ねずみ男駅はどこにある?名前の由来は?鬼太郎列車が通るって本当?

      2016/02/13

この記事の所要時間: 423

『ゲゲゲの鬼太郎』に登場するねずみ男。

妖怪なのにこういう言い方も変ですが

すごく人間臭く、この作品の中でスギサクが

一番好きなキャラです。

あんな風に生きられたら人生もっと楽しい

だろうと思いつつ、なかなかそうもいかない

晩秋の今日この頃、皆さんいかがお過ごしですか。

 

水木しげる先生が亡くなって、私自身も

『ゲゲゲの鬼太郎』を懐かしく思い出して

いますし、世間でも今度当分は改めて

彼の作品や足跡を尋ねるイベントなどが

続くのだろうなと思います。

 

さっそくネットで関連情報などを見ていると

「ねずみ男駅」なる言葉が目に留まりました。

「え、私の大好きな『ねずみ男』の名前の

駅があるの? マジで? それどこ?」

というわけでちょっと調べてみました。

 

スポンサーリンク

「ねずみ男駅」は境線に実在した!

nezumiotokoeki画像出典:4travel.jp

「ねずみ男駅」は実在しました。

とはいっても本当の駅名ではなく、あくまで

愛称でそう呼ばれているということですので

路線図などには載っていません。

nezumiotokoeki1画像出典:http://portal.nifty.com

どこの駅かというと鳥取県米子市弥生町

2番地にあるJR西日本の米子駅。

この駅に乗り入れている境線の駅としての

愛称だそうです。

 

なぜ「ねずみ男駅」なの?

 

なぜ米子駅が「ねずみ男駅」なのか?

境線が境港を走る路線であることがヒントに

なるはず。

そう、水木しげるの出身地である境港市に

ちなんでいるわけです。

 

この愛称がつく前、1993年に境線では

「鬼太郎列車」の運行を始めています。

最近はふるさと活性化でさまざまな試みが

行われていますが、境線は結構早くから

こういう取り組みをしていたんですね。

 

ちなみに米子‐境港間の16の駅には

ねずみ男だけでなく、それぞれ愛称として

妖怪駅名が付いているんだそうです。

 

妖怪の町、境港へ向かう出発地米子駅は

「ねずみ男駅」。

妖怪の町の入口である境港駅は「鬼太郎駅」。

その他の駅には『ゲゲゲの鬼太郎』のキャラ

に限らず、全国各地に伝わる妖怪の名前――

北海道の「コロポックル」や四国の

「こなきじじい」などがついているとか。

 

ちなみに境線が発着する0番線は

「ねずみ男駅霊番のりば」

と呼ばれているそうです。

 

「鬼太郎列車」ってどんな列車?

 

さて、それでは実際に鬼太郎のイラストで

フルパッケージされた鬼太郎列車の

ビジュアルをご覧ください。 kitarou_ressya

中に鬼太郎がいるわけじゃないんですが

どうせ乗るなら、これに乗りたいですよね。

子供かっ!

 

ちなみに『ゲゲゲの鬼太郎』のキャラ列車

ということで、総じて「鬼太郎列車」と呼ばれて

いますが、実際はねこ娘列車、ねずみ男列車、

目玉おやじ列車もあるそうです。

 

ねずみ男列車
mezumiotoko_ressya

ちなみに内装もねずみ男。nezumiotoko_ressya1画像出典:ameblo.jp/hotwalker4

ひえー、かわいいっ!
このテキスタイルが欲しいです。
これでコートとか作ったら可愛いですよね。
お布団とかにもしたいわ。

目玉おやじ列車medamaoyaji_ressya

ネコ娘列車
nekomusume_ressya

nekomusume_ressya.1画像出典:4travel.jp

こういう列車に乗ってこんなの飲んだら楽しそう!

って飲めないクセに思ったりします。

でも、地元の方たちの足って雰囲気ですね。

本当にやったらちょっと浮くかも。

おやじかっ!!

 

ただ境線にはイラスト列車ではない通常の

列車も運行していますので、

「妖怪列車が見たい!乗りたい!」

という場合には事前に運行ダイヤをご確認

ください。

現在6種類の鬼太郎列車が、平日は1日

18往復、土日祝は16往復しています。

問い合わせ JR西日本米子支社営業課
TEL:0859-32-8056

昨今、列車やバス、航空機などのイラスト

フルパッケージは結構人気ですが、混雑が

大嫌いなスギサクは一度も乗ったことが

ありません。

でも、今回ねずみ男のシートを見て

かなりそそられました。

境港市の「水木しげるロード」や

「水木しげる記念館」を訪ねる際には

出発点もしくは終着点として、ぜひとも

コースに入れたいところですね。

水木しげるロード:おすすめや所要時間は?グルメ・お土産情報も!

水木しげる記念館:見どころは何?アクセスや入場料金・グッズは?

 

 - おでかけ, 可愛い!