スンリ事件の背後に崔順実(チェ・スンシル/チェ・ソウォン)勢力の存在か?自殺や火災・失踪に脅迫の影?

      2019/03/17

この記事の所要時間: 739

元BIGBANGのスンリ(V.I)ことイ・スンヒョンの事件が拡大し続けています。

芸能界を揺るがす大事件ではありますが、これはまだ氷山の一角。

スンリが関わるクラブにまつわる汚職や違法な活動が存在を最初に報道した韓国のオ・ヒョジン(오혁진)記者は、事件の背後には朴槿恵(パク・クネ)前韓国大統領時代の陰の実力者と言われた崔順実(チェ・ソウォン)氏(改名前:チェ・スンシル)の勢力が存在し、芸能界だけでなく政界、ビジネス界にまで複雑に入り組んだ事件だと主張しています。

しかも影の存在が大きいゆえに、事実の報道には脅迫や死の脅威さえ付きまとっているもようです。

 

Sponsored Links

スンリ事件の最初の報道者オ・ヒョジン(오혁진)記者

オ・ヒョジン(오혁진)記者は今年2月、スンリが関わる江南(カンナム)のクラブ、バーニングサンの違法行為を暴いた記者です。

韓国証券新聞政治社会部の記者であり、市民参加型のインターネット/ニュースサイト「OhmyNews」の市民記者。

そもそも芸能記者ではなく報道経験4年の政治記者です。

スンリ個人をマークしていたわけではなく、財閥や政界の人物を取材し、多くの野党議員と接触する中でカンナムのクラブの情報を得て、クラブの店員の趙某がキム・ウシン議員の娘婿に薬物を提供した人物であることを報じるに至りました。

オ・ヒョジュン記者は4日にインスタグラムに投稿し、スンリ事件の背後にある政界から財界・芸能界までを巻き込む闇を追う記者たちが闇の存在に命の危険にさえさらされていることをにおわせました。

 

警察官の不可解な事故や自殺は消されたのか?

バーニングサンに限らずカンナム一体自体がグレーゾーンで、2010年には一帯の店を調査をしていた李姓の警察官が謎の死を遂げています。

李さんは調査結果を釜山の関係部署に提出しようとしていた際に交通事故に遭い、永同(ヨンドン)医院に運び込まれました。

しかし、トイレに行くと言って点滴を抜いて姿を消し、しばらくして病院から離れた場所のため池で遺体となって発見されました。

警察は恋人との間に存在した問題による自殺で死因は溺死と発表して、早々に捜査を打ち切ったものの。李さんの家族や恋人は自殺するような問題は存在しなかったと主張。

さらに不可解なのは李さんの身長は175センチでしたが、ため池の深さは150センチしかなかったそうなのです。

また検視の際には首を締められたような痕跡も確認され、ため池で溺死したはずなのに肺に入った水には海水にしか存在しない微生物が存在したとのこと。

通常、事件の捜査は警官が2人ひと組でするところ、李さんは1人で調査していたのも警察自体に自分の動きを知られないためではないかと考えられています。

今となっては、事実は確かめようもありません。

スポンサーリンク

Sponsored Links


朴槿恵大統領事件でも、報道のもみ消し?

朴槿恵(パク・クネ)前韓国大統領の一連の事件では、朴槿恵(パク・クネ)前大統領も崔順実(チェ・スンシル/チェ・スウォン)氏も昨年実刑判決を受けましたが、韓国メディアは2015年にすでに汚職を追っていました。

当時、韓国の記者がネット上に「政治家と大物企業家の子供が薬物取り引きに関与している。また彼らは芸能人と親密な関係を持っている」という趣旨の文章を発表し、その中で「彼らは違法な薬物売買をする者とカンナム一帯で接触している」とも主張していましたが、後にそのアカウントは脅しを受けて文章自体も削除されてしまったそうです。

チェ・ソウォン氏は昨年懲役20年の実刑判決が下っていますが、その残党勢力はいまだ国政に大きな影響を持っているそうです。

 

オ・ヒョジン(오혁진)記者がインスタグラムで脅威の存在を示唆

オ・ヒョジン(오혁진)記者は2018年11月にバーニングサンで暴行事件が起こった時から、事件の経過を追い続けていますが、彼の報道も一定の脅迫を受けているようです。
「こういう報道をしていることで、多くの人が私を心配してくれているので、この文章を残しておこうと思います」

「私がマークされたら、彼が行動を起こしてくれます」

「ノ・スンイル記者が私を支援してくれています」

「私のノ・スンイル氏は実の兄弟も同然の関係で、彼はチェ・スンイルの政治干渉を最初に報道した人物であり、ある財団の前部長です。

だから心配しないでください」

「私が自殺で死ぬことはありえません」

さらにスンリの一連の事件に関しては

「この事件は私が考えていた以上に汚いです。

だから今後も調査を続けると決めました」

「友人の皆さんに言っておきたいと思います。

私と連絡が取れなくなったとしたら、どうか理解してください。

心配しないでください」

上記からこれまでのように報道を続けられなくなる可能性。命を狙われる、あるいはすでに狙われている可能性。とりあえず消息を絶たなければならない可能性。などが想像できます。

実際、4日にインスタグラムに上記の文章をアップした後、オ・ヒョジュン記者のSNSでの発言が途絶えているために、その消息が心配されています。

スポンサーリンク

Sponsored Links


ノ・スンイル記者は家を焼かれた?

上記でオ・ヒョジュン記者が言及しているノ・スンイル氏は元ケイスポーツ(Ksports)財団の部長で、チェ・スンイルの政治干渉を内部告発した人物。

オ・ヒョジュン記者によれば、彼がスンリ事件の情報を得ることができたのもノ・スンイル氏の協力に寄るところが大きいとのこと。

かつては朴槿恵(パク・クネ)政権の息がかりのケイスポーツ(Ksports)財団の部長でしたが、正義漢から内部告発し、その後もチェ・スンイルの残党勢力の実体を追っている人物です。

オ・ヒョジュン記者がインスタグラムにあげた文章によると、2月23日、建設中であったノ・スンイル氏の住宅で火災が発生したのは、彼が韓国政界から芸能界・ビジネス界にまで渡る闇を暴こうとしているために受けた脅迫とも考えられます。

オ・ヒョジュン記者はインスタグラムでノ・スンイル氏は以下のような人物としています。

「バーニングサンの事件はほんの末端でしかありません。

どうかノ・スンイル氏を応援してください。

彼はかつてチェ・スンイルの政治介入の一端を担う組織にいた人物ではありますが、身を犠牲にしてその責任を負うために努力している人物です。

彼は自分の身を顧みず活動しています。

建築中だった家は焼かれてしまいました。

しかし彼は弊害を見て黙ってはいられない人間です」

ノ・スンイル氏の家の火災で死傷者はいなかったものの、火は隣家にも燃え移って2軒が全焼。

4000万ウォン(約400万円)の損失と見られています。

参考サイト:http://www.suckinfo.com

スポンサーリンク

Sponsored Links



 

すでに事件は芸能人の不祥事の域を出ています。

もし2010年に李姓の警察官が命を落としていなければ、もっと早く明るみに出ていたのかもしれません。

スンリの容疑もすべて本当なら許し難いものですが、しょせん暴力団の下っ端のような存在だったわけです。

スンリの後ろ盾でありトークグループの中で「警察総長」と呼ばれていた人物は「総警」であり、15日現在、警察庁所属の課長A氏が事情聴取されているようですが、この「総警」の背後にもさらに後ろ盾がいるのかもしれません。

今後はより大きな事実が明るみに出そうですが、ここで何もかも出し切ってほしいものですね。

スンリ事件:チョン・ジュニョンの盗撮動画がエアドロップ(AirDrop)でグループ外に流出か?

スンリ事件の連鎖でチャ・テヒョンとキム・ジュノが浮上!ゴルフ賭博で大もうけを吹聴!

スンリ(V.I)贈賄や脱税を裏付ける会話か?「何かあれば金を積めばいい」

スンリ(V.I)ことイ・スンヒョン性接待否定し被害者主張!実は男の子まで斡旋か?

スンリ(V.I)ことイ・スンヒョンが日本のKRH株式会社に性接待か?日本へ売春斡旋疑惑も

スンリ(V.I)の脱退はジヨンとテヤンに預言されていた?2022年BIGBANGは4人で活動と発言!

スンリの性接待・売春斡旋は事実だった!カカオトーク内容が明らかに

スンリ25日に現役入隊か それ以前に逮捕か?軍事法廷で量刑は2倍以上の厳罰の可能性!

スンリ(V.I)性接待疑惑~引退宣言までのいきさつ!入隊にも批難囂々!?

ヨン・ジュンヒョンも盗撮騒動関与でハイライト脱退!コメントでチョン・ジュニョンとの親密な仲を否定!

チョン・ジュニョンは盗撮の前科あり!カカオトークのメンバーには誰がいるのか?

スンリ(V.I)性接待疑惑~引退宣言までのいきさつ!入隊にも批難囂々!?

スポンサーリンク

Sponsored Links


 - 韓流