高橋寛人元被告:現在も爆弾娘を愛してる?実は兄の脅迫の被害者?

      2016/03/14

この記事の所要時間: 529

オウム真理教が起こした東京都庁郵便物爆破

事件で爆薬の原料を運んだとして殺人未遂幇

助罪に問われた元信徒・菊地直子被告が逆転

無罪判決を受けたことは大きな衝撃でした。

一審の判決懲役5年も「それだけ?という

印象を受けたのですが、二審で逆転無罪とは

何とも納得がいかない気持ちです。

菊池尚子がなぜ無罪?17年の逃亡生活は?判決に納得がいかない!

オウム真理教が1995年に起こした 東京都庁郵便小包爆発事件で、爆薬の原料を 運んだとして殺人未遂幇助などの罪…

sugisaku39.com

逃亡中の菊池尚子容疑者をかくまっていた

罪で2012年10月に懲役1年6カ月を求刑

された高橋寛人。

逃亡中の彼女をかくまい同棲して事実婚状態

にあった彼は逮捕後にも、

「彼女への愛情は今も変わらない」

と発言するなど一見、愛情から彼女をかくまった

ように見えますが、犯罪容疑者の弱みに付け込んで

いたと思われるような話もあります。

彼女の無罪は信じがたい気持ちですが

それに関わる男たちもロクな人物ではない

という気がしています。

 

スポンサーリンク

高橋寛人は愛情ゆえに菊池尚子をかくまった?

 

高橋寛人元被告は2006年、逃亡中の菊池尚子に

出会った時のことを

「清楚な美人で、一目で心を惹かれました」

と語っています。

その後、彼女にプロポーズし、その際にオウムの

信者だと告白されたといいます。

 

それでも彼女への思いは変わらず、押しの

一手で口説き落とし、同棲に至った。

菊池尚子がウェディングドレスを着て

教会で撮った写真も残っています。

高橋寛人元被告の実家へ挨拶に連れて

行ったという話もあります。

 

これだけ聞くと重大な犯罪容疑者と知りつつ、

彼女への愛ゆえにかくまっていたかのように

見えます。

 

実はヒモだった?

 

高橋寛人元被告にかくまわれての逃亡生活中

菊池尚子は介護の仕事などをしていた。

しかし、高橋寛人被告には就業していた

明確な記録がなく、実質的には彼女のヒモ的

存在だったと考えられています。

 

当初、菊池尚子が事件で指名手配されてから

10年間行動を共にした元信者の高橋克己被告

とは、高橋寛人元被告との同棲を始めてから

は当然別々に暮らしていた。

 

寛人元被告は克己被告が逃走資金として

1700万円持っていることを菊池尚子から聞き

克也被告のアパートに侵入して半分ほど盗んだ。

その後も彼が逃亡犯である弱みに付け込んで

金をゆすり取っていたと言われています。

 

2人の間に本当に愛情があったかどうかは

本人たちにしか分かりませんが、逃亡犯である

ことを知られている限り、菊池尚子も彼に

対しては弱い立場だったとも言えるでしょう。

 

利用したのは菊池容疑者?

 

しかし、寛人容疑者の自分に対する愛情を

利用していたという考え方もできます。

 

寛人元被告は彼女に出頭するよう何度も

説得していた。

しかし彼女は

「私が出頭すると高橋克也が極刑になる」

と答えたと言います。

10年逃亡生活を共にしていた克也被告を

かばうための隠れ蓑として寛人元被告の

愛情を利用していたとすれば、それもまた

業が深い話です。

 

逮捕後の彼女は逃亡を続けた理由を

「幸せな生活を壊したくなかった」

と語ったそうです。

陳腐な芝居のセリフのようですが、彼女が

その生活をそこまで幸せと思っていたんで

しょうか。

逮捕されることに比べれば確かに

幸せでしょうけど。

 

高橋寛人は兄からも脅迫されていた?

 

高橋寛人元被告には兄がいて、菊池尚子が

逮捕されるきっかけとなる情報提供を

したのは兄でした。

それまで寛人元被告とは疎遠になっていた

兄が金に困って弟の下を訪ねた。

その際に同棲していた菊池尚子がオウム事件

の逃亡犯であることを知ったといいます。

 

金が欲しい兄は逃亡犯をかくまっている弟を

脅迫し、金をゆすり取ろうとした。

寛人元被告が克己被告から金をゆすり取った

のは兄の脅迫があったからとも思われます。

 

警察に菊池の情報を提供したのはそれ以上は

金をゆすり取れないと判断したからでしょうか。

 

高橋寛人元被告も被害者?

 

寛人元被告が容疑者をかくまっていたという

事実は言い逃れのできない罪です。

 

しかし、人の弱みに付け込むという意味

で兄の行為の卑劣さにも驚愕です。

彼が情報提供したことで寛人被告の執行猶予

5年懲役1年6カ月を求刑された。

その意味では彼も被害者でしょう。

 

オウムに関わったことで転落し始めた

菊池尚子の人生。

その中で出会った高橋寛人元被告の存在が

彼女にとって何だったのか、本人でなければ

分かりませんね。

高橋寛人元被告は今も彼女を愛しているの

でしょうか。

弱みを持つと必ずそこに付け込もうとする

人間が表れる。

事件の衝撃が激しい事故直後に逮捕されて

いたら今回のように無罪判決が出ていたとは

思えませんが、17年の逃亡の結果の人生が

それよりよかったとも思えませんが

一番貧乏くじを引いたのは高橋元被告と

言えるかもしれませんね。

『愛のゆくえ』『潜伏』:オウム真理教逃亡犯を描く映画が気になる!

オウム真理教逃亡犯を描く2作品を上映する 『「愛のゆくえ(仮)」VS「潜伏」』が、 12月8日に東京・渋谷のユ…

sugisaku39.com

 

 - 社会ニュース, びっくり!, 最低!