大分「シンフロ」動画がスゴイ!おんせん県の名物温泉の魅力が満載!

      2016/02/14

この記事の所要時間: 222

画像出典:http://onsenkenoita.com

以前宮崎県小林市の移住促進PRムービー

ンダモシタン小林」をご紹介しました。

映画のように美しい映像の中に

思いがけないユーモアのトリックがある

クオリティの高い映像でしたね。

しかし、それに勝るとも劣らない

地方の気概と底力を感じさせてくれる

ご当地ムービーを発見しましたよ。

 

大分県広報広聴課制作のどうがは

その名もおんせん県「シンフロ」篇です。

10月5日に公開してわずか10日で

65万回再生されたそうですよ。

 

スポンサーリンク

圧倒的な技術に支えられたバカバカしさ!

どーです?

最後は思わず一緒に拍手したくなりますよね。

演技をしているのはシンクロの五輪メダリスト

藤井来夏さん率いるプロチーム。

雑味を感じさせないバカバカしさを

支えているのは確かなテクニックなんですね。

しかし、1人用の風呂桶の場面では

絶対1回や2回は手をぶつけてるんじゃ

心配してしまいます。

 

こんな国際舞台級の演技をする彼女らに

なんら反応せず湯につかるおじさんも

とぼけたユーモアを出していて最高!

 

おかしな振り付けは国際的に活動している

振り付けユニットair:man。

特産品のカボスやシイタケなんかを

イメージした振り付けだそうで、

これも演技はちゃんとしてるからこそ、

とぼけた味わいが引き立つんですよね。

 

本来のどかなイメージの滝廉太郎の

「花」がアップテンポになって躍動感を

出しているなかに、面白い音がいっぱい

混じっていて楽しい!

これは大分に一本やられたって感じです。

 

メイキング――音のこだわり

大分中のいろいろな音を集めて作った

というサウンド。

聞いてしまえば「面白い!」と一言ですが、

作るには大変な手間がかかっています。

 

いい物を作るためには発想だけでなく

手間暇がかかるということですね。

 

もう道場破りみたいにどの県も自信作を

どんどんアップしてほしいです。

西諸弁が超トレビアン!二度見必至の “ンダモシタン小林”動画!

 

 - エンタメニュース, びっくり!