台湾の道で赤い封筒を拾うと死者と結婚?驚愕の奇習「冥婚」とは?

      2016/12/02

この記事の所要時間: 458

画像出典:chinatimes

15日放送の「クレイジージャーニー」で、

台湾に伝わる驚愕の奇習――冥婚

紹介されました。

 

台湾の道に落ちている赤い封筒をうっかり

拾ってしまうと、亡くなった女性と

結婚させられてしまうという恐ろしい奇習。

今でもそんなことがあるのでしょうか?

その具体像に迫ってみましょう。

 

スポンサーリンク

なぜ「冥婚」の習慣があるの?

 

台湾の民間には独身のまま娘が亡くなると

家族はお金を入れた赤い封筒を道に置き、

これを拾った男性と亡くなった娘を結婚させる

という風習があります。

 

台湾の漢族は父系社会で未婚の娘は

一族を祭る祠堂には納められません。

なぜかというと両親が世を去って

代替わりすれば一族として子孫の

供養を受けられないため。

なので特別な祭祀を執り行わないと

悪霊になると信じられているためです。

 

そのため未婚の娘を専門に祭る姑娘病に

遺骨を納めて祀るか、生きている男性と

結婚させるかのどちらかの手段で

娘が悪霊になるのを防ぐというわけです。

 

娘の享年が14歳以上なら、すぐに

結婚させますが、満たない時には

14歳になるのを待って結婚の儀式を

執り行います。

 

赤い封筒は道に置くといっても

堂々と置くわけではなく木陰など

日の当たらない場所に置くそうです。

 

赤い封筒を拾ったら必ず結婚させられるの?

 

赤い封筒の中には生年月日を書いた物や

髪の毛、写真、髪のお金などが入っています。

拾えば婿候補となりますが、

拾ったからといって必ずしも

結婚させられるわけではありません。

 

まず、拾ったのが既婚の男性であれば

花婿にはなれません。

 

また娘本人が男性を気に入らなければ

花婿にはなれません。

どうやって娘の意向を聞くかは

占いで判断されます。

 

占いの結果娘の意向に沿わないとなると

男性はお祝い金を赤い封筒に入れなければ

ならないそうです。

後の候補者との縁組が決まった時の

お祝いという名目での香典みたいなものですね。

 

他の女性とは結婚できなくなるの?

 

もし男性が独身で娘さんの気に入れば

結婚ということになるわけですが、

あの世の人を花嫁にしてしまえば

もう一生結婚はできないということ?

 

旧社会では男性が妻を数人持つことは

非難される行為ではありませんでした。

また、あくまで亡くなった人を重んずる

儀式としての性格が強いからでしょう。

冥婚の儀式を執り行ったとしても

別の女性と結婚することは構いません。

1050年代にはまだ盛んに行われていた

ようなので、法的な婚姻ではないのでしょう。

 

ただ結婚したからには自分の妻として

娘の位牌を預かり一族の一員として

供養しなければなりません。

 

これは台湾だけでなく、中華圏の習慣です。

もともと中国大陸から台湾に移った漢族の

習慣が残ったもの。

 

 

婿としての責任をどこまで果たすかは

台湾と中国大陸、国内でも地域によって、

あるいは時代の流れで多少の変化が

あります。

 

旧時代には必ずしも恐怖ではなかった

 

中華圏の習慣としてお年玉から結婚祝いまで

お祝い金はどれも「紅包」と呼ばれ

赤い封筒に入れます。

つまり赤い封筒が落ちていればお金が

入っている可能性は大。

冥婚の風習を怖れるため、道に赤い封筒が

今は落ちていても拾う人はいないとか。

 

しかし社会全体が貧しかった頃には

道に赤い封筒が落ちていれば

男性が争って拾ったものだったそうです。

 

冥婚によって男性は遺族から婿として

金銭や土地がもらえるだけでなく、

神仙を妻とすることで運気がよくなる

とする考えもあったためです。

 

現在では道に赤い封筒が落ちていると

自分で拾わずに警察に通報したり

する事が多いようです。

 

「若い警官が現場に駆け付けたものの

拾うのを躊躇した」とか、

「勇気を出して拾ったら生きた人間の

落とし物で人助けになった」とか、

「拾った赤い封筒に大金が入っていたけど

怖くて使えず結局警察に届けた」

なんて話題が台湾ではちょくちょく

ニュースになっています。

 

実際には現代で冥婚のために赤い封筒を

置くケースはごく少ないようですが、

中国・台湾のサイトを見ると

「田舎ではまだある」

と言われています。

もし台湾で赤い封筒を落ちているのを

見かけたら拾わない方が無難でしょう。

あるいは持参金目当てに拾ってみます?

中国のバレンタインが成金すぎる!ロマンチックと実益の二本立てがミソ!

国家試験の組織的カンニングで懲役7年?中国のカンニング事情に驚愕

中国で執事養成学校が人気!学科の内容は?学費は?需要はあるの?

 

 - 世界の不思議・怖い話, 中国ニュース, びっくり!