泊まれる本屋が西池袋に開店!オープンはいつ?場所や利用料金は?

      2016/02/13

この記事の所要時間: 334

画像出典:bookandbedtokyo.com

「泊まれる本屋」が11月5日池袋の

ルミエールビル7階にオープンするそうです。

その名も「BOOK AND BED TOKYO」!

 

以前、このブログでもジュンク堂の

お泊まり企画を取り上げましたが、

あれは1日限りの特別イベント。

今回オープンするのは常時営業の

ホステル。

これはちょっとワクワクする

施設じゃありませんか?

スポンサーリンク

コンセプトは「泊まれる本屋」

 

「好きなことをしていたらいつのまにか

寝ちゃった」

そんな子供の頃のような眠りの瞬間を

体験できる場所。

コンセプトは「泊まれる本屋」だそうです。

 

本屋といっても本の販売はしませんが

まるで本屋で泊まるように本に囲まれて

好きな本を読みながら眠れる空間という

意味でのコンセプトです。

 

蔵書のセレクトは「本のある暮らし」を

提案するセレクトショップ

「SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS」

が担当。

日本語の本はもちろん英語の旅行ガイドまで

幅広いジャンルの書籍を収蔵。

最大3000冊収納可能だそうなので、今後も

増えることでしょう。

 

 

本に囲まれてってどこで寝るの?設備は?

 

寝る場所は本棚の中にベッドが組み込まれた

楽しい構造の「BOOK SHELF」タイプが

12床、本棚から離れた場所にある「BUNK」

タイプが18床あります。

hostel画像出典:bookandbedtokyo.com

上段の奥に人がいますね。

まるで本の巣です。

本棚の中に寝るなんて最高じゃないですか?

読み飽きたら這い出して来て、また新しい

本を選んで巣穴に戻ればいい。

まさに本の虫ですね。

 

宿泊空間はCOMPACT(80×205センチ)と

STANDARD(129×205センチ)の2サイズ。

トイレ・シャワールーム・洗面所は共同で

24時間使用可能。

wifiも完備。

 

利用料金はいくらなの?

 

【宿泊価格】

  • COMPACT:3,500円(税抜)/1泊
  • STANDARD:4,500円(税抜)/1泊

※ 土日祝日前日は1,000円追加

  • チェックイン:16:00
  • チェックアウト:11:00

 

気を付けたいのが現金での支払いが

できないこと。

支払いは以下のカードでのみ可能です。

  • クレジットカード (Visa・MasterCard・SAISON)
  • 交通系ICカード(SUICA/PASMO/etc)

 

また9日以降はデイタイム利用として

13:00~19:00まで1,500円(税抜)

での利用も可能。

この際には個室・シャワーは使えません

 

ちなみに予約はできないそうです。

ベッド数が多くないのでチェックイン時間に

早い者勝ちとなると終電を乗り過ごした時

などの利用は難しそうですね。

 

アクセス

 

BOOK AND BED TOKYO
〒171-0021
東京都豊島区西池袋1-17-7 ルミエールビル7階

  • コンビニ(Daily Yamazaki)徒歩1分
  • ドラッグストア徒歩1分
  • 外貨両替所徒歩2分 

わざわざ泊まりに行きたい魅力的な

サービスですね。

でもなかなか競争率が高そうだな。

これが人気が出れば類似のサービスも

全国各地登に登場するのではないでしょうか。

他所にお泊まりする感覚と本に囲まれた時間。

両方が体験できるステキな施設、

個人的には、もっと増えてほしいです。

 

 - これは便利!, なるほど