「君よ憤怒の河を渉れ」ジョン・ウー版:金城武かチャン・ハンユーか?

      2016/04/10

zhuibu.1
この記事の所要時間: 629

東京国際映画祭で来日していたジョン・ウー

(呉宇森)監督。

来年年明けにも日本で撮影を開始する

ジョン・ウー版「君よ憤怒の河を渉れ

『追捕』のキャストについて語りました。

 

「君よ憤怒の河を渉れ」は高倉健が主演し

中国でも公開され当時、海外の映画上映が

始まったばかりの中国で大きな社会的反響を

呼んだ作品です。

 

寡黙な中に人情や人としてのスジを持つ

主人公・杜丘冬人の姿は高倉健本人と重なり

中国人にとって理想の男性像となりました。

 

昨年、亡くなった際にも中国では日本以上に

健さんを惜しむ声が多いように感じました。

日本では健さんを知る世代はもう高齢ですが

中国では今の中年壮年クラスが彼の映画を

見て育ったからだと思います。

 

そんな健さんが演じた重要な役どころ

いったい誰が射止めるのでしょうか。

 

スポンサーリンク

ジョン・ウー監督インタビュー

 

――新作の『追捕』の準備は現在、

どの段階ですか?

 

ジョン・ウー:脚本に手を入れつつロケ地を

考えています。

今回は韓国・日本・中国と3ヵ国の

製作チームです。

 

――出演したいと名乗りを上げる俳優が

多いんじゃないですか?

 

ジョン・ウー:いましたね。

この配役は難しいんですよ。

そんなに若くはなく中年に近い年齢で、

成熟している俳優。

人生の荒波を経験してきたようだが

とても強い人間、男の中の男です。

もちろん高倉健を探したって、もういない。

だから少し方向性を変えて風格のある

俳優を選ぶことになると思います。

 

――今の芸能界で高倉健のように硬派な

風格を持つ俳優は少ないですよね。

そのせいで俳優探しはより難しいんじゃ

ないですか?

 

ジョン・ウー:硬派な俳優もいますが多くはない。

チャン・ハンユー(張涵予)や金城武などは

そうですね。

金城武は硬派なだけでなくソフトな部分も

あり、成熟した魅力と風格という条件に

ピッタリです。

硬派の俳優は確かに見つけにくいですね。

今の観客は若い美青年が好きですから。

でも個性的な俳優が好きな観客もいると

信じています。

kaneshiro_zhanghanyu画像出典:chuansong.me  金城武とチャン・ハンユー

――オリジナルのストーリーの大きな変更は

ありますか?

 

ジョン・ウー:『君よ憤怒の河を渉れ』は

スター性で見せている作品で、すべての

ストーリーは高倉健の身の上に起こります。

 

しかし我々が取ったのは原作小説の

リメイク権で映画リメイク権ではありません。

ですから原作の小説に従って脚色し

『君よ憤怒の河を渉れ』にはなかった部分を

ストーリーに取り入れます。

 

なにぶん古い時代の小説なので、現代的な

意識も組み込んでいきます。

警部の役柄やヒロインの比重も重くします。

 

撮影の風格やドラマ全体の格調は

私の過去作品『狼/男たちの挽歌・最終章』

のようなものに。

 

警部と逃亡犯という合い入れない関係に

最終的には友情が芽生えるという一種の

義侠的な雰囲気を持った作品です。

 

――あなたの初期の作品に見られる男同士の

義侠心にはこだわりがあるんですね。

主人公と真由美の間には愛が芽生えるんですか?

 

ジョン・ウー:そう、愛と友情。

ひじょうに強い意志をもって追跡し、

真相を突き止める。

『君よ憤怒の河を渉れ』のストーリーより

私の個性である色彩を盛り込みます。

 

――以前、この作品は超大作になると

話していましたね?

 

ジョン・ウー:中大型ぐらいですね。

『太平輪』のような大作ではありません。

そんなに多くのCGを使うことは

できませんから。

でも、この映画にも非常に激しい

アクションシーンはありますし、

広大な場面での撮影もあります。

zhuibu画像出典:chuansong.me 

――先行ポスターには白鳩が飛んでいますね。

この鳩も今回の俳優のうちですか?

 

――(笑)私の映画の精紳を表すために

宣伝部が使ったんですよ。

使うかどうかはストーリー次第ですね。

インタビューソース:chuansong.me

『追捕』ロケは日本各地でも

 

来年1月にクランクインするこの作品。

ロケは東京・大阪・福岡を予定。

ひょっとしたら日本での撮影に出くわすかも

しれませんね。

 

高倉健の役は金城武?それともチャン・ハンユー?

 

ここ数年、「大作だけど何なの?」っていう

作品が多いジョン・ウー監督。

『レッド・クリフ』なんかは何が

やりたいのかよく分からない作品でした。

 

『男たちの挽歌』の風格と聞けば

たのしみにもなります……が!

そもそも金城武を諸葛亮に配役するセンスが

よく分からないと思ったら、彼は金城武を

こんなふうに見ていたんですね。

 

いやいや違うだろ。

彼の真骨頂は『恋する惑星』『重慶森林』

の2作でしょう。

インテリジェンスな大人の男とか

いぶし銀系の男をやらせても全然

つまらないと思うんですけど。

 

この辺りがこの作品の不安なところ。

しかし、もう1人名前が挙がっている

チャン・ハンユーなら大賛成です!

 

彼は高倉健に憧れて役者になった人で

『水滸伝』の宋江や『智取威虎山』の楊子栄

など硬派ながら人情に厚く、温もりもある

器の大きな男をやらせたら天下一品ですから。

 

何でこの2人が同時に候補に上がるかなあ。

しかし、もっと以前には出演者に金城武や

レオン・ライ(黎明)なんかが発表されて

いたから、どうしても金城武は

使いたいんでしょうね。

 

キムタクのことを「どこから見ても美しい」

みたいに褒めていた人なので、優男が

好きなんでしょうね。

 

個人的には男の魅力満々のチャン・ハンユー

押しですが、さてどうなりますことか。

 

チー・ウェイ(戚薇)のプロフィール!夫は誰?整形疑惑は本当?

『追捕 MANHUNT』福山雅治の役柄は?あらすじや出演者情報も

チャン・ハンユー(張涵予)プロフィール!妻や子供~大学や出演作も

金城武:日本人妻疑惑のマネージャーはどんな人?本当に仕事上の関係?

「グランド・イリュージョン2」見どころは中華風とジェイ・チョウ?

ジェリー・イエンに新恋人?カラオケデートを盗撮された彼女とは?

 

 - エンタメニュース, 中国ニュース, 華流