ミイラ肉って何?中国で40年前の冷凍肉が流通?もう食べているかも?

      2016/09/28

miiraniku
この記事の所要時間: 320

画像出典:http://www.sznews.com

ミイラ肉って何よ」と思いますよね。

中国で見つかった何十年も前の冷凍肉を言います。

 

これが氷河で見つかったなら、まださほど

問題でもないんでしょうけど、これらの肉は

何と食品倉庫で見つかったのです。

 

つまり現在も市場に出回っていた可能性が

あるということ。

怖いでしょ?

不正なルートで市場に出回るこれらの肉を

食用すれば大きな危険があります。

ミイラ肉の実態をのぞいてみましょう。

 

スポンサーリンク

ミイラ肉発見の経緯

 

今年6月、中国の税関は全省一斉に

違法冷凍肉の摘発に乗り出しました。

これによって21の犯罪グループを摘発し

10万トン余りの冷凍肉を没収。

肉は鶏肉・豚肉・牛肉など部位も各種。

中には70年代・80年代の肉もあったとか。

 

これらの肉は海外からいったん香港に運び

中国が輸入受け入れをしているベトナム

などに密輸した上で中国に入国させているそうです。

 

ミイラ肉はどこから来たか?

 

メディアによるとミイラ肉の多くは外国

主に米国の戦略備蓄物資――国家の非常時に

放出するための備蓄物資。

消費期限が切れた物資を交換する際に

安価で闇業者に横流ししているものと

見られます。

 

正規の流通ルートに乗っていれば

規定の賞味期限で管理されますが

闇肉ゆえに適切な管理がなされないまま

何十年も放置された物と思われます。

 

こうしたミイラ肉は正規の流通肉の約半額で

売られているそうです。

 

ミイラ肉の危険性

 

これらのミイラ肉は正当な検閲を経ずに

横流しされた物。

鳥インフルエンザや、口蹄疫、狂牛病などと

可能性と同時に年月を経ているために

病原菌の存在も考えられます。

 

また輸送の際に冷凍車を使えば費用が高くなる。

密輸業者は通常のトラックで輸送します。

さらに密輸業者をいくつも経ているため

移動のたびに解凍してはまだ凍らせる事を

繰り返し、肉の品質はどんどん下がっていく。

 

摘発で倉庫を開けた際には異臭が立ち込めて

いたそうで、肉自体がすでに食用に適さない

状態である可能性は大です。

 

しかし、さらに危険なのは臭いや色など肉の

劣化を隠すため科学薬品などが使われること。

そうして、ごまかしたうえで濃い味付けや

香辛料を使った調理する料理、原形を

とどめない加工食品などに多く使われて

気づかないうちに飲食産業や一般家庭でも

使われているのです。

 

もちろん海外輸出用の食品は中国国内の

食品よりも厳しい検査を経ているものの

役所の人間であっても金を握らせれば

いくらでも融通を聞かせてくれるお国柄。

ミイラ肉とは分からなくなった形で

食品の中に紛れ込んで輸出されている

可能性は決してゼロではありません。

 

家では安全な肉を買うようにしていても

外食産業や加工食品には何が使われて

いるか分かりません。

あなたもすでに食べているかもしれませんよ。

中国:タピオカが古タイヤ・靴底製は事実かヤラセか?腸閉塞になる?

中国の料理人が絶対注文しない中華料理は?訪中の際は要注意の3品!

臭豆腐とは何物?どれほどクサいのか?それでもウマいのか?

 - びっくり!, 中国ニュース,