「洗えるスマホ」の防水度は?子育てママに最適!開発したのは誰?

      2016/03/09

この記事の所要時間: 310

12月11日、世界初の「ハンドソープで

洗えるスマホ「DIGNO rafre(ラフレ)」

(京セラ製)をKDDIが発売するそうです。

 

最近は生活の防水スマホも珍しくないですが

洗えるというのはけっこうインパクトが

ありますね。

しかもハンドソープを使ってです。

 

本当にジャージャー水を流して洗えるん

でしょうか。

 

ちょっと調べてみました。

 

スポンサーリンク

ハンドソープで洗えるスマホの機能は?

araeru1

  • Android 5.1を搭載した5インチ端末。
  • 防水機能を強化しハンドソープで洗える。
  • 温水防水に対応し、風呂場などでお湯が
    かかっても大丈夫。
  • 画面が濡れていても操作可能なタッチ
    パネルディスプレイを搭載。
  • 高い耐衝撃性。
  • 背面のスクラッチヒーリング加工は
    日常生活で生じる浅い傷を自然に回復。

などの機能を持っているようです。

ほー、お湯でも大丈夫とな。

これはお風呂での使用にも便利ですね。

 

ただ防水とはいえ湯船への水没は非推奨。

そして対応水温は43度までですので、

熱湯は禁物ですよ。

 

実際にどの程度洗えるの?

 

さて「問題の洗えるほどの防水度」。

「洗える」というのが、どの程度なのか

動画で見てみましょう。

ちょっと昭和の香りが漂うCMのセンスも

面白いですが、洗える機能スゴイです。

本当に泡立ててジャージャー洗ってますね。

商品をコピーに「ハンドソープで洗える」

とあるのは、石鹸水のほうが真水よりも

浸透力が高いため。

「それでも大丈夫!」という今まで以上

の放水度のアピールなんですね。

コネクト部分などを改良したことで

今までの防水スマホ以上の防水効果を

実現したのだそうです。

 

開発したのはKDDIのママ社員。

自身が子育て中なため、生活の中で

スマホを衛生的に使いたいというママ

ならではの思いで開発したのだとか。

 

ターゲットは子育て中のママ

 

そういうわけで、強くアピールしたい

ターゲット層は子育て中のママ。

でも潔癖症の人にも魅力的な商品

ですよね。

 

PCのキーボードには便器より多くの細菌が

いると言われていますが、スマホも状況は

同じようなもの。

どこにでも気軽においてしまうし、何より

しょっちゅう手で触ることで皮脂や水分など

が付着し、そこにさらに細菌が付着する。

つるんとしているので不潔とは感じさせま

せんが実際にはかなり汚いようです。

 

外出から帰ったら手を洗うのと同時に

ハンドソープを使って洗えたら気持ちいい

ですよね。

 

スマホでお子さんに動画を見せたりしている

方もあると思いますが、先に洗っておけば

ひょっとしてなめたりした時にも安心です。

 

まあ、子供の頃から免疫を付けることで

丈夫な子供になるという発想もあるかも

しれませんが、潔癖症の方には最適な商品

ではないでしょうか。

 

私?

スギサクは非潔癖症です。

 

 - なるほど, テクノロジー