2015年紅白司会をタモリ辞退の本当の理由は?代わりは誰?あの人は?

      2016/11/18

tamori1
この記事の所要時間: 316

10月に入って間もなく、2015年第66回

紅白歌合戦の総合司会はタモリという

下馬評が流れていました。

 

これまでの実績、今年 「ブラタモリ」や

「NHKスペシャル」「タモリと鶴瓶」で

活躍していることを考えても納得のいく説で

世間もほぼその線で決まると信じていたと思います。

2015年【第66回】紅白歌合戦の総合司会者は誰?発表はいつ?下馬評は?

この記事の所要時間: 約 3分43秒

出典:LAUGHY 今年も10月に入ってしまいましたね。 今年も残すところ3カ月足らずとなりました。 そろそろ…

sugisaku39.com

実際、下馬評通りNHK からタモリには

確かにオファーがあったのです。

しかし、今日になってタモリがこれを

辞退していたことが分かりました。

 

芸能人にとって紅白の司会と言えば

晴れがましいオファーだと思います。

なぜタモリはこれを辞退したのでしょう。

 

スポンサーリンク

紅白総合司会辞退の本当の理由は?

 

表向きは「スケジュールの調整ができない

など複数の理由」と報道されていますが、

真実は別にあると多くの人が見ています。

 

ある記者によると

『笑っていいとも』が終了してからタモリは

婦人とゆったりした生活を楽しんでいる。

大晦日はゆっくりしたい。

という現在のライフスタイルを前提に

さらにその奥にある本音としてタモリの

NHKに対する不信感を指摘しています。

 

『笑っていいとも』や『ヨルタモリ』の

終了の際に慰留されても頑なに固辞したのは

フジテレビの番組製作に対する不信感が

あったと言われています。

 

すでに一定の地位や評価を築いている

タモリにとっては大きな仕事だからといって

つまらない仕事に関わる必要はない。

仕事に対するこだわり、納得のいく

クオリティの方が大切なのでしょう。

 

そういう視点から見ると昨今の紅白歌合戦は

かつてのように、お堅いながらも

NHKらしさが感じられる国民的な番組ではなく

かといってエンターティンメントに

徹しているわけでもない中途半端なもので

そこに関わる情熱を感じさせないのかもしれません。

追記:

21日の報道によるとタモリの所属事務所

田辺エージェンシーは、紅白総合司会登板の件を

事前に漏らさないよう、事前にNHKサイドに

強く要請していた。

しかし、実際にはこのブログでも話題にしたように

メディアでは内定が報道されていました。

その情報を漏えいしたのがNHK関係者だったと

分かり、田辺エージェンシー側が激怒して

降板に至ったというのが真の顛末のようです。

 

タモリがダメなら堺正章希望!

 

紅組・白組の司会ならまだしも総合司会は

単なる人気や話題性で選ぶわけには行きません。

 

すでに10月も半ばを過ぎたので相手の

スケジュール問題もあるし、何より司会の

経験が豊富でなければならないので

今となってはNHKのアナウンサーに

白羽の矢を立てるのではないでしょうか。

 

個人的にはタモリを期待していたのに

NHKのアナウンサーではちょっと残念かも。

堺正章だったら盛り上げつつも手綱は

きっちりとって務められる気がするんですけどね。

 

さて、どうなりますことか?

 - びっくり!, エンタメニュース