バーニングサン事件で暴行したのは崔順実(チェ・スンシル)の甥?YGも政界と癒着?

   

この記事の所要時間: 61

スンリ(V.I) のクラブ、バーニングサンの出資者の1人で重要人物とされる林夫人(リムサモ)探しに夢中になっていましたが、3月22日に開催された韓国国会全体会議で、“共に民主党“の呉怜勲(オ・ヨンフン)議員が、かなり突っ込んだ発言をしていました。

一連の事件の発端とも言えるバーニングサン暴行事件の暴行者が前朴槿恵(パク・クネ)政権に干渉した影の人物、崔順実(チェ・スンシル)(改名後はチェ・ソウォン)の甥だというのです。

政界とYGの癒着も指摘して、なかなか冒険野郎です。

発言の内容を見てみましょう。

 

Sponsored Links

バーニングサン暴行事件の最初の暴行者は崔順実(チェ・スンシル)の甥?

呉怜勲(オ・ヨンフン)議員が述べたのは以下のような内容。

「今回のスンリのバーニングサン事件を通してYGエンターテインメントと朴槿恵(パク・クネ)前政権のつながりがよく理解できた。

クラブの客キム氏が女性を助けようとして逆に暴行を受けたバーニングサン暴行事件で、最初に暴行行為をしたのは徐(ソ)という人物で崔順実(チェ・スンシル)の甥。

過去に金学義(キム・ハクウィ)が検察長の職に就いていた時期に法務部の宣伝大使を務めていたことや、過去の麻薬類密輸事件もYGとパク・クネ前政権の癒着でつながった。

YGとパク・クネ前政権の関係を積極的に調査して欲しい」

 

先日の文在寅大統領の指示を念押しするかのような意見ですね。

徐(ソ)某は崔順実の妹・崔順天の息子です。

チェ・スンシルの姪は徐○○で名前が確認できましたが、甥の名前は不明です。

 

オ・ヨンフン議員の発言に対し朴相基(パク・サンギ)法務部長官は、

「現在の段階で犯罪の程度を決めてかかるのは不適切だ」と回答。

スポンサーリンク

Sponsored Links


YGエンターテインメントと崔順実(チェ・スンシル)はつながっている?

またYGと崔順実の間に交友関係がある証拠として、以下のような例を挙げています。

「2016年崔順実の政治干渉が明るみに出た際にはYGエンターテインメントにも疑惑がかかっていた。

起訴されたチャ・ウンテク監督や朴槿恵政権時代の趙允旋(チョ・ユンソン)文化体育観光部長官は文化人ブラックリストを作成していたとして禁錮2年の実刑判決を言い渡されている。

彼ら同様にYGの梁鉉錫(ヤン・ヒョンソク)代表の弟、梁珉錫(ヤン・ミンソク)は文化興盛委員会の第一期委員だったが、YGは何事もなく現在に至っている。

さらに、チョ・ユンソンの長女はYGの実習生になっている。

金学義(キム・ハクウィ)はパク・クネ前政権時代に法務部次長に昇任したものの、性的暴力や性接待を受けた疑惑で7日で退任した。

これまでに30人以上の女性が被害を訴えており、在寅(ムン・ジェイン)大統領も徹底的な調査を指示しているが、キム・ハクウィ元法務部次長は2NE1(トゥエニィワン)のメンバー、パク・ボムの麻薬類密輸事件にも関わっている。

大企業の一般職員がパク・ボムのように麻薬を密輸したら、通常は逮捕勾留されるだろう。

しかしパク・ボムの事件は50日で結審している。

当時、キム・ハクウィ氏は仁川検察庁検察長で担当検察官の1人だった。

キム・ハクウィ氏が検察長時代にはYGのBIGBANGと2NE1がそれぞれ法務部の宣伝大使を務めている。

つながりがあると感じて当然だ」

スポンサーリンク

Sponsored Links


パク・ボム麻薬類密輸事件

ちなみにパク・ボム麻薬類密輸事件とは、2010年にアンタフェミンを密輸しようとして仁川空港税関で摘発された件のこと。

その後、YGのヤン・ヒョンソク代表が

「ボムは精神的な病でアメリカの大学で処方されるアンフェタミンを飲んでいた。

それを、韓国では禁止されていると知らずに郵送してもらった」

と説明し、病気治療のためでアメリカでは合法でも韓国で違法とは知らなかったということで立件猶予。

つまり逮捕も勾留もされずに済んでいます。

「知らなかった」で逃れるのはYGの常套手段でしょうか。

 

金学義(キム・ハクウィ)性接待疑惑

2013年、キム・ハクウィ氏が法務次官になったばかりの頃、

「2009年頃に性接待をさせられた」

という女性が名乗り出た事件です。

建設業者のユン氏が便宜をはかってもらうために高官らを別荘に招き性接待を提供。

さらには行為を撮影し、それを恐喝のネタにしていた疑いもあるという事件でした。

しかも単純な性接待ではなく、強姦、監禁、虐待、薬物使用などの容疑もあるようです。

キム・ハクウィ氏は接待を受けた事実はないと否定しましたが、すぐに退任しています。

スポンサーリンク

Sponsored Links


チェ・スンシルの甥という確証はないらしい

ただ、オ・ヨンフン議員の発言を聞いて「国民日報」がバーニングサン暴行事件でクラブと警察の癒着疑惑を訴えたキム・サンギョ氏に確認したところ、答えは以下のとおり。

「私を殴った人間は2人いた。徐ではないと思う。1人はキムだった。

でも当日の2人は、とてもよく似た格好をしていた」

殴られた被害者に聞いても顔見知りでもなければ名前なんて分からないと思うのですが…。

一方、問題のチェ・スンシルの甥、徐(ソ)某は

「バーニングサンには行ったこともない」

としてニュースに名前を出されたことに対しても

「法的措置を取るかどうか弁護士と相談する」と強気の構え。

そこで記者が再度、オ・ヨンフン議員の事務所に電話で取材したところ、

「恐らく徐(ソ)某であろうという推測」との回答だったとか。

 

お、おい。それは、ちょっとまずいのでは……。

もちろん、本人であっても「はい、それは私です」と言うはずはないですけどね。

スポンサーリンク

Sponsored Links


スンリは政界との関係を否定

スンリは「朝鮮日報」の取材を受けた際に以下のように話しています。

「チェ・スンシル、キム・ハクウィ、黄教安(ファン・ギョアン)とBIGBANGの関係図を見たことがある。

自分は一介の芸能人で、そんな人物とはまったく面識がない。

事件が政治にまでつなげられて、とても怖いと思っている」

(※ ファン・ギョアンは元大統領権限代行、前国務総理)

オ・ヒョジュン記者はインスタグラムで、カンナム区のクラブの頂点にいる影の人物は政界――チェ・スンシル勢力の残党に関係があると指摘していますが、やっぱりそうなのでしょうか。

スンリ事件の背後に崔順実(チェ・スンシル/チェ・ソウォン)勢力の存在か?自殺や火災・失踪に脅迫の影?

恐らく、報道されなくても分かっていることはたくさんあるのでしょうね。

あとはそれが、どこまで表に出るのかというところでしょうか。

 

★スンリ事件の記事を以下のページに集めました。↓

スンリ(v.i)事件の記事まとめ~更新中

スポンサーリンク

Sponsored Links


 - 韓流


Translate »