うーん、個人的にはここが一番問題かな。

 

水原希子は最近の映画などで「演技がヘタ」

とか「女優ヅラするな」みたいな意見が多い

ですね。

でもスギサクはけっこう期待しています。

 

どんなドラマになるのかあらすじなど

調べてみました。

 

スポンサーリンク

『家族ノカタチ』あらすじ

 

文具メーカーに勤める39歳独身・永里大介

(香取慎吾)。

仕事以外の時間は自分の好きなように使える

独身生活を謳歌している彼は結構な年齢だが

彼女もいない。

結婚できそうにない男だ。

 

長年かかって貯めた資金でついにマンション

を購入したが、5年逢っていなかった父親が

自分に内緒で再婚して再婚相手には

逃げられた挙句に再婚相手の息子を連れて

新居に転がり込んできた。

夢見た新居での自由な生活は父親の出現で

かき乱されていく。

 

また引っ越しの最中に同じマンションの階上

から落ちてきた女性用ガードルを拾ったこと

で感じの悪い女・熊谷葉菜子(上野樹里)と

知り合うが、実は彼女は社内で有名なクレー

マーであることが分かり、顔を合わせれば

大ゲンカ。

 

32歳の葉菜子は大手商社に勤務する独身だが

20代に結婚と離婚を経験している、ちょっと

面倒くさい女性。

意思を持って再婚しない女性らしく、仕事は

責任を持って果たす分、人にも厳しい。

 

風吹ジュン演じる葉菜子の母親・律子も夫と

別居したのをきっかけに娘のマンションに

転がり込んできて人生を謳歌し始める。

 

こじらせ男とこじらせ女、父と子、母と子が

衝突しながら繰り広げるハートウォーミング

ドラマ。

結婚・家族を楽しく考え、応援する

ドラマなんだそうです。

 

『家族ノカタチ』キャスティング

 

香取慎吾:永里大介

上野樹里:熊谷葉菜子

水原希子:田中莉奈

荒川良々:佐々木彰一
千葉雄大:入江春人
柳原可奈子:山根さとり
中村アン:梢あや
水野美紀:永里恵
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

風吹ジュン:熊谷律子

西田敏行:永里陽三

 

放送開始はいつ?

 

2016年1月からというだけで、まだ

何日かは公表されていません。

日曜夜9時からのドラマ枠です。

 

水原希子はどんな役?

 

水原希子の役は上野樹里演じる熊谷葉菜子の

いる商社に縁故で就職した帰国子女のお嬢様、

田中莉奈。

グローバルな感覚はあるものの、育ちのせいか

海外生活が長いせいか、日本の習慣や考え方とは

ズレがある、天然でドジだけど可愛らしい役

だそうなんです。

 

プロデューサーは

「自分のままにそのまま演じてもらえれば

ハマるのでは……」

と言っているようですが、演技は自分と距離が

あったほうが演じやすかったりしますよね。

でも、彼女は世間が言うほど演技がヘタでは

ない気がするんですよね。

悪評紛々の『進撃の巨人』は見てないんですが

『ヘルタースケルター』なんかは出番も

さほど多いわけではないけれど、印象に

残る存在感を出していたと思うんですよ。

新劇的なうまい演技というのではないけど、

変にどこかで見たような芝居を作らず

素直に演じているところは好感が持てます。

パターンで演じないで役の心理をちゃんと

とらえたら面白くなりそうなんですけどね。

 

ただ香取信吾は台本もあまり読まず、

現場で暗記してやるタイプだそうなので

そこがちょっと不安材料でしょうか。

これまでのドラマも

「だからああいう芝居なんだそうな」

って気がして。

西田敏行さんの芝居とかを見て

学んでほしいですね。

 

 - エンタメニュース