目から手が生えた神様「甲子太歳金辨大将軍」のモデルは誰?石門金剛宮のアクセスや料金は!

      2017/04/24

この記事の所要時間: 639

厳粛で神々しい日本の仏像とは一味違って、

台湾にはかなりシュールな神様の像が祀られ

ています。

中でも奇抜なのが目から手が生えている神様。

甲子太歳金辨大将軍(こうしたいさい・きんべ

んだいしょうぐん)という名前らしいですが

これにはモデルがあるようです。

どこか懐かしくもアバンギャルドな、その姿

の正体を探ってみました。

 

スポンサーリンク

甲子太歳・金辨大将軍とは?

台湾の石門金剛宮に祀られている甲子太歳金

辨大将軍。

度肝を抜かれるお姿ですが、上下左右前後と

全方位目が届く所はひじょうに機能的だと思

いますが、なぜ手なのか?

カニやカタツムリのように伸びるものの先に

目がついていればそれでいいと思うんですが

なぜ手なのかが不思議です。

妖怪イベントに登場しそうですが、立派な神

様なんですね、これでも。

 

甲子や太歳は中国古代の陰陽思想をもとに生ま

れた言葉。

陰陽の象徴を表す十干(十天干)「甲・乙・

丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸」と十二支

(十二地支)「子・丑・寅・卯・辰・巳・午・

未・申・酉・戌・亥」を組み合わせると60通

りの組み合わせができ、この組み合わせを干

支といいます。

暦の上では、毎年この組み合わせのどれかが

順番に巡ってきますし、毎日にもこの干支が

当てはめられています。

ちなみに2017年は丁酉(ひのととり)。

「甲子」はこの組み合わせの中の1つ。

 

「太歳」は古代中国の天文暦学で木星あるい

は木星と呼応する鏡像の星を指します。

木星は天球上を西から東へ12年で1周する。

そのため、天球を赤道沿いに12等分して12

次に分けると、1年に1次進む。

古代にはこれを基準に年を記述しました。

道教ではこの星が神格化され災いをもたらす

凶神・太歳聖君と呼ばれるようになりました。

天の星・太歳の動きは地上の災難と密接な関

係があるとされ、毎年、太歳の方向は凶方位

と考えられます。

 

太歳神は60通りある干支を毎年、持ち回りで

司る神様なんですね。

この60の神様を六十甲子神といいます。

甲子太歳である金辨大将軍は60の干支の最初

の年を司る1番目の神。

割と普通な神様たちがずらりと並ぶ中、金辨

大将軍、いきなりのインパクトです。

 

太歳神は当直の年には、人間の善悪を判断し、

その禍福を司ります。

また、自分が生まれた年の太歳神は自分にと

っての守護神でもあります。

ちなみに1924年、1984年生まれの方は金辨

大将軍が守り神ですので、よくお願いを。

この次、金辨大将軍の当番の年が来るのは

2044年です。

 

甲子太歳・金辨大将軍のモデルは誰?

 甲子太歳・金辨大将軍は史実の人物がモデル

になっているようです。

道教では歴史上の英雄が神様になったりしま

すね。

三国志に登場する関羽や日本でも有名な鍾馗

さんなんかもそうです。

甲子太歳・金辨大将軍のモデルは2人います。

 

金辨(きんべん)

1人は同名の金辨さん、またの名を金濂。

明代に今の陝西省南部、山陽県に生まれ正統

3年(1438年)に僉部御史に昇進。

寧夏に赴任して軍務にあたっておりました。

彼自身が仕事ができ徳のある人物で、有能な

人材を積極的に登用したことなどから、周り

の評価は高く、愛されたそうです。

長年、干ばつで苦しんできた寧夏地域に朝廷

に設備投資を促して灌漑を施すと同時に、富

豪に被災者への義援を促すなど、なかなか立

派な仕事をした人でした。

これが認められて死んでからは神になったと

いうわけです。

楊任(ようにん)

もう1人は『封神演義』にも登場する楊任。

もとは商の紂王の大夫でしたが、紂王の宮苑

鹿台に関する諫言で王の怒りを買い、目をえ

ぐられて死にいたり、屍は葬られることなく

捨てられてました。

しかし道徳真君という神がこれを助け、失わ

れた目の中に金丹を入れると、目の中から手

の平に目のある手が生えてきました。

最終的には梅山七怪の戦いで猿猴に殺された

後に甲子太歳になったとされています。

金辨と楊任は時代の違う人間なので、どこで

この2人が甲子太歳になったのかは、よく分

かっていません。

 

石門金剛宮とは?

さて、こんなポップな神様が見られるのは台

湾の最北端、石門(シーメン)にある金剛宮

(ジンガンゴン)。

別名を地獄寺とも言われています。

しかし、お寺というよりは道教のテーマパー

クといったほうがいい印象ですね。

金辨大将軍をはじめとする六十甲子神の像は

もちろん、広い敷地内には涅槃物やら孝行話

のブロンズ像やら、道教・仏教・儒教の教えを

広めるという趣旨のもとに神も仏も入り乱れ

とてもカオスな香り。

四つのお顔を持つ金色の四面仏が金剛級の

主神だそうです。

四面仏の4つのお顔は福・禄・寿・喜を表し

ているとか。

マットに塗られた甲子太歳像を見ても、やや

B級な印象を受けるのですが、御利益はとて

もあると言われています。

地獄巡りなんかも楽しめるようですよ。

 

石門金剛宮は創健者の許合居士がタイを訪れ

四面金剛仏に参った時に、四面金剛仏の慈悲

と霊験を感じ、台湾に道場を建てることを誓

ったといういわれのある宗教スポット。

世に宗教の心を広めるとともに、弱者のため

のボランティア活動なども行われています。

そういう趣旨の施設なので入場料は無料。

食事や飲み物の無料接待や、縁日には護符

が受けられたりもするようです。

 

石門金剛宮へのアクセス・入場料・開演時間

石門金剛宮に行くには、台北市内からMRT

淡水信義線に乗り、淡水駅下車。

所要時間は30~40分。

淡水からはタクシーで。

「我要去石門金剛宮」と言いましょう。

(Wǒ yào qù shímén jīngāng gōng)

 

バスなら淡水駅から「金山」行きのバスに乗

り「新十八王公駅」下車。

乗車時間は約40分。

バス停にある金剛宮への地図がを見て徒歩5分。

ストリートビューで見ると入り口付近の様子

などが見られます。

【石門金剛宮】

入場料:無料

営業時間:7:30~18:00

住所:新北市石門區崁子腳41之3號

最近では週末旅行の行き先として気軽に楽しむ

人も多い台湾。

訪問の折にはぜひお立ち寄りください。

六道珍皇寺:冥土通いの井戸公開はいつ?小野篁(たかむら)とは?

台湾の道で赤い封筒を拾うと死者と結婚?驚愕の奇習「冥婚」とは?

太歳(たいさい)で不老不死に?中国の肉霊芝の値段や効果~使用法!家庭で培養可能?

 - 中国ニュース, おでかけ