浅野忠信主演『壊れた心』全国上映を支援してみない?

      2016/02/14

この記事の所要時間: 514

画像出典:http://www.moviepilot.de

浅野忠信の新作『壊れた心』のニュースです。

14年前『殺し屋1(イチ)』でトランス状態に入ると

人の命を取る機械のようになるヤクザを演じ

注目を集めた浅野忠信がまた裏社会の男を演じます。

ジジイに操られるサディスティックな

イチとは違って今回は愛のために組織に背き

愛する女と逃亡するアジア版

『俺たちに明日はない』とも言える作品。

 

東京国際映画祭では海外の審査員から

高く評価されたようですよ。

 

スポンサーリンク

『壊れた心』スタッフ・キャスト

 

【キャスト】

犯罪者:浅野忠信

娼婦:ナタリア・アセベド

愛人:エレナ・カザン

友人:アンドレ・プエルトラノ

ピアニスト:ケヴィン・デラクルース

 

【スタッフ】

監督:ケヴィン・デラクルース

製作:ケヴィン・デラクルース

脚本:ケヴィン・デラクルース

撮影:クリストファー・ドイル

音楽:ケヴィン・デラクルース

 

監督はフィリピン出身の詩人にして

ミュージシャンでもある

ケヴィン・デラクルース。

音楽も担当し、ピアニストとして

出演もしています。

 

撮影監督はウォン・カーウァイ(王家衛)

御用達のクリストファー・ドイル。

映画評論家はこの作品を

『天使の涙』(原題:堕落天使)で見せた

ウォン・カーウァイ的詩的な美学を

放っていると評価したそうですよ。

 

昨年の『第27回東京国際映画祭』

コンペティション部門で初上映され、

今年7月11日には台北映画祭でも上映されました。

 

『壊れた心』あらすじ

 

作品の中で浅野忠信が演じるのは

フィリピンのマニラに流れ着いた殺し屋。

人生の裏街道で人の命を取る日々を

送っていましたが、ボスが惚れている

娼婦を愛してしまったため、2人は

逃亡の日々を始めます。

 

『壊れた心』トレーラー

確かに『天使の涙』や『ブエノスアイレス』

(原題:春光乍洩)に通じる色遣いとうか

あるフィルターを通したような

独自のニュアンスがありますね。

あれはウォン・カーウァイの色ではなく

クリストファー・ドイルのもの?

舞台照明みたいな色合いなんですよね。

鮮やかなんだけれど日光の下で

見る色じゃない気がします。

それがまた作品世界の空気の色や

においになって体にまとわりつくような感じ。

Ruined Heart5

Ruined Heart4Ruined Heart2画像出典:http://www.moviepilot.de

クラウドファウンディングによる資金調達で上映

 

そんな魅力的な『壊れた心』、今日から

全国公開に向けた資金募集が

クラウドファンディングプラットフォーム

「A-port」でスタートしました。

 

資金目標額は270万円、目標額の内訳は

  • 宣伝:125万円
  • 編集・チラシ・ポスター:40万円
  • リターン・郵送など:50万円
  • A-Port手数料など:55万円
    合計:270万円

目標額を超えて450万円以上集まったら

クリストファー・ドイルを始め

海外からもスタッフを招待し、支援者全員に

オリジナルパンフをプレゼントするそうです。

 

支援額は1000円、3000円、1万円、3万円

5万円、10万円、25万円、100万円。

それぞれ異なるリターンがあります。

 

目標額が集まらずプロジェクトが

成立しなければ上映もできなくなります。

その際には支援提供の約束も

取り消されますので、上映がないのに

支援金だけ払う事態になることはありません。

 

浅野忠信のファンだわーという方、

『壊れた心』を見てみたい方、

協力を検討してみてはいかがでしょう。

詳細はこちらで↓

浅野忠信主演/クリストファー・ドイル撮影!『壊れた心』全国公開プロジェクト

 

なぜ一般的な劇場公開をしないのか?

 

浅野忠信ほどの俳優が出ている作品なのに

なぜクラウドファンディングで資金を

集めて上映するのか、不思議ですよね。

 

今回の『壊れた心』は東京国際映画祭で

国際的な審査員に高く評価されました。

 

2014年 東京国際映画祭の審査員長、

ジェームズ・ガンが

「審査委員長としての立場ではなく、ひとりの

監督として刺激を受けた作品はどれか」

と質問され最初に挙げたのが『壊れた心』でした。
出典:a-port

 というほどすぐれた作品。

しかし大手配給会社は、ハリウッド物

話題の小説や漫画原作物など単純に

興行成績が狙える作品しか上映しません。

国際的に評価された名作も多くの人の目に

触れる機会がないのが現実。

 

そこで配給会社を経ずに名作を届けるため

クラウドファンディングの資金調達による

上映を決めたそうです。

 

クラウドファウンディングというと

無名のインディーズ作品や

アーティストの卵のためのもののような

気がしていましたが、そういうケース

ばかりじゃないんですね。

 

 

 - エンタメニュース