サラ・オレインは1/fゆらぎの歌姫!絶対音感と3オクターブの音域の美声

      2016/06/13

Sarah Àlainn
この記事の所要時間: 646

画像出典:http://blueleslie.pixnet.net

9月12日に京都の御寺 泉涌寺で開催された

音舞台」で石丸幹二と『オペラ座の怪人』

のナンバーから名曲

「オール・アイ・アスク・オブ・ユー」を

デュエットしたサラ・オレイン

この舞台は10月11日深夜0:30から

TBS系で全国放送されます。

 

本当に彼女の声の美しさはスゴイですよね。

「美しい声」の概念は人によって、また

状況によって多少違うかもしれませんが。

 

ハリがあってよく通る透明感のある声だけが

美しい声とは限りません。

つぶやくようにとつとつと歌う歌が心に

しみる時もありますし、コブシや

かすれた声にも独自の魅力があります。

 

サラ・オレインの声は正統派の美しい声。

透明で澄み渡るような彼女の声は

誰が聞いても美しいと感じるのでは

ないでしょうか。

彼女の声を心地よく感じるのは

秘密があるようです。

 

スポンサーリンク

サラ・オレインプロフィール

 

生年月日:1986年10月8日

出身地:シドニー

国籍:オーストラリア

学歴:シドニー大学

職業:歌手、バイオリニスト

作詞家、作曲家、翻訳家

言語:英語、日本語、イタリア語

読み書きはフランス語、ラテン語

レーベル:ユニバーサルミュージック

 

外交官の父と日本人で声楽家の母の間に

生まれる。

5歳からバイオリンを始め、専門家に指示。

14歳から声楽も始める。

数々の音楽コンクールで賞を獲得。

大学ではイタリア語を専攻し、音楽は

第二専攻として学んでいた。

 

大学在学中、2008年に世界で25人の

特別な交換留学生に選ばれ東京大学に留学。

日本での1年半の留学期間にゲーム音楽の

作曲家・光田康典と知り合い、彼の

スタジオでレコーディング。

 

シドニー大学を主席で卒業後2012年に

メジャーデビューし、歌手として

バイオリニストとして、翻訳家として

マルチな活動を展開している。

 

「関ジャニの仕分け∞」でMay Jを下す

 

世間の皆さんが大好きなハーフですね。

最近ハーフタレントの日本での活躍が

目覚ましいです。

それだけ日本は魅力的な市場になった

ということでしょうか。

サラは容姿も美しいし、シドニー大学を

主席卒業ですから頭脳も明晰。

語学の能力も高いのは耳がいいせいでしょう。

絶対音感があるそうですし、耳のよさは

音楽や語学が上達する重要な要素ですから。

 

2014年にテレビ朝日系「関ジャニの仕分け∞」

の歌唱力対決で実力派シンガーMay Jを下し

話題になりました。

この対決に関してはレベルの高い戦いですし

好みもあるし、いろいろな意見があると

思いますが、低音から高音まで声帯に

ストレスがかかっていないのは明らかに

サラ・オレインでした。

実際に彼女を声を聞いてみてください。

フィギュアスケートの羽生結弦選手が

エキシビションの演技で、彼女が歌うこの曲

「The Final Time Traveler」を使った

ことでも話題になりました。

その実力から着実にファンを増やしつつあります。

 

1/fゆらぎ 」を持つ声

 

2014年、日本音響研究所で彼女の声の

音声分析をしたところ、「1/fゆらぎ 」

を持つことが明らかにされました。

 

1/fゆらぎとはパワー(スペクトル密度)

周波数fに反比例するゆらぎのこと

 って何のことかわけが分からないんですが

規則正しい音とランダムで規則性がない音

の中間の音で人を心地よくしたり

癒したりする効果があると言われています。

 

美空ひばりや松任谷由、美徳永英明、吉田美和

MISIA、Liaなども1/fゆらぎを持つと

言われている歌手です。

 

随分前から癒し効果がうたわれている

「f分の1ゆらぎ」ですが科学的に効果が

証明されているわけではないそうですが

彼女の声を聞くと体の深い部分にまで

浸みこんでいくような感覚を覚えるのは確かです。

3オクターブの音域とアスリートのような声帯

 

サラの声を調べた日本音響研究所の代表

鈴木創氏は彼女の声を

 抜群に安定した発声ができており、

音声波形が定規で書いたように

まっすぐに伸びる。

一般の人は声を伸ばそうとすると

肺からの空気や声帯の揺れで震えてしまい、

どうしても真っ直ぐに伸びないが、

サラの声は非常に安定的に

コントロールされている。

これは相当な訓練を必要とするものであり、

プロの歌手でも稀なレベル。

例えればまるで「アスリートのような声帯」

と言える。

その安定感はまるで楽器のようだ。

と評価しています。

音域が狭いとどうしても自分の音域の限界に

近い高音域と低音域は音程も不安定になるし

力づくで歌いがちですよね。

彼女の場合にはそういう無駄な力がまったく

感じられません。

パワフルに歌う時もいっぱいいっぱいで

張り上げるのではなくあくまでも表現として

コントロールされている感があります。

 

もちろん低音から高音へのチェンジの位置も

まったく気になりません。

 

音域があること=歌唱力ではありませんが

同じ歌唱力を持つなら音域があるほうが

幅広い表現ができるのは当然です。

さらに彼女は絶対音感の持ち主でもあるそうです。

 

 表現者としての彼女の歌に期待!

 

機械のように正確に音階を認識し、また

3オクターブに渡って、その音を正確に

発声する能力を持つ。

しかも声帯はアスリート並でささやくような

表現も、強く歌い上げるのも自由自在。

 

発声する楽器=身体の条件としては

最高のものを持っているサラ・オレイン。

しかし、彼女の歌い手としての真価は

そこではないと思います。

 

彼女をすばらしい歌手たらしめているのは

彼女の頭の中にあるイメージやニュアンス。

表現できる体があっても表現したいものが

なければ芸術にはなりえませんよね。

 

持ち声がいいことは歌手にとって大きな

強みですが、それを最大に生かせる表現を

生むのは歌い手の想像力にして創造力。

 

もちろん、この面から見ても彼女には

大いに期待できますよね。

ますます注目していきたいです。

翠千賀が嫌い・性格悪いと話題に!アンチが多いけど歌の実力は?

半崎美子の歌が心に染みる!くじけそうな時に聞いてほしい!

澤田かおり:ハモンの母親はあの女優!父親は?出身校や結婚相手は?

イル・ディーヴォ:イケメンたちの名前や国籍が知りたい!来日情報は?

林部智史のボイトレが受けたい!タトゥーの画像や経歴も気になる!

 - エンタメニュース, 音楽