中国四川成都のパンダ幼稚園(保育園):入場料やアクセス~サービスも【動画あり】

      2017/04/24

この記事の所要時間: 455

四川はパンダの名産地。

そして、パンダの保護基地があることで知ら

れています。

しかし、実は四川のパンダ保護センターも複

数あるのです。

日本でも大人気のパンダ幼稚園(保育園)は、

どこにあるのでしょう。

入場料や施設についても調べてみました。

 

スポンサーリンク

中国四川のパンダ研究基地とは?

四川には2つの大きなパンダの研究や繁殖研

究基地があります。

1つは臥龍パンダ保護研究センター、もう1

つは、成都パンダ繁殖研究基地。

成都のパンダ繁殖研究基地は1987年に設立

され、絶滅に瀕している野生動物の保護・繁

殖・繁殖教育をになうと共に観光施設でもあ

ります。

この基地は虎頭山基地、成都パンダ繁殖野生

化センターを含み、交通が便利な場所にある

虎頭山基地は多くの観光客のお目当ての地に

なっています。

1983年に設立された臥龍パンダ保護研究セン

ターはパンダ保護の長期的研究、人工繁殖や

野生復帰などを扱ってきた最も初期からの繁

殖研究機構です。

ここには核桃坪基地、神樹坪基地、雅安碧霞

峰基地、都江堰パンダ救助・疾病予防管理セ

ンターが含まれます。

一口に四川のパンダ基地といってもいろいろ

あるんですね。

 

パンダ幼稚園はどこに?

さて、肝心のパンダ幼稚園(保育園)はどこに

あるのでしょう。

日本でもよく知られているパンダ幼稚園は、

成都のパンダ繁殖研究基地の中にあります。

現在は2016年に生まれた23頭のチビパンダ

がのびのびと暮らしています。

臥龍の雅安碧霞峰基地にもパンダ幼稚園があり

ます。

成都からバスで2時間さらにミニバスで30分

という場所にあるので、観光客は成都の基地

より少ないようですが、その分落ち着いて見

られるという声もあります。

また、こちらではパンダ舎の掃除やエサやり

などのお世話もさせてもらえるとか。

ここは近所の民家にホームステイをしながら

ボランティアでパンダの世話をする人も多い

ようです。

ただ、詳しい受け入れ情報などは見つけら

れませんでした。

また、見つかれば記事にしたいと思います。

 

入場料や開演時間は?

 開演時間:8:00~17:00

チケット:1人/56

 中国の学生や子供は割引料金になりますが、

外国人は一律かもしれません。

しかし、現在のレートで約1000円ですか

ら比較的お値打ちですね。

 

敷地内では何が見られるの?

  •  パンダ博物館
  • パンダ劇場
  • 子パンダのエリア(パンダ幼稚園)
  • 青年パンダのエリア
  • 成年パンダのエリア
  • レッサーパンダの施設
  • ショップ
  • レストラン…等々

広大な敷地内にはパンダの年齢ごとに分けて

生育されているパンダの様子を見られる他、

白鳥が遊ぶ湖やレッサーパンダの飼育施設も

あります。

日本の動物園のように限られた飼育エリア

内にいるパンダもありますが、自然の中の

ような広大な公園で悠々と過ごすパンダを

見られるのもパンダ基地の醍醐味。

有料ですがパンダと並んで記念撮影もでき

ます。

 

ひじょうに敷地が広いので施設から施設を

移動するための観光車が用意されています。

こちらは1人10元。

 

ショップではパンダをモチーフにしたグッ

ズや書籍、DVDなどを販売。

施設内のサービスセンターには郵便局もあり

ポストカードやパンダの記念切手も。

観光スタンプも押せるので、ここから友人に

ハガキを出すのもいいでしょう。

 

かわいいパンダを見るだけでなく知識も学び

たい、という方には中国語と英語しかないの

が残念ですが、50元で解説を頼むこともでき

ます。

全部見て回ろうと思うと1日がかりだと思い

ます。

 

成都パンダ繁殖研究基地へのアクセスは?

成都国際双流国際空港からだといくつもの行き

方がありますが、どれも乗り換えをしなければ

ならないので、国際空港に着いたのならそこか

らタクシーで行くのが一番簡単でしょう。

日本で空港からパンダ繁殖研究基地までは約

100元(約1600円)ですのでさほど高くないです

し、数人で乗ればさらにお得に。

パンダづけ

 

中国の遊園地は余りお勧めできませんが、動

物園に関しては、中国の動物園はお勧め。

北京のような都会でも広大な敷地内は緑がい

っぱいで、自然に近い形で生活している動物

たちは悠々としているように見えますし、見

物しながら歩くのも緑の中を歩くのも、とて

も気持ちいいです。

ただ、広いので結構疲れますが。

四川のパンダ基地はさらに雄大な自然の中に

あり、パンダの姿を楽しむと同時に自然も

楽しめますよ。

四川に行かれる方はぜひ!

クジャクグモの生態!求愛成功はダンスよりルックス?YMCA動画も

タチヨタカが変顔で可愛い!どこかの動物園で見られる?生態は?

スペイン乗馬学校の馬術が無形文化遺産に!リピッツァナーとは?

 - 中国ニュース, おでかけ, 動物