画家山田太郎:スター・ウォーズの風神雷神図!公開場所や日時は?

      2016/11/18

fuujinraijinzu
この記事の所要時間: 310

公開間近の『スター・ウォーズ』新三部作の

第一弾『フォースの覚醒』に関する面白い

話題が報道されました。

 

琳派の代表作「風神雷神図屏風」を最新作の

キャラクターで表した新しい屏風が30日に

京都清水寺でお披露目され、8日からは一般

公開されるそうです。

 

もともと日本の黒沢明の作品に影響を受けて

いるという『スター・ウォーズ』。

衣装のセンスなどは中国的なものもあったり

東洋のニュアンスがそこかしこに感じられる

作品ですが、これを有名な「風神雷神図屏風」

に持ってくるという発想がユニークですね。

 

作者はどんな人?

いつどこで公開されるの?

ちょっと調べてみました。

 

スポンサーリンク

『フォースの覚醒』風神雷神図

 

この屏風の作者は画家の山田太郎さん。

尾形光琳らが発展させた琳派の画家です。

『風神レイ&雷神カイロ・レン屏風』は

『スター・ウォーズ』シリーズ最新作

『フォースの覚醒』の公開と、琳派誕生

400周年を記念して製作された物だそうです。

 

まずはどんなものかご覧ください。 starwors

すごくリアルにスター・ウォーズなのに

まったく違和感がありません。

面白いですね。

カイロ・レンのりりしい美貌もそのままに、

しかし東洋美女のたたずまい。

新ドロイドBB-8も和の雰囲気で赤絵の陶器

のように、ちょこんとたたずんでいるのが

愛らしいです。

 

公開場所と日時は?

 

ぜひ生で見てみたいと思うわけですが

今のところ公開予定は2か所。

琳派誕生の地である都・京都とお江戸・東京です。

 

京都:清水寺経堂

開催期間:12月8日(日)~15日(日)

清水寺拝観時間:6:00~18:00

清水寺の森清範貫主の書『覚醒』も同時に展示予定

 

東京:『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』公開記念

~スター・ウォーズの世界~フォース・フォー・ジャパン~

開催期間:12月18日(金)~12月29日(火)

開場時間:11:00~20:00

会場:汐留・日本テレビ 2階日テレホール 東京都港区新橋一丁目6-1

 

京都会場は紅葉や秋の京都散策と一緒に

楽しめそうですね。

 

山田太郎はどんな画家?

 

今回ユニークな作品を公開してくれた

山田太郎さん。

これだけの作品を作る方ですから、本物の

日本画家であることは間違いないと思うん

ですが、普段はどんな作品を描いているのか

気になりますよね。

yamadataro

 光琳といえばかきつばた。
ニッポン画ではこんなキュートな作品に!

tamadataro1

これ、最高に好きです。
床の間に飾られていたら10秒後に二度見
しそうな作品です。

 

彼は自分の作品を日本画ならぬ「ニッポン画」

と名付けていて、それは日本の昔の絵画を

現代の視点で再構成したものだそうです。

 

洋の東西が混沌と入り混じる現代の様相を

愛情をもって描くという立ち位置のようです。

ほー、これまでこういう画家の存在を

知りませんでした。

もうちょっと早く知ってたら個展に

行けたのにぃ……。

今後、要チェックです!

 - おでかけ, 面白い!