「新型おいはぎ」が多発!被害防止の対処法や犯人の特徴・手口など

      2016/11/18

shingataoihagi
この記事の所要時間: 334

 

東京の新橋あたりで酔った

サラリーマン男性を狙った犯罪が

多発しています。

 

警察が「新型おいはぎ」と名付けたこの犯罪、

中国人とみられる女性が色仕掛けで

近づいてきてクレジットカードで大金を

支払わされるというもの、具体的な

犯罪手口を見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

「新型おいはぎ」の犯人の特徴は

 

これまでの犯人はカタコトの日本語を話す

中国人とみられる女性。

すでに酔った男性を狙って

「お兄さん。もう一軒、もう一軒」

などと声をかけてくるようです。

 

「新型おいはぎ」の手口は?

 

「おいはぎ」と言えばいわゆる

道で出くわす強盗のこと。

脅して金品を奪い取る人のことを

いいましたが「新型おいはぎ」は

脅すことなく、いい気持ちにさせておいて

あなたのフトコロを狙う、その手口は

  • 酔った男性に中国人とみられる女性が
    すり寄ってきて店に誘い、後で店の
    場所を特定できないよう路地を
    ぐるぐると歩き回った後に店に入る。
  • 店に入るとさらに強い酒を飲ませて
    記憶をなくすほどに酔わせる。
  • 強い酒を飲まされて支払いの際に
    クレジットカードを女性に預けさせる。
  • 女性がコンビニのATMに誘導し現金を
    下ろさせる。
  • その際に暗証番号を盗み見て記憶し
    あとで勝手に引き出す。
  • 金額を入力した後に「0」を押して
    一桁大きい額を下ろさせる。
  • 被害に遭って警察に届けても被害者が
    酔っていたために店も覚えていない。
  • クレジットカードの決済端末は
    持ち運び可能なので領収書から
    店を特定できない。

女性が体を密着させてくるため男性は

悪い気がせず、また酔っているために

警戒心も薄れていいように操作されて

しまうようです。

そして店を特定できないため犯人を

捕まえるのは難しいのが現状です。

 

ターゲットとなる男性

 

これまで被害に遭っている男性は

  • 40代~50代
  • 出張社員
  • すでに酒に酔っている
  • 1人で歩いている

などの特徴があります。

もちろん、これ以外の男性が被害に遭わない

とは言い切れません。

 

被害に遭わないためには

 

まず大事なのは、こういう犯罪が

存在することを知っておくことです。

 

「酒に酔わなければいい、

繁華街で飲まなければいい」

とはいっても年末にかけて付き合いの酒も

多くなる時期、まったく飲まないわけにも

いかないでしょう。

 

そのためにはあらかじめこういう事態に

備える必要があります。

 

1.普段から、少なくとも飲む日には
  クレジットカードを持ち歩かない。

これなら被害に遭っても財布の中の
額だけで済みます。

2.飲んだ後繁華街を1人で歩かない。

しかし、これは今後グループで
仕掛けてくることも考えられます。

3.見知らぬ女が寄ってきても相手にしない。

4.相手がカタコトの日本語を話して

  言うことが分からなくても

  立ち止まって聞こうとしない。

 

ほろ酔い程度で声をかけられた時はまだ

意識があっても、体を密着させて

酒を勧められるうちに記憶をなくすほど

酒を飲まされてしまいます。

最初から相手にしてはいけません。

繁華街で見ず知らずの男に体を寄せてくる

女にロクな女はいないと肝に銘じましょう。

酒は飲んでも飲まれるな!

酔客を狙った犯罪は「新型おいはぎ」

ばかりではありません。

酒を楽しむのは悪い事ではありませんが

外で飲む際には常に頭の隅に警戒心を

持っておくことが大切ですね。

 

 - 中国ニュース, 社会ニュース