桑島智輝プロフィール!現妻との再婚~元嫁との離婚は「私生活」がきっかけ?

      2016/11/14

安達祐実
この記事の所要時間: 422

天才子役から女優になった安達祐実とカメラ

マンの桑島智輝(くわじまともてる)と再婚

していたそうで。

ネットを見てみると2014年頃から「近々入籍」

という記事があったりするので、知らないのは

私だけだったのかもしれません。

しかし、話題になった写真集『私生活』

撮ったカメラマンだと聞いて、「ああ、あれね」

と妙に納得してしまいました。

やっぱりね、というか何というか、

「そりゃ、普通の関係じゃないだろうね」って

いう写真集でしたもんね。

どんなカメラマンなのか調べてみました。

 

スポンサーリンク

桑島智輝:プロフィール

 

1978年、岡山県生まれ。

2002年、武蔵野美術大学卒業

2010年、株式会社 QWAGATA設立。

 

篠田麻里子や宮脇咲良、矢島舞美、ベッキー

剛力彩芽、中川翔子などの写真集も撮って

います。

現在38歳、中堅どころってとこ?

 

安達祐実の略奪婚?

 

安達祐実はお笑いの井戸田潤と結婚していた

ことで有名ですが、桑島智輝も再婚だった

ようです。

2014年11月にはすでに再婚していたん

ですね。

ちっとも知りませんでした。

 

2人がそれぞれ再婚するきっかけとなった

のは桑島智輝が撮影した安達祐実の写真集

「私生活」だと言われています。

密室で撮影するうちにそういう仲に発展と

言うのは、それはあり得るだろう。

そもそもカメラマンと被写体、演出家と女優

共演者同士なんてのは、「絶対ムリ!」という

ほどの抵抗さえなければ、けっこう疑似恋愛

に入りやすい関係にありますよね。

 

まあ、男と女は両方がその気にならないと

そうはならないわけなので、一概にどちらの

せいだとは決めつけられないと思うのですが

世間では安達祐実の略奪婚というような、

言われ方もしているようです。

女を武器にすれば必ずしも略奪できるわけ

でもなく、略奪しようったって素養のない女

もたくさんいるわけですから、

「それだけ魅力があった」あるいは、

「運命の出会いだった」と考えることもできる

わけですが、ま、あんまり印象はよくないです。

 

2013年に発売された写真集『私生活』。

約2年かけて撮影したそうです。

まあ2年間も一緒にあっちこっち行って

ほぼ裸で撮影してたら、聖人君子か不干渉

でもないかぎり、なるようになるしかない。

安達祐実は井戸田潤と2009年に離婚した後

2011年9月には再同居を始めましたが

翌年5月には同居を解消。

時期的にも何となく、なるほどな…です。

 

『私生活』ってどんな写真集?

 

夫となる男が取っただけに、安達祐実の魅力

満載の写真集と言ってもいいでしょう。

安達祐実が今も持ち続ける少女のような

魅力が満載、それも、

「不幸な生い立ちなんだろうなぁ」

と思わせる湿った影や、

「絶対、Ⅿだろうなぁ」

と思わせてくれる濃厚な淫靡さがぷんぷん。

 

顔が幼いだけでなく、体も細くて小さいから

本当に今でも子供みたいなんですよね。

そして何より、トロンとした目でこっちを

見ている視線が湿った媚びを帯びていて

もう、何とも…。

そういう趣味の方ならドストライクなのかと。

 

安達祐実って子役の頃はもっと眉毛が吊り上が

ってて、口をきゅっと結んだ勝気な印象だった

のに最近は薬でトロンとしたようなⅯ的表情が

デフォルトになっていますね。

路線変更?

女性には反感を買いやすいキャラかもしれま

せんが、こういう路線の女優は他には皆無と

言っていいかも。

ほぼ独占市場?

後は需要がどれだけあるかですね。

脱がない仕事でも、ぜひいいところを見せて

もらいたいもんです。

安達祐実写真集「私生活」【電子書籍】[ 安達祐実 ]
安達祐実写真集「続・私生活」【電子書籍】[ 安達祐実 ]

安達祐実の公式サイト上のオフィシャル

ギャラリーには桑島智輝撮影の写真が

掲載されています。

ソフビのワニが安達祐実の体に乗っている

写真はアラーキーの『Untitled(Kaori, 2004)』

を思い起こさせます。

アラーキーも奥様の陽子さんのヌードを

撮っていたけど、ちょっと違う印象ですな。

安達祐実が求められるイメージを演じすぎ

ちゃってるのかも、という気がしたりして。

そこが個人的に微妙に冷める理由かも。

きれいな写真なんだけどね。

 

 - エンタメニュース