チョン・チャンハン再来日理由は?靖国神社爆破はなぜ?容疑者逮捕!

      2016/02/13

この記事の所要時間: 555

靖国神社の男子トイレで爆発音がした事件で

容疑者と見られていた全昶漢(チョン・チャン

ハン)容疑者が再来日し、建造物侵入容疑で

逮捕されました。

 

爆発事件当日の午後に韓国に帰国していた

チョン・チャンハン容疑者。

事件からこれまでの間には日本のテレビ局が

韓国に彼を訪ねていた事実もあり、本人も

自分に容疑がかかっていることを知っていた

はず。

 

なのにこの時期にすぐ再来日したことには

どんな意味があるのでしょう。

ちょっと考えてみました。

 

スポンサーリンク

全昶漢(チョン・チャンハン)容疑者はどんな人物?

 

全昶漢(チョン・チャンハン)容疑者は

現在27歳。

2009年、21歳で空軍に入隊。

群山の部隊に配属され5年ほど勤めて

今年3月に除隊。

 

除隊後は群山のワンルームマンションに

住んでいたけれど、2カ月前に使用権を

友人に譲って自分は別の場所へ。

しかし部屋を譲ってからもこのマンション

は、ちょくちょく訪れていたようです。

 

事件前後の行動

suigara 21日に来日し、23日の午前10時前後に

靖国神社トイレで犯行に及んだ後、

当日の午後に帰国。

今日12月9日に再入国したところを

警察に逮捕されています。

 

トイレ自体は壁や天井を損傷したものの

爆発によるケガ人はありませんでした。

 

現場に残っていたタバコの吸い殻と

容疑者が止まっていたホテルに残っていた

ホテルに残されたタバコの吸い殻のDNA

が一致したために彼が容疑者と特定された

ということです。

 

チョン・チャンハン容疑者自身も自分に

容疑がかかっていることは分かっているので

今回の来日は、ほぼ自首と見てもいい行動と

思われるわけです。

 

しかし、実際に逮捕されたチョン容疑者は

事件に対し「よく分からない」とあいまいな

回答をしている。

実に不可解です。

 

英雄的行動による名誉回復?

 

5年余り空軍に在籍したチョン容疑者ですが

その間ずっと下士官だったようです。

 

除隊という言葉は任を解かれる表現なので

自らの意思で軍を辞める場合には使われない

ように思います。

 

韓国では兵役があるので芸能人でさえ

一定期間は兵役に就かなければなりません。

しかし、彼の場合は5年余りもの間軍に

勤務していたわけなので自分の意思で

軍人という職業を選んでいたものかと

思われます。

 

それが除隊になったというのは、何か問題が

あったのでしょうか。

 

ここからは推測になりますが、国のために

軍人として活躍したいと思う青年が出世も

できず、結局除隊となってしまった。

 

その汚名をすすぐために愛国者としての

存在感を示したいという思いから行動に出た

と考えることはできないでしょうか。

 

しかし、結局はその日に帰国してますし、

単なる憂さ晴らしだった可能性も高いです。

 

再入国は何のため?

 

当初は上記の発想から、騒ぎになった時点で

堂々と登場して存在感を示す意図なのかな

と思ったのですが、「よく分からない」とか

言って認めていませんので、この線は違うと

思われます。

 

靖国神社で犯行に及んだことは反日行動です

ので、昨今の韓国の姿勢とは一致するわけ

ですが、正々堂々と抗議するのと犯罪に及ぶ

のとでは問題が違います。

 

韓国としては彼をどう扱うかで国内の世論を

騒がせる問題にもなりうる。

そこで彼に対して秘密裏に自首を促したの

ではないかという考え方もあるようです。

 

確かに、捕まることが分かっていて再来日

したものの容疑は認めない。

つまり彼自身に自首する意図はないけれど

来日せざるを得なかったと考えるのは

自然だと思いますね。

あるいは日本と韓国の政府間で

「そういう形で」というような

内々の相談があったのではないでしょうか。

警察が来日情報をすでに把握していて

すぐに羽田で入国の途端に逮捕された

ことからも、その可能性が高いのでは?

 

再来日の情報がどこからもたらされたのか

明らかにされていませんし、警視庁も

「まさか再来日するとは…。

経緯や理由が分からない」

と来日の意図が分からないというコメントを

しているようですが、微妙な問題ですから

やはり政府が絡んでいると見るのが

普通のような気がします。

 

12月9日夜:追記

 

身柄を拘束されて取り調べを受けている

チョン容疑者。

容疑については「よく分からない」。

再来日の理由については

「日本の記者から質問を受けて、

靖国神社のトイレを確認しに来た」

と供述しているそうです。

なんじゃそりゃ? ですよね。

何なんでしょうか、誰かからやらされてる?

現在のところ依然として意味不明ですが、

今後の報道を待ちたいと思います。

 

12月11日:追記

 

あいまいな供述をしていたチョン容疑者、

「11月23日には失敗したので

もう一度やろうと思った」

というような趣旨も話しているようです。

 

9日に拘束された際には火薬やタイマーの

ようなものなどを所持していたとのこと。

9日の取り調べの中では「9日夜:追記」に

あるようなあいまいな供述のほかに

上記の内容も話していたそうですが、

10日なって、また否認に転じているとのこと。

 

さらに不思議なのはチョン容疑者は今回

日帰りの予定で帰国便のチケットも確保して

いたということです。

どちらにしても「捕まる」という可能性は

考えていないみたいですね。

解せません。

 

これまでに過激な半日活動の経歴も

ないそうです。

ひょっとするとこじらせ系?

さらに今後の情報を待ちたいと思います。

 

 - 社会ニュース, 韓国ニュース, 国際ニュース, びっくり!