花粉症にミカンの皮が特効薬!ヨーグルトと同時摂取でアレルギー軽減!?

      2016/02/15

この記事の所要時間: 522

最近では花粉症は春の季語といっても

いいですよね。

春にスギやヒノキの花粉に悩まされる

人も以前よりずっと増えています。

 

しかし、アレルゲンとなる花粉は春だけじゃ

ないんですよ。

「風邪でもないのに鼻水が……」

「最近目やにで目がかすんで……」

なんていう方は秋・夏・冬の花粉症の

可能性もありますよ。

 

スポンサーリンク

春以外の植物アレルゲン

 

アキノキリンソウakinokirinsou画像出典:https://ja.wikipedia.org

ブタクサ
butakusa
 画像出典:https://ja.wikipedia.org

セイタカアワダチソウ
seitakaawadachisou
 画像出典:https://ja.wikipedia.org

イラクサ
irakusa
 画像出典:https://ja.wikipedia.org

ヨモギ
yomogi
画像出典:https://ja.wikipedia.org

ヨモギとよく似たオオヨモギも注意。

ヨモギはキク科の植物です。

ヨモギのアレルギーがある人は

キク花粉もアレルゲンとなる可能性が

高いので切り花などにもご注意ください。

 

カナムグラ
kanamugura
画像出典:https://ja.wikipedia.org

スギ花粉

最近では秋に咲くケースも

報告されているようです。

 

秋にはダニもアレルゲンに!

 

梅雨時に繁殖しやすいダニの寿命は3カ月。

秋は夏の終わりに寿命を迎えたダニの死骸が

干からびて粉々になり、空中に浮遊する季節。

これを吸いこむことでアレルギー反応が起きることがあります。

 

食べて花粉症・アレルギーに対抗しよう!

 

薬を飲めばアレルギー症状はそれなりに

抑制緩和できますが、薬が強いほど

眠気やだるさ、喉が渇くなど、深刻では

ないにしろ副作用を伴います。

 

症状が軽い方は薬を飲まずに、症状が

思い方は薬と併用して改善に努めたいですね。

 

もちろんアレルゲンに触れないように

注意するのも大切ですがアレルギーに有効な

食品を摂取することで健康的に症状の緩和を

目指しましょう。

 

アレルギーに有効な食品

 

エゴマ、シソ、春菊、ピーマン、

ミント、ローズマリー、カモミール

これらの食品にはルテオリンという

炎症を抑える成分が含まれています。

 

エゴマ

中でもエゴマはシソの100倍もの

ルテオリンを含んでいますので

エゴマ油をみそ汁や料理にかけるなど

日常的に利用したいですね。

シソ、春菊、ピーマン

料理の中で積極的に取り入れていきましょう。

 

ミント、ローズマリー、カモミール

ハーブティーで飲むと効率的に取れますね。

炎症を抑えるだけでなく、それぞれ

ミント:眠気を覚ます

ローズマリー:集中力を高める

カモミール:リラックス

という効果もありますので

飲む時間帯や目的によって

使い分けるといいでしょう。

山芋、オクラ、里芋、なめこ、つるむらさき、納豆

これらの食品のネバネバ部分に含まれる

ムチンという成分にはタンパク質の

消化酵素が含まれていて、タンパク質を

しっかり消化吸収することがアレルギーの

抑制につながります。

またムチンは粘膜を修復強化するので

鼻や目に花粉が付くことで起こる反応を

低減する作用もあります。

 

ただムチンは熱に弱く、加熱することで

効果が落ちます。

山芋、オクラ、納豆などは生でとれるので

手軽で最適といえるでしょう。

 

ヨーグルト

これは有名ですね。

乳酸菌で腸内環境を整えることでアレルギーを

軽減できることが確認されています。

 

秋の花粉症・アレルギーを助ける意外なフルーツ

 

この時期に出始め秋冬フルーツの主力となる

温州ミカン

いわゆる普通の手でむいて食べるミカンです。

とってもポピュラーなフルーツですが

実はこれがアレルギーに悩む人の

強い味方だそうですよ。

 

その秘密はヘスペリジンという成分。

ミカンの皮の裏の白い部分やスジに

含まれているそうです。

ビタミンの働きに近いビタミンP

呼ばれる物質の一種。

アレルギー症状を抑えるのに効果がある

ヘスペリジンを積極的にとるために

白いスジは取らず、房を袋ごと食べれば

ビタミンPを効率的に取ることができます。

ミカンを食べる時には

白い筋を取らずに食べることをお忘れなく!

 

ヘスぺリジンにはこのほかにも

コレステロールの抑制やビタミンCの

効果の増強、毛細血管の強化などの効果もあります。

ミカンに含まれるビタミンCも

美容と健康には欠かせない成分ですしね。

 

またミカンの皮自体も中国では陳皮と呼ばれ

漢方に使われる生薬の一種。

これもアレルギー対策の効果があります。

 

ヨーグルトと一緒に接種して効果増!

 

上記の食品をまめにとるようにすることで

アレルギーを軽減できる可能性が

あるわけですが、組み合わせることで

さらに効果が上がります。

特にヨーグルトとミカンの皮を一緒に

摂取するのが効果的だそう。

気にならなければ、ヨーグルトに刻んだ

皮を入れて、食べにくいと思うなら

ミキサーにかけてもいいでしょう。

皮は残すものと思っているので

一瞬抵抗がありますが、爽やかな香りに

なって結構イケますよ。

スズメバチだけじゃないアナフィラキシー!アレルギー持ちは要注意!

木俣肇医師が「キスはアレルギーの特効薬」で医学賞受賞!

 

 - 美容・健康