プラスチック米の素材や成分は何?中国が製造密輸を否定は本当かデタラメか?

   

この記事の所要時間: 650

ここ数年、さまざまなビックリ食品で世界を

騒がせてきた中国の食品界。

髪の毛から作る醤油やドブから汲み上げて

再生する下水油、古靴から作るタピオカなど

食品産業界の錬金術師の感がある中国にまた

また食品偽装疑惑、今度はプラスチック米の

登場です、

まさか、米をプラスチックで?

食べたら便秘しそうな……。

というか炊いても膨らまないので食べる前に

分かるのでは?

いったいどんな代物なのか怖い物見たさが

うずきます。

ちょっと調べてみました。

 

スポンサーリンク

ナイジェリアでプラスチック米発見

今回、プラスチック米が発覚したのはナイ

ジェリア。

密輸されたとみられる102袋、総重量2.5

トンにもおよぶプラスチック米が発見され、

容疑者1人が逮捕されました。

これまでにもナイジェリアにはプラスチック

米が市場に出回っているという噂が流れて

いましたが、公に検挙されたのはこれが

初めて。

 

米はナイジェリアの重要な主食でクリスマス

や新年を前にしたこの時期は価格が大幅に

上昇します。

そのため、密輸業者は需要が大きく高値で

売れるこの時期を狙って大きく稼ぐことを

目論んだと見られています。

 

プラスチック米は一件本物の米そっくりに

作られていて手にしただけでは偽物とは

分からないけれど、科学的な臭いがする

とのこと。

 

主食である米の国内生産量を上げることを

国策とし、海外からの米の輸入を禁じている

ナイジェリアにとっては米の輸入自体が

大きな問題ですが、さらにそれが偽米と

あっては,かなり世間を騒がすニュースに

なりそうです。

 

プラスチック米はどこから密輸されたか?

 米の詳細な輸入ルートや米の成分が何なのか

など具体的なことは、調査中ですが、中国から

密輸されたことは、すでに確定事項として報道

されています。

 

ここ数年、中国の食品偽装問題が大きな問題

となってきたことや、2015年、インドネシア

に中国からプラスチック米が密輸された事件や

中国国内でプラスチック米が見つかっている

ことなどから、こういう見方は当然あるで

しょうし、さすがにニュースとして公に流す

からには逮捕者の証言や状況証拠などから判断

したものだろうと思うのですが、中国はこれを

完全否定しています。

 

中国側の言い分

在ナイジェリア中国大使館の経済商務参事官

は22日に中国政府系メディア「環球時報」の

取材に答えて、

「プラスチック米が中国から密輸されたという

証拠は何もない。中国をおとしめようとする

海外メディアの臆測にすぎない」さらに、

「現地で生産されている米価格は安いが、加工

されたプラスチック米はそれ以上のコストが

かかる。また輸送コストや密輸のリスクなどを

考えると2.5トン程度の密輸は割に合わず、

常識的に考えて虚偽としか思えない」

「偽の米なら一目見て分かる。

国内で騒がれたプラスチック米も調査して

みたらすべて風評に過ぎなかった」

とも回答しています。

 

もともと、この事件は10月末から11月初めに

ナイジェリアの現地メディアが報じていたもの

だそうで、1か月以上たって西側メディアが

蒸し返すことに「悪意がある」と反撃。

強気です。

プラスチック米製造動画?

 動画サイトには以下のような動画が中国で

プラスチック米が製造される過程として

投稿されています。

 

これら動画のコメントには、

「これは再生プラスチックペレット製造の

動画で米を作っているわけじゃない」

という反論も見られます。

中国語でプラスチック米は「塑料米・塑料大米」

と言われます。

中国語の「米」は小さな粒状の物を呼ぶ際に

使われ、トウモロコシは「玉米」、アワは

「黄米」、小さな干しエビは「虾米」。

「塑料米」はプラスチックの粒という意味で

もあり、実際にリサイクルのプラスチック

ペレットも「塑料米」と呼ばれています。

リサイクル素材製造の動画が誤解を受けたと

いうこともないとはいえません。

しかし、どちらの動画もプラスチック廃品

ではなく、素材として完成されているシート

(袋?)や綿状の素材を加工しているのが

気になります。

リサイクル業者の下請け的な存在なので

しょうか。

この動画が必ずしも食用ラスチック米製造の

過程を表しているとは確かに言えないかも

しれません。

 

プラスチック米の材料は何?

 プラスチック米という名前から完全に樹脂製

の食玩的な米を想像してしまいますが、実際

に食用(?)プラスチック米が存在するとして

材料は何なのでしょう。

 

ナイジェリアで見つかった米に関しては、まだ

明らかにされていませんが、2015年にインド

ネシアでプラスチック米が発見され中国から

密輸入されたと報道された際には、調査の結果

ジャガイモとサツマイモのデンプンにポリ塩化

ビニルなどの樹脂素材を加えて米のような外見に

固めた物と確認されています。

この時も中国は、

「中国はインドネシアに米を輸出していない

から無関係」と全面否定。

いやいや、だから密輸って言ってるでしょ。

「国内ですぐに調査して結果をインドネシア

政府に伝える」

と約束したものの、結局「事実無根!」で

押し通しました。

「安い食べ物」には何かがある: 生鮮食品、加工品、輸入品、原材料、添加物……ここだけはチェック

一般にスーパーの安売り野菜や外食産業などの

食品は要注意と言われますが、インドネシアの

事件の際には高級米として売られていたそうです。

 

今回、ナイジェリアで発見されたプラスチッ

ク米も炊くと粘りが出るそうなので、さすが

に純粋な樹脂素材だけではないのでしょう。

素材の特性ゆえに熱を加えれば膨らまない

までも柔らかくなることは想像できます。

本物の米に混入させて売れば分からない

レベルなのかもしれません。

 

中国からコスト面での反論がありましたが

1年間労働力を使って天候にも左右される

稲作に比べれば、工場で動画のように工員

1人でどんどん生産できるコストは米より

かなり高低いのではと思われます。

もちろん現地との価格差はありるでしょう

けど。

 

最近では食べられる素材から作るエコ袋など

が話題になっている一方で、食べられない

素材で食品を作ってしまうような事実が

本当にあるとしたら、なんたる時代錯誤

でしょう。

中国:タピオカが古タイヤ・靴底製は事実かヤラセか?腸閉塞になる?

中国では豚肉もお直しで牛肉に!食品も整形ブーム?その手口とは!?

中国の料理人が絶対注文しない中華料理は?訪中の際は要注意の3品!

ミイラ肉って何?中国で40年前の冷凍肉が流通?もう食べているかも?

 - 中国ニュース, 国際ニュース, びっくり!