ガングロカフェで黒ギャルメイクを体験! サービスの内容やお値段は?

      2018/03/04

この記事の所要時間: 436

90年代に猛威を振るったガングロ

またの名を黒ギャルとも呼ばれた

特殊メイクの若い女性たちは

すでに絶滅したとかと思われていました。

 

カフェオレ色の肌に

アイラインどころかまつ毛まで

書いてしまう超濃厚なメーク。

紙は白髪のごとくにまで脱色し

さらに五色の色彩を入れる。

やまんばメイクなんて言い方もありましたね。

 

しかし、そんなガングロギャルたちが

まだ生息している上に

テーマパーク的なカフェまで

開いてしまっているようです。

21世紀によみがえったガングロ文化の拠点について

調べてみました。

 

Sponsored Links

サービスの内容は?

ガングロカフェの名前は

「CAFE&BAR GANGURO」

そのまんまです。

 

ホームページからウェブ予約チケットを

購入できるようになってます。

 

★ガングロパック:3,000円(税込み)

  • 入店料 1ドリンク
  • 1フード お土産
  • チケットで優先的に着席可能
  • パラパラダンスショーの鑑賞
  • ガングロギャルとの握手や写真撮影

★ガングロメイクパック:7,000円(税込み)

  • 入店料 1ドリンク
  • 1フード
  • お土産
  • チケットで優先的に着席可能
  • パラパラダンスショーの鑑賞
  • ガングロギャルとの握手や写真撮影
  • ギャルメイク(男女とも可)
  • プリクラ撮影

 

うーん、結構お高いんですね。

でもショーがあるということなので

単にお茶を飲むだけでなく

ショーパブ的なスタイルなのでしょう。

エンターティンメントとすればこんなもんですか。

 

飲み物はソフトドリンクもアルコールも。

フードはガングロにちなんだ

ガングロボールなる黒いタコ焼き的な

食べ物が食べられます。

イカスミ入りの黒いボールです。

001e4f9d1fe7175a8b8210

ガングロボール製作中!

 

7,000円のコースにすれば

自分も黒ギャルメイクして

ガングロ体験もできちゃうってわけ!

001e4f9d1fe7175a8b6a53

したいのか? 黒ギャルメイク?

うーん……。

スポンサーリンク

Sponsored Links


いったい誰がターゲット?

ガングロカフェを運営しているのは

もちろん店長もスタッフも黒ギャルです。

 

スタッフの弁によれば

メイド喫茶の黒ギャル版

だそうなんですが、メイド喫茶ほどの

需要があるようには思えません。

ターゲット層はどのあたりなんでしょう?

単純に考えると90年代のギャルたちが

今イケイケの母親世代になっている。

ちょっと手の空いた彼女らに

同窓会的感覚で集まってもらえる場所。

なんて考えたのですが、どうでしょう?

 

ところがどっこい

何とターゲットは外国人観光客!

普通の学生さんとかサラリーマンの

お客さんも多いんですけど、

ギャル文化って日本独特なものなので、

外国人のウケがすごくいいんですよね。

だから、渋谷の名物みたいにしちゃって、

渋谷に遊びに来る外国人がついでに

寄っていくような店にしたいんです

ほー、ビジネスの視点ですね。

さらに常に英語のできるスタッフが

最低1人はいるように

シフトを組んでいるのだとか。

どうりでホームページも

すべて英語なわけだ。

 

1つの名所として秋葉原のメイドカフェに

外国人観光客が行くように

日本独自の文化としてギャル文化を

渋谷から世界に発信していくという

理念の下に作られたガングロカフェ。

文化の発信地であり、ただの飲食店ではないらしいです。

001e4f9d1fe7175a8b9930

拉致されてきてドアの前で張られてるみたいに見えます。
しかし男性はうれしそう!

 

すでに海外も反応!

日本でもちょこちょこ

報道されているようですが

意外や英国や中国など海外のメディアも

反応しているようです。

中国の深圳新聞網の報道では

「日本のカフェで奇怪な黒ギャル復活

美しすぎて見るのが怖い!」

なんてタイトルが付いています。

 

英国「デイリーメイル」の

報道を引いての中国の報道。

ギャルサーたちの狙い通り

海外が反応しているじゃありませんか。

渋谷を歩いていると外国人に

「ガングロキャフェー

ドコデスカァ?」

なんてよく聞かれるように

なる日も近いのかもしれません。

スポンサーリンク

Sponsored Links



 

黒ギャル文化が懐かしい人、

まったく知らない人、

ちょっと怖い物を見て見たい人

一度足を運んではいかがでしょう?

 

「CAFE&BAR GANGURO」

住所:渋谷区宇田川町34-6 M&Iビル5F A室

 - おでかけ