キミー・チャオの死因はうつ病での自殺?第一発見者は恋人か?

   

この記事の所要時間: 250

キミー・チャオ(喬任梁)が上海で死亡して

いたというニュースが中国サイトで報じられ

ました。

キミー・チャオといえば日本では『後宮の涙』

(陸貞伝奇)の高演でおなじみ。

主役のチェン・シャオ(陳暁)には負けるかも

しれませんが、ノーブルでシャープな雰囲気

ながら笑うとチャーミングな笑顔で高演派も

多かったはず。

個人的にはチェン・シャオより好みです。

その後、チャオ・リーインとダブル主演した

『我們的十年』が9月2日から中国大陸で

公開されたばかりです。

もっと活躍できる素材なのにと思っていたの

ですが、こんなことになるとは。

まだ詳しいことは公になっていないようですが

現時点で分かっていることをお知らせします。

 

スポンサーリンク

上海の自宅で発見

9月16日、午後18時21分、上海市の普陀公安

は桃浦地域の住宅内で男性が死亡しているとの

通報を受けて現場に赴き、姓を喬という男性

(28歳、上海人)が死亡しているのを確認。

初歩的な医学鑑定では他殺の可能性はないと

判断し、現在さらに調査中。

 

ネットでは、これより少し前にキミー・チャオ

が上海の高級住宅内で亡くなったとの情報が

ささやかれていました。

 

すでに事務所が哀悼の意を表すメッセージを

キミーのSNSのコミュニティで発表している

ので死亡したのが彼であることは確定のようです。

 

死因はうつ病による自殺?

 16日にキミー・チャオが発見された時点で

すでに死後何日かが経っていたようです。

キミーは恋人と一緒に住んでいて、発見者は

恋人であったとの情報も。

キミーは公にはしていなかったものの、共演

した俳優などの証言によると、重いうつ病を

患っていたそうです。

 

また、そのために現場に遅刻することも多く

監督から批判を浴びたこともあったとのこと。

9月7日以降はウェイボーの更新もなく

体には傷もあり、不安定な精神状態であった

ことから自殺の可能性がささやかれています。

 

あるメーキャップアーティストによれば

数日前に清代のドラマの現場で一緒だったが

確かに精神状態がよくなかったとのこと。

事務所が明日記者会見を開くそうです。

学生時代は走り高跳びの全国チャンピオンで

国家2級選手だったキミー。

2,007年、東方衛星テレビの「加油好男児」

で全国2位になり歌手としてデビュー。

この時、1位になったのが今をときめく

ジン・ボーラン(井柏然)でした。

また8位にはリー・イーフォン(李易峰)も

いました。

まだまだ活躍できるのにどうして?

クールでファンキー、それでいて

甘えんぼさんというイメージだったの

ですが、素材はいいのに押しが弱いという

気がしていました。

残念すぎます。

水原希子とCMキャラを務めたジン・ボーラン(井柏然)の経歴は?

 - エンタメニュース, 華流