SBS「それが知りたい」でスンリ事件に新事実?チ・チャンウクがとばっちり!

   

この記事の所要時間: 759

3月23日、韓国SBSの長寿番組「それが知りたい(그것이 알고싶다)」でスンリ(V.I)ことイ・スンヒョン容疑者の最新の情報が放送されました。

これまでに報道されてきた内容もありますが、さらに深い情報や、新たな情報なども報道され話題となっています。

私自身はこの番組を見ていませんが中華圏でまとめられていたものをご紹介します。

あくまでSBS「それが知りたい」の主張とお考えください。

 

Sponsored Links

チョン・ジュニョンのカカオトーク記録を告発したのはカン・ギョンユン記者

これまでにも報道されていますが、チョン・ジュニョンのカカオトーク記録を最初に告発したのは女性記者カン・ギョンユンさんだったと改めて報道されました。

カン・ギョンユン記者はカカオトークの背後にある事情を2年間もかけて調査してきたそうです。

 

スンリはバーニングサンを性接待の場としていた

これまでに報道されている性接待を思わせる会話について以下のように報道しています。

 

スンリは投資者の接待のためにバーニングサンを性接待の場としてきた。

スンリのカカオトーク記録によると、2015年のクリスマス前の1か月、スンリはグループトークでクラブのリウ代表と日本人経営者を接待する会話をしています。

スンリ:明日は日本のA会長が来るから特別に十分な準備が必要だ。

A会長の顧客たちも来るから顧客のためだけの用意も必要だ。

得たものの100倍使って彼らにお返ししてやろう。

リウ代表:日本の客たちには、また来たくなるような準備をしよう。

知り合いの女を全部呼べ、

クラブに女が1人もいなくなる程度にだ。

番組では接待された日本の経営者がKRHの代表であると示唆。

スンリ(V.I)ことイ・スンヒョンが日本のKRH株式会社に性接待か?日本へ売春斡旋疑惑も

また以下は、日本人を接待した次の日の劉代表はトークグループの中の1人の会話

リウ代表:アニキにプレゼントを持っていく。

○○○:日本人を接待して余った女?

キム・○○:日本人に付いていったのは6人だから、たくさん残ってる。

スポンサーリンク

Sponsored Links


一部の警察はスンリのクラブの株主である

スンリ自身は警察との癒着も贈賄も否定していますが、これまでにバーニングサンが不適切な行為をもみ消すためにカンナム警察に金銭を贈った事実があることは、すでに明らかになっています。

今回、番組では警察との関係の新たな情報が報道されました。

一部の警察官はスンリのクラブの株主であるということ。

確かにクラブがもうかればリターンがあるわけなので、本当なら大株主であるほど癒着度は高くなりそうです。

韓国国民の関心が一番高いのは警察との癒着問題だそうで、番組でもこの問題を扱った部分が一番視聴率が上がったそうです。

 

女優もクラブの性接待に関与している?

番組では一部の女優がスンリのクラブで性接待に関与していたと報道。

ヨン・ジュヒョンがカカオトークで以下のように話していることを根拠としているようですが、日常的な会話なのでこれだけでは何とも言えません。

「なんで女優たちはオフになると、すぐニューヨークとか海外旅行に行くんだ」

ただ番組では背後でつかんでいる情報があるのかもしれません。

スポンサーリンク

Sponsored Links


スンリがメディアを批判「プライバシーの侵害」

また番組では、スンリが番組の制作宛てに送ったというメールが紹介されました。

これまでの報道も含めて、個人の携帯情報の公開は不当。報道は記者や弁護士の売名行為のためにデタラメをでっちあげている」と激しく非難しています。

現在の私はこんなことを言える立場ではないが、今回のことは犯罪で犯罪に火をつけた事件だと考えている。

個人の携帯内の情報を勝手に公開し、堂々と社会のための告発だとしてメディアと組んで世論を扇動した。

無名の弁護士が取材を受け、自分が国民権益委員会告発者に告発したと明かした。

国民権益委員会は本来、告発者を保護するはずだが表立って取材を受けている。

芸能記者がSBSのニュース番組に出演したが資料のソースさえ明確に説明しない。

これらの連中は自分の名前を売るために内容の真偽を確かめずに報道をしている。

私は所属事務所に管理されているため、自由に反論したり、メディアに対して直接コメントしたりできない。

何が正しくて何が間違いだと主張するような力を持たない。

だからこそ、この点を悪意で利用されていることは、よく分かっている。

 

林夫人はスンリの有力な投資家

「林夫人(韓国語で『リンサモ』)と呼ばれる女性は台湾のセレブでバーニングサンに投資していた1人として、これまでにも報道されていました。

スンリがフィリピンで開いた豪勢な誕生日パーティーにも招待されたと言われている人物です。

改めて彼女がスンリの資金的な支援者の1人であると以下のように指摘しています。

 

林夫人はバーニングサンの20%の株式を保有する投資家で過去にはスンリのクラブで2人分2億ウォンのアルコール付きコース料理を頼んだこともある

夫は台湾の内閣高官。

番組では林夫人をスンリが世界各地でパーティーを開く際に支援してきた。

その内にはこれまでに指摘されているような乱交パーティーもあった。

スンリがクラブで違法行為を行う裏には、もっと多くの投資家がいたのではないか。

 

番組では写真も入手し、夫の身分も明かしているので林夫人の正体は特定しているわけです。

しかし「明かせない」として、あくまで写真もモザイクをかけて紹介し、「林夫人」も本人の姓が林なのか、夫の姓が林なのかは明らかにされていません。

本人というより、夫の台湾高官が実力者なんですかね。

裏街道の方々ともつながりがあるという報道もあります。

ちなみに中華圏では「林夫人」であろうという人物のウェイボーアカウントがすでに特定されています。

確かに「BIGBANGのコンサート、スンリがVIPルームの招待券くれた」というコメントやBIGBANGはじめ韓流スターとの写真が何枚もアップされ、ミラノのファッションウィークでシャネルやフェンディのショーを楽しむセレブであることが分かります。

2018年1月13日の「VIPルームで喫煙」とタバコを吸いながらコンサートを鑑賞していることをアップしたのを最後に更新されていません。

台湾の芸能人とも交友があり、今回の事件で名前が上がっているダレン・ワンやコー・チェントンとも交友があるようです。

スポンサーリンク

Sponsored Links


チ・チャンウクがとばっちり

ちなみに今回の番組の中では林夫人の写真が出たましたが、それはチ・チャンウクとのツーショット。

林夫人自身の顔にはモザイクがかかっていましたが、チ・チャンウクの顔はそのままで公開されました。

番組の中では明確にチ・チャンウクの名を出してはいませんが、顔が出れば彼自身なのは明白なため、ファンは「彼にも関係が?」と騒然。

ネット上では「イ・ジョンヒョンと仲がいいからもしや…」という声もあるものの、チ・チャンウクの所属事務所グロリアス・エンターテインメントはただちに関係を否定。

24日になってSBSの番組側は「チ・チャンウクはバーニングサンから始まる一連の事件には無関係」という立場を示しました。

「林夫人は多くの芸能人と交友があるという事実を示すために芸能人とのツーショット写真を選んだだけで、番組では他にもサッカー選手のクリスティアーノ・ロナウドを使用しているが、決して彼らと事件への関与を示唆するものではない」

というのが制作側の説明です。

ただC.ロナウドとのツーショットではロナウドの顔にもモザイクがかけてあったのに、チ・チャンウクの顔にはモザイクがかかっていませんでした。

これに関しては、

「C.ロナウドの写真が出た際には画面に“クリスティアーノ・ロナウド”のテロップを出していた。

つまりモザイクも必要なかったわけで、ロナウドの顔にモザイクをかけたのは番組のミス。

チ・チャンウクの顔だけを意図をもって出そうとしたわけではない」

まあ、制作現場がバタバタであることは想像が付きますが…。

韓流スターであることで、ファンが敏感に反応してしまったというのが現実のようです。

 


 

芸能人は頼まれれば初対面でもファンとでも笑顔でツーショットを撮る機会が多いと思いますし、一概に相手との親密な関係であるとは言えない気がします。

これまでにも中華圏のダレン・ワンやファン・ズーミン、コー・チェントン、チェン・ボーリンほか何人もがバーニングサンでの写真や、事件関係者とのツーショットが出て騒がれています。

ファン・ズーミン、コー・チェントンは前科があるので疑いたくもなりますが、ツーショットでは何とも言えず「とばっちり」の可能性も高いでしょう。

 

★スンリ事件に関するすべての記事を以下に集めました。↓

スンリ(v.i)事件の記事まとめ~更新中

スポンサーリンク

Sponsored Links


 - 韓流