ネイサン・チェン(陳巍)の両親の職業や家族構成~趣味や将来の希望は?バレエの表現力が武器!

      2017/04/24

この記事の所要時間: 421

フィギュアスケート四大陸選手権でネーサン・

チェンが史上3人目となるSP100点超えを記

録しました。

ノーミスで4回転ルッツ~3回転トーループの

連続ジャンプ、4回転フリップも決めて、文句

なしの出来。

羽生選手に憧れてきたということですが、今で

は彼を脅かす存在になりつつありますね。

少年のように繊細な印象の羽生選手と男の子っ

ぽい印象のネーサン・チェン選手。

まったく違う個性なので、それぞれに楽しみです。

ネイサン・チェン選手について調べてみました。

 

スポンサーリンク

ネイサン・チェン選手のプロフィール

ネイサン・チェン選手_幼少期

氏名:ネイサン・チェン(陳巍)

生年月日:1999年5月5日

国籍:アメリカ

出身地:ソルトレイクシティー

コーチ:マリナ・ズエワ、ラファエル・アルトゥニアン

 

2002年、ソルトレイクシティーで冬季オリ

ンピックが開催された際、ネイサン・チェン

選手の母親は3歳の息子を連れて、フィギュ

アスケートの競技を観覧に。

氷の上での競技に興味を持ったネイサンは、

2人の兄と一緒にホッケーをして遊び始めま

した。

ケガをするのを恐れた母親は、教室に入れて

フィギュアスケートを習わせることに。

4歳で初めてフィギュアスケートの競技に参

加しました。

しかし、スケートを始めてからもアイスホッ

ケーは続けていたそうで、スケート選手にな

っていなかったらホッケーの選手になって

いたといいます。

 

アメリカの華僑フィギュアスケーターには、

チェン姓の選手が多く、中国ではチェン兄弟

などと呼ばれているもよう。

中でもネイサン・チェンはトップクラス。

技術全般のバランスがよく、走行・回転・ジ

ャンプ・表現力のいずれにおいても高いレベ

ルにあるのが得がたい長所ですね。

 

5歳から本格的にクラシックバレエも習い始

め、体操もグレード7の選手でもあり、ユタ

州のピアノコンクールで優勝したこともある

という豊かな才能の持ち主。

最大の趣味はサイクリングと読書だそう。

スケート選手を引退したら大学に行き、運動

健康科学の仕事に就くかジャーナリストにな

りたいとのこと。

 

両親や家族構成は?

父親の陳志東さんの本籍は中国広西チワン族

自治区來賓市。

広西医科大学と中国軍事医学院で学んだ後、

1988年に渡米して博士号を取得。

その後、グリーンカードを取得した医科学分

野のシニア研究員であり、自信で創設した医

療技術企業と実験室のオーナーでもあります。

母親は中国語の翻訳家。

5人兄妹でネイサン・チェン選手は一番末っ子。

兄と姉がそれぞれ2人ずついます。

兄2人はアイスホッケーの選手で姉2人もフ

ィギュアスケートをやっているとか。

 

スポンサーリンク


バレエの成果?表現力抜群の演技!

バレエは「バレエ・ウエスト・アカデミー」

というバレエ学校でスケートよりも本格的

に練習していたというネイサン・チェン選手。

確かにその成果は演技に現れていると思い

ます。

やっぱり、クラシックバレエは体のセンター

が出来るというか、芸術的な身体表現には大

いに有効なのだなと思いますね。

ネイサン・チェン選手の演技を見ると、腕の

使い方などが肩からではなく体の中心から動

かしているように思えますもの。

それに、自信でピアノを弾いたりもすること

から音楽に合わせて動くのもカウントだけで

はなく、音楽とシンクロしている感があるの

が見ていて気持ちいい。

バレエのレッスンで股関節のターンアウトが

できているからかと思いますが、スパイラル

やイーグルも超きれい!

ネイサン・チェン選手_体操競技

また子供の頃には体操選手として競技に出場

したこともあるそうで、むやみに体も鍛える

ばかりではなく体の使い方のセンスを身に

つけてきたといったところでしょうか。

すごく高いレベルで芸術的な表現と技術の高

さを実現できる選手だなぁと感動しきり。

今後がますます楽しみです。

2016年11月のNHK杯の際には「平昌五輪に

出ることが目標で、まだメダルなんて考えた

ことない」と言っていましたが、年が明けた

ら、もう100点越えの快挙。

私だけでなく、ファンになった人は多いはず。

今後大注目の選手です。

ハン・ヤン(閻涵)の彼女や元カノは誰?プロフィールや身長・年齢も!

李子君の経歴やSNS!中国のキム・ヨナ?ネットで批難ごうごうは本当?

浅田真央:復活の北京杯SP首位!中国メディアも「王者」と評価!

 - スポーツ