『愛のゆくえ』『潜伏』:オウム真理教逃亡犯を描く映画が気になる!

      2016/03/14

この記事の所要時間: 355

オウム真理教逃亡犯を描く2作品を上映する

『「愛のゆくえ(仮)」VS「潜伏」』が、

12月8日に東京・渋谷のユーロライブで

開催されるそうです。

 

今日、1995年の東京都庁郵便小包爆発事件で

菊池尚子被告に逆転無罪判決が出ました。

すでに忘れかけていたオウム事件の記憶が

また世間によみがえりました。

しかも無罪という判決という事実は大きな

論議を巻き起こすでしょう。

 

そんな折、オウム真理教逃亡犯を題材にした

作品が上映されることは、さらにこの問題を

考えさせるきっかけとなりそうです。

 

スポンサーリンク

『愛のゆくえ()

監督:木村文洋保坂延彦

主演:前川麻子、寺十吾

 

995年に起きたオウム真理教による

「地下鉄サリン事件」の実行犯の1人である

平田信被告と、17年の逃亡生活中、彼を

かくまっていた女性――3歳年上の元オウム

真理教信者・斎藤明美との生活を描いた作品。

 

平田信被告はオウム真理教の元幹部で

事件後、特別指名手配を受けて逃亡生活を

送っていたが、2011年12月31日に

「事件に区切りをつけたかった」

東日本大震災を見て自分の逃亡生活が

情けなくなった」

などと語って自ら出頭。

 

彼をかくまっていた女性も2012年1月

10日に弁護士に付き添われて出頭し

犯人蔵匿の罪で1年2カ月の懲役を

受けています。

 

『潜伏』

監督:保坂延彦

主演:土屋貴子、なだぎ武

 

元オウム信者高発克也と共に逃亡し、やはり

17年間潜伏していた菊池尚子被告とその間

事実上の夫であった高橋寛人元被告に着想を

得た作品で、逃亡犯を一途に思う男の出会い

と別れが描かれています。

 

上映会会場、日時

 

会場:渋谷ユーロライブ

日時:2015年12月8日(火)

開場17:30 / 開演18:00

料金:2,500円

雨宮処凛、前川麻子、土屋貴子の

トークショーもあり。

 

創作作品と事件は別物

 

『愛のゆくえ(仮)』はたぶん今回は初上映

『潜伏』はすでに自主上映などで公開済みで

ドキュメンタリータッチで描かれた男女の

リアリティに結構いい評価が上がっている

ようです。

 

センセーショナルな事件の奥にある平凡な

人間の本質というのは、面白い作品になり

やすいですよね。

娯楽という意味ではなく。

 

共感しうる人物像が信じらないような

事件を起こす、そこに整理がつかない

不可解さを感じたり、自分の中にも

存在するかもしれない可能性を感じたり

することで、美男美女のラブロマンスより

心に振動を与えられるということはあると

思います。

 

個人的にもちょっと見てみたい。

しかし創作物と現実の事件は別物。

これらの作品が名作だったからといって

彼らの罪が薄れるわけではありません。

逃亡生活中の彼らにも人間らしい感情や

生活はあった。

しかし事件で見るべきは、やはり犯して

しまった罪の大きさでしょう。

 

罪を科すことで何かが取り返せるわけでは

ないんですが、菊池尚子被告の判決には

納得がいかないですね。

菊池尚子がなぜ無罪?17年の逃亡生活は?判決に納得がいかない!

オウム真理教が1995年に起こした 東京都庁郵便小包爆発事件で、爆薬の原料を 運んだとして殺人未遂幇助などの罪…

sugisaku39.com

高橋寛人元被告:現在も爆弾娘を愛してる?実は兄の脅迫の被害者?

オウム真理教が起こした東京都庁郵便物爆破 事件で爆薬の原料を運んだとして殺人未遂幇 助罪に問われた元信徒・菊地…

sugisaku39.com

 - 社会ニュース, エンタメニュース