危秋潔(きしゅうけつ)さんの遺書は偽造あるいは内容は報道と違う?別れの手紙に指紋なし?

   

この記事の所要時間: 759

7月から行方不明になっている中国人女性、

危秋潔さん。

8月の初めからしばらくは新たな情報があり

まぜんでしたが、8月28日に、危秋潔さん

に似た服装の女性の遺体が北海道桂恋の浜辺

で発見されたことで、関心を集めています。

別れの手紙とされる書き置きの内容がもう少

し公開され、その内容はさらに自殺を前にし

て残した遺書の様相を帯びてきましたが、中

国では、手紙の内容や危秋潔さん自身が書い

たことに対する疑いをにおわせるような報道

もあります。

日本でも報道されている情報が少ないので、

どこまで本当か分かりませんが、こんな報道

もあるということで、ご紹介。

 

スポンサーリンク

別れの手紙の内容は報道とは違う?

当初、「家族や友人に感謝や別れの言葉をつ

づったもの」と報道された書き置き。

危秋潔さんである可能性の高い遺体の発見で

もう少し、詳しい内容が報道されました。

冒頭は「対不起」(「ごめんなさい」の意)で

始まっていたと報道されています。

内容は以下のようなもの。

「ごめんなさい、これはお別れの手紙です。

27年生きてきましたが、もう、これ以上努力

することができません。

私がいなくなっても悲しまないで下さい。

星になってみんなを見守っています。

みんなを心から愛しています」

細かい字でA4の用紙にびっしり1枚半書か

れていたといい、上記の報道は手紙のほんの

一部でしかないようです。

リアリティーのある文章で紹介されているので、

これを見ると「やはり自殺?」と思わせる内容

ではあります。

 

しかし中国メディア「時間新聞」がANN NEWS

の職員から得た情報によると、これは初期の

情報であり、札幌のOcho Guest Houseのオ

ーナーの証言などを元に報道されたもので、

原本は警察にあり、その内容は公開されてい

ないため、内容は原本を検証する必要がある

とのこと。

 

この他、フジテレビの記者の話として「オー

ナーは中国語が分からないため、必ずしも

内容が正確とは限らない。ANNの報道は、

危さんと疑われる遺体が発見されたため、警

察の見解に沿った報道をしたのではないか」

というものもありますが、ゲストハウスの

オーナーは香港人だそうなので、一字一句

同じでなくとも簡体字であるからといって、

内容を間違えるということはないように思い

ます。

ただ、実物があるわけではなく口述による

ものとすると、いくらか主観が入ってしま

うということはあるでしょう。

 

そもそも中国語で書かれていた物なので、文

体や表現のニュアンスが違う可能性はありま

すが、こういう内容が一部に存在したことは

ほぼ確定のように思います。

しかし、そもそも手紙自体プライベートな

ものですし、この手紙の全文が公開される

ことはないかもしれません。

 

スポンサーリンク


手紙には指紋が無かった?

当初、この書き置きは訪日した危さんの父親

危華さんが筆跡を確認し「娘の筆跡に似てい

る」と言ったことが報道されています。

時間報道によると警察が手紙を調べても指紋

が検出できなかったために、父親に目視での

確認を求めたということですが、日本では

そのような報道はないので、実際に指紋が

なかったのか、信憑性は怪しい気がします。

本当に指紋がなかったのなら、これはまた

新たな疑問ですが。

 

父親:「娘が書いた手紙とは限らない」

 29日、時間新聞が再度、危秋潔さんの弟の

危林さんに取材したところでは、弟さんも

手紙の内容は日本のニュースで知ったのみ

だということ。

「友人に翻訳してもらって」と言っていた

のは、原文が日本語で書かれていたわけでは

なく、日本語のニュースということだったの

かもしれません。

ただ、父親は原本を見ていると思うので、

内容に関しては、ある程度弟さんにも伝えら

れているのではないかと思いますが、この辺

は、まだ父親は日本に滞在中だったので、そ

こまで情報の共有ができていなかった。

あるいは、できるだけ自殺として報道された

くないという心理が働いていたのかもしれま

せん。

 

29日、危華さんは北京青年報の取材に答えて

日本で報道されている手紙の内容に関して

「娘が書いたと確定はできない」と答えたと

報道されています。

遺書めいた内容が書かれていた報道自体は否

定しないが、それを書いたのが危秋潔さんか

どうかは分からないということのようです。

ただ「確証がない」というだけでなく「疑わ

しい」というニュアンスで報道されています

が、この辺りは実際の本人の言葉を聞いてい

ないので分かりません。

日本でも来日時に父親が「自殺はあり得ない。

自分で命を絶つとは考えられない」と語って

いることが、昨日になって報道されました。

親としては、やはり信じられない、信じたく

ないと思うのは当然だと思います。

具体的に疑わしい点があるというよりも、

その辺の心理から来る言葉のように思われ

ます。

 

スポンサーリンク


家族は福建でDNA鑑定待ち

危華さんはすでに8月6日、事件の決着がつ

かないうちに帰国しています。

家族に対する思いが強い中国人としては意外

でした。

ここ最近、中国の若い女性が海外で事件に巻

き込まれたり、行方が分からなくなる事件が

続いていますが、アメリカで起きた事件では

父親は「娘が見つかるまで帰国しない」と

主張していたことから、中国でも父親のこの

行動が注目を集め、「父親はすでに真相を知

っている」とささやかれたりしてきました。

この件について危林さんは、

「父親は言葉も通じないし、日本にいてもホ

テルで情報を待っているしかないので、いっ

たん帰国した」

と説明しています。

 

現在、家族は福建の自宅でDNA鑑定の結果

を待っている状況。

これも、ちょっと意外でした。

衣服や髪の長さ、死亡推定時刻など、ほぼ一

致する遺体であれば、すぐに来日しそうに思

いますが、危華さんが北京青年報に明かした

ところによると、

「現在、経済的に苦しい状況にあるので、す

ぐに日本に行くことができない。結果が出て

から訪日するかどうか決める」

とのこと。

危さんは裕福な家のお嬢さんのように思えた

ので、これも意外でした。

現在27才の危さんは一人っ子政策の真っ只

中に生まれた若者ですが弟さんもいます。

2人目の子供を持つには非常に高い罰金と

いうか税金を納めなければならなかったの

で、よほど裕福な家庭でなければ不可能な

時代だったはず。

また、中国人の訪日に対するビザ発給の条

件は、近年大幅に緩和されてはいますが、

それでも以下のような条件があります。

  1. 大手クレジットカードのゴールドカードを保有
  2. 官公庁や大企業の課長級以上
  3. 年収数万元以上の安定収入

また、ビザの発給は中国の旅行社が担当し、

旅行者によって年収10万から20万元以上、あ

るいは自分名義の自動車や不動産の保有、一

定額以上の預金や株式の保有など各社によっ

て違いはあるものの、それぞれに厳しい条件

を設定しています。

高額の補償金を要求されるケースもあるよう

です。

つまり危さんが日本に旅行者として来日して

いる時点で彼女、あるいは危家が一定の資産

を持つと考えられるのですが、その辺は個人

の問題なので外国人や部外者には分からない

事情があるのかもしれません。

 


 

自殺だと考えるのが自然な証拠がいくつもあ

るものの、防犯カメラに残った危秋潔さんの

映像や行動には、自殺をする覚悟をした人だ

ろうかと疑問に思う部分もあり、さらに彼女

自身が阿寒湖にいる時間に、携帯の所在地が

札幌だったことも含めて、謎の多い事件です。

 

危秋潔(きしゅうけつ)さんは男に拘束されている?中国の占い師・山人易水が居場所と現在・今後の展開を預言!

危秋潔(きしゅうけつ)さんは中国人の車に便乗して移動した?阿寒湖行きを両親に隠した理由は!?

危秋潔(きしゅうけつ)さんの家族への手紙は遺書じゃない?弟の証言によればただの旅行日記

危秋潔(きしゅうけつ)さん行方不明の3つの疑問点!家族への手紙の内容からすると自分の意思での失踪か?

 - 中国ニュース