中国マクドナルドが灰色のハンバーガーを販売!何が入ってるの?

      2016/09/28

mac_huise1
この記事の所要時間: 258

画像出典:http://www.ooyuz.com

中国のマクドナルドで灰色のハンバーガーの

テスト販売が開始されました。

一見微妙な色合いのこのバーガー、中国の

ネット上では「スモッグ」とか「大理石」

とかいろいろ言われているようです。

 

いったい、どんなバーガーなんでしょう?

スポンサーリンク

灰色バーガーのバンズは黒ゴマ入りマントウ

 mac_huise画像出典:http://www.dailyedge.ie

通常ならこんがり狐色のバンズ。

今回の灰色バーガーの色は何なのでしょう。

答えは黒ゴマ。

 

中国、得意に北方ではマントウ(饅頭)と

呼ばれる蒸しパンのような主食がよく

食べられています。

またマクドナルドやロッテリアが進出し

ファストフードのハンバーガーが普及する

前に「肉挟膜」と呼ばれる中国風バーガーも

存在していました。

今回の灰色バーガーのバンズはこれにヒントを

得たもの。

 

蒸しパンに黒ゴマを練り込んであるために

食品としては微妙なグレーの色合いが

出ています。

 

でも中国人は黒ゴマ入りの葛湯のような

「黒胡麻糊」という食品を朝食などに

食べる習慣もあり、この色には日本人ほど

抵抗がないのではないかと思われます。

 

パテは牛肉ではなく中国人好みの豚肉パテの

2枚重ねにベーコン入り。

 

中国のファストフードは頑張ってる

 

マクドナルドに限らず、スタバにしても

中国のファストフードは現地化政策に

力を入れています。

 

スターバックスで中国茶が飲めたり、

オリジナルの月餅が買えたり、

ロッテリアでジャスミンティーが飲めたり、

まあ中国人が新し物好きながらも

プライドが高いからかな。

starbucks_yuebing画像出典:http://www.duitang.com

日本で頑張ってるファストフードは

モスですよね、やっぱり。

ライスバーガーの発売当初は、

「ライスバーガー何それ?

おにぎりみたいなもんじゃん

わざわざモスで食べるか?」

と思ったけど、結構食べてしまう私。

モスは日本の企業なので本土政策という

のとはちょっと違うかもしれないけど、

もともとアメリカンフーズのハンバーガーを

日本のおにぎりの発想でバーガーにしたのは

賢い!

現地化した商品で選択肢を増やすということは

やはり重要な戦略なんですよね。

 

現地化じゃないけどトルコで有名な

サバサンドなんてけっこういいと

思うんだけどね。

どうして日本でサバサンドが流行らないのか

不思議でしょうがない。

 

日本のマクドナルドは大変そうですが

価格設定だけでなく魅力的な商品を

開発するのも大事ではないでしょうか。

ダブルチーズバーガー価格の矛盾にマクドナルドが回答!納得できた?

ダブルチーズバーガーの価格は変だ!同等の物をお得に食べる方法は?

月餅は蛋黄(アヒルの塩卵)入りがオススメ! カニみそ味が最高!

 

 - びっくり!, 中国ニュース