「孤独のグルメSeason5」第4話台湾篇・宜蘭県ロケ地とグルメ情報!

      2016/02/14

この記事の所要時間: 535

大人気の『孤独のグルメ』いよいよ海外進出。

Season5の4話・5話の舞台は台湾です。

 

井之頭五郎が来春パリで開催される

アジア物産展の企画ブレーンを任され、

生まれて初めて台湾を訪れるという設定。

 

台湾版『孤独のグルメ』(孤独的美食家)で

主人公の伍郎を演じている趙文瑄

(ウィンストン・チャオ)も出演し、

2人の食事シーンもあるそうです。

kodokunogurume偶然同じ店に居合わせるというシチュエーションでしょうか。

 

10月23日放送の第4話では五郎が

向かうのは宜蘭県。

宜蘭は台北から電車で1時間半。

気軽に行ける距離ながら豊かな自然に

出会える人気の観光地です。

 

私がゲットした情報によると今回

五郎さんが立ち寄るのは

  • 国立伝統芸術センター
  • 礁溪溫泉公園
  • 羅東駅
  • 羅東夜市
  • 中山公園など

スポンサーリンク

台湾宜蘭県でのグルメ・ロケスポット

 

国立伝統芸術センター内「柑仔店」糖葫蘆

ganzidian画像出典:又見鳶尾

国立伝統芸術センターは布袋戯や国劇、

民族音楽や工芸技術などの保護・伝承

発展のための施設。

 

広い敷地内に2館の展示館、戯劇館

3つの伝習街、民芸街、臨水街

文昌祠などのスポットがあります。

 

伝統劇の公演を見たり、工芸を体験したり

老街とよばれる旧時代を再現した街並みを

歩きながらおいしい物や伝統芸術に

触れることができます。

12106955_10150576011204975_240204790278158708_n

街並みを利用して映画のロケが

行われたりもします。

 

道の両脇には街並みのイメージを崩さない

たくさんのお店が並んでいます。

 

その中の1つ柑仔店。

店頭で糖葫蘆やラムネを売っています。

五郎さんはこの糖葫蘆を食べるようです。

ganzidian1

やはり台湾は日本の植民地時代があるため

日本的なニュアンスが残ってるんですよね。

店内には日本人も懐かしく感じるような

駄菓子などが満載です。

 

糖葫蘆って何?

糖葫蘆とは果物を串刺しにして

アメがけした物です。

伝統的にはサンザシをみたらし団子のように

いくつも串刺しにしたものを言いましたが、

最近はミカンやバナナ、キウイ、イチゴ、

山芋やクワイなど様々な素材を使った物があります。

tanghulu1

伝統的で一番ポピュラーなサンザシ飴は

日本で言えばリンゴ飴に似た味ですが、

もっと酸味があるのと小さくて1つずつ

食べやすいことから、子供から大人まで

大好きなお菓子。

見た目もルビーのようにきれいなんですよ。

 

国立芸術伝統センター「茶裏王文化故事館」宜蘭茶

 

ここはいろいろな種類の中国茶を味わえる

だけでなく、お茶に関する知識を知ったり

お茶作りの体験をしたりもできる

茶文化テーマパークといっていいでしょう。

chaliwang

ここで五郎さんは宜蘭茶を飲むと見られます。

宜蘭の茶生産の歴史は古く上質の茶葉を

生産してきたものの、あまり知られていません。

他の名産地の茶加工の下請け地として、

地産茶葉のプロモーションを積極的に

行ってこなかったのが原因のようです。

 

宜蘭茶の中でも特に上質なのは

  • 大同郷玉蘭茶
  • 三星郷上將茶
  • 冬山郷素馨茶
  • 礁溪郷五峰茗茶

五郎さんもこの辺りを賞味すると思われます。

宜蘭茶の中でも冬山産のお茶がピカイチ

という口コミもあります。

 

葱餡餅

 

三星葱は宜蘭県の名産品。

宜蘭には三星葱文化館というネギの

テーマパークまであるほど力を入れている

地域ブランド野菜です。

sanxingcong画像出典:三星葱文化館

ちなみにこの文化館では各種ネギ料理の他に

ネギ風味のアイスクリームまであるんですよ。

 

宜蘭県を訪れたならやはり食べたいネギ料理。

特に三星葱を使った葱餡餅は人気の軽食です。

「餅」日本語でいうもち米のモチではなく

小麦粉を練った生地で作るお焼き的な物。

葱餡餅はその具はネギの物を言います。

葱餅、葱油餅という呼び方もあります。

 

五郎さんがどこの店の葱餡餅を食べるかは

不明ですが地元で人気の店をご紹介。

 

宜蘭県 何家三星葱餡餅

congxianbin1小さな屋台に人が群がっています。

congxianbin3その場で作ってその場で熱々を食べる

 

congxianbin2画像出典:http://zine1215.pixnet.net
柔らかなネギがぎっしり!

 

羅東夜市

 羅東夜市b画像出典:sunspring-resort.comp

ここでも羅東名物・三星葱餡餅が食べられる

店は何軒もあります。

 

礁溪温泉公園

jiaoxiwenquan 画像出典:smart live

これも日本文化が根付いているからか

台湾各地には温泉がたくさんあります。

その中の1つ礁溪温泉公園は森林公園の

中にある日本式の温泉で、足湯だけなら

無料で楽しめます。

もちろんどっぷり浸かれる温泉もありますよ。

 

中山公園

中国革命の指導者であり、台湾の父と

呼ばれる孫文を記念した公演です。

中山は孫文が自分で付けた号。

孫文が日本に亡命していた頃、日比谷公園の

近くに中山家という邸宅があり、その家の

表札が気に入って自分も中山を名乗るようになったとか。

 

ここには日本統治時代には宜蘭神社公園と

呼ばれていた場所で、今では神社は移転し

名前も中山公園に変わっていますが

公園内には忠霊塔、獻馘碑、日軍通信中心

の3つの旧日本軍の遺跡があります。

国外でも大人気の『孤独のグルメ』が

台湾でロケをするとあって、今回の台湾篇は

中国語圏でも大きな話題になっています。

今後も世界各地に飛び出してほしいですね。

「孤独のグルメseason5」第5話台湾篇のロケ地とグルメ情報!

 

 - 中国ニュース, エンタメニュース,