NHKで紹介されたブラックバイト企業はどこ? 学生が実態を激白!

      2016/02/14

この記事の所要時間: 323

ブラック会社、社畜などという言葉は

最近よく聞かれますよね。

正社員だけではなくアルバイトでも

違法な長時間労働や残業代の未払いなどの

悪質な「ブラックバイト」が存在するようです。

状況の改善を訴えて2人の大学生が

社長とのやりとりの録音を公開しました。

 

スポンサーリンク

ブラックバイトとはどんな労働条件なのか?

 

労働条件の改善を訴えたのは

大手飲食チェーン

「しゃぶしゃぶ温野菜」

で働くアルバイト学生2人。

 

牛角と同じ食品チェーンですね。

「しゃぶしゃぶ温野菜」の運営は

レインズインターナショナル

(コロワイドグループ)ですが、

アルバイトを雇用していたのは

DWE JAPAN株式会社のようです。

 

彼らは昨年5月からホールスタッフとして

働いていたそうですがどんな労働条件かというと

 

  • 4か月間休みなし
  • 1日10時間労働
  • 残業代の一部は未払い
  • 「注文ミス」として数万のコースの自腹負担を強制
  • 「ミスは死んで償え」などの暴力的な発言。

証拠として彼らが提出した録音には

店長の罵声も入っているそうで。

超ブラックです。

 

しかもバイトを辞めたくても

「懲戒解雇にするから就職に影響する」

といわれて辞めるに辞められなかった模様。

これは脅しですよね。

 

大学生はうつ病と判断されて

7月から大学を休んでいるそうです。

 

大学生は団体交渉に応じるよう申し入れをした後、

今日厚生労働省で記者会見したことで

この事実が明らかになりました。

 

企業側は「事実関係を調査中」と

実態に関してはノーコメントだそうです。

 

ブラックバイト企業の手口

 

彼らのケースのように

ミスを個人の責任として負担させたり

初めから社員同様の重い責任を負わせ

要求に従えないと

「認識が甘い!」

「そんな意識じゃ社会人としてやっていけない!」

などと叱責する。

 

今生のある奴なら

「こんな店で働けるかぁー」

とちゃぶ台の1つもひっくり返せる。

 

しかし真面目な学生ほど

「そうか、自分は甘いんだ」

と責任を果たさねばと頑張る。

そして学校にさえいけなくなる。

 

うぶで堅気な学生さんを相手に

ヤクザ的な手法じゃないですか。

これはほんの氷山の一角

 

実際には彼ら2人の例は氷山の一角。

1人いたら50人入ると思って間違いないでしょう。

 

この大学生のように改善を訴える

具体的な行動をとる例はまれで

たぶんみんな泣き寝入りしているんでしょうな。

ブラックバイトに関しては厚生省が

昨年から実態調査に乗り出してはいるようです。

 

また首都圏の大学生が結成した

労働組合「ブラックバイトユニオン」

という組織もあるようです。

 

ブラックバイトGメン何かを

送り込んではどうでしょうね。

バイト学生に化けた捜査官が潜入して実態を暴く!

何なら私乗り込みましょうか?

大学生には見えないかもしれませんが……。

 - 社会ニュース