こたつ列車の運転期間や料金・乗車時間は?車内で食事はできるの?

      2016/04/05

この記事の所要時間: 325

出典:http://tohoku-monogatari.org

岩手の三陸鉄道で冬の名物「こたつ列車」の

運行が12月5日から始まりました。

 

スギサクは始めて聞きましたが、北リアス線

では冬の風物詩となっているようですね。

列車では普通、足元暖房がされているものの

暖かい空気はすぐ上に上ってしまうので

顔ばかりほてって足元は寒いなんてことが

よくあります。

こたつに脚を入れて旅ができるなんて最高

じゃないですか!

ちょっと情報を調べてみました。

 

スポンサーリンク

三陸鉄道「こたつ列車」運行期間

 

2015年12月5日(土)~2016年3月27日(日)の土休日
および2016年1月4日(月)

 

なるほど基本は土日祝日のみ

1月4日だけ例外ということですね。

これは混雑しそうだなぁ。

 

「こたつ列車」運転区間と時刻

kitairasusen画像出典:http://iwase-akihiko.hatenablog.com
久慈発12:13 → 宮古着13:54
宮古発15:05 → 久慈着16:46

途中、列車の中では「なもみ」という岩手版

なまはげともいうべき伝統的な地元キャラが

登場する演出もあるようですよ。

namomi画像出典:http://j-town.net

こちらが「なもみ」さん。

ひえー怖すぎ。

手にしているのは出刃包丁ですか?

 

こたつ列車の料金は?

 

こたつ列車に乗車するには通常区間の乗車

下記の運賃以外に500円の指定席料金が

必要です。

宮古‐久慈の運賃

大人/1850円、子供/930円

 

車内で飲食も可能

 unidon画像出典:http://news.infoseek.co.jp

列車旅行の楽しみは、車内で飲み食いすること

ですよね。

久慈‐宮古間は約1時間45分もありますし

お昼時の発車ですから車内で食事をするのも

一興ではないでしょうか。

そして旅行と言えばやっぱり駅弁。

前日の13時までに予約しておけば

特性海鮮弁当が楽しめます。

  • うに丼:1700円
  • ウニアワビ弁当:1600円
  • ホタテ弁当:1200円

bentou画像出典:http://www.sanrikutetsudou.com

お弁当もこたつ列車の指定席も予約はこちらから

0193-62-8900(三陸鉄道旅客サービス部)
受付時間は9:00~18:00

 

実際どんなふう?

 

列車の中でこたつってどんなものなのか

実際のところを動画で見てみましょう。

うわー楽しそう。

こたつの上にはミカンがスタンバイ。

すごい生活感です。

こたつがあるというだけでみんなすっかり

くつろぎモードですね。

お茶の間が走ってる感じだわ。

 

そして、なもみちゃんの登場も迫力満点。

車内が暗いところを見るとトンネルに入った

ところを狙って登場するんだな、きっと。

 

これは家族や友達と行きたいですね。

上半身が寒いという方にはハンテンの

貸し出しもあるそうです。

sanrikutetudou2

また車内には北国ならではの情緒

だるまストーブも!

うーん北の列車は違うなぁ。

列車の旅の魅力満載。

もう何年もトランプなんてしてないけど

このシチュエーションならトランプ必携です。

北国を訪ねる方、コースの中に組み入れたら

より味わい深い旅になりそうですね。

 

 - おでかけ