平野亮一のプロフィール!彼女もバレエダンサー?母や兄~出身校や出演情報も!

   

平野亮一_RYOICHI HIRANO
この記事の所要時間: 613

英国ロイヤル・バレエ団の日本人ダンサー

平野亮一高田茜がプリンシパルに昇格

したというニュースが日本を沸かせました。

可憐な印象の高田茜もかなり人気が高そう

ですが、女性はやはり平野亮一への関心が

高井のではないでしょうか。

日本人離れした長身と背が高いだけではない

美しいスタイル、精悍な顔立ちなど、とても

魅力的なダンサーです。

6月18日には来日中のロイヤル・バレエ団

東京公演で『ロミオとジュリエット』の

ティボルトを踊ります。

気になるダンサー平野亮一について調べて

みちゃいました。

 

スポンサーリンク

平野亮一(ひらのりょういち):プロフィール

 

生年月日:1983年9月5日

出身地:兵庫県尼崎市

身長:185センチ、

 

お母さまの節子さんは尼崎市、吹田市、

大阪市に教室を持つバレエスクール

平野節子バレエスクールの主催者。

子供の頃から母親の教室でバレエを習って

いました。

2歳年上のお兄様・平野啓一さんもやはり

バレエダンサーとしてナショナル・バレエ・

オブ・カナダのファースト・ソリストとして

活躍していましたが、2015年に引退。

アルバータ州に移住して大学に進学し

エンジニアリングを学ぶそうです。

 

まだ若いしダンサーとしての評価も高く

世間では惜しむ声が多いようです。

理系思考のダンサーだったのでしょうか。

 

出身校は滝川高等学校

 

平野亮一の出身校は兵庫県神戸市須磨区に

ある滝川高等学校。

1981年創立の由緒ある男子校です。

平野亮一は新54回生でした。

 

平野亮一の踊りは?

こちらはローザンヌ国際バレエコンクール

の際の動画。

世界に出る第一歩となった若き日の映像です。

「眠りの森の美女」よりデジレ王子のヴァリ

エーション。

ローザンヌに出場する男の子は年齢よりも

幼く、可愛らしい印象の子が多いですが

彼は年齢よりも大人の印象を感じさせます。

背が高く、体形に恵まれていることも大きい

のでしょうけど、王子様という甘いイメージ

よりも騎士のようなストイックな風格もあり

彼独自の個性を感じます。

ドン・キホーテ~マタドールの踊り

2013年に幕を開けたロイヤル・バレエ団の

『ドン・キホーテ』

当時、ゲストプリンシパルだったカルロス・

アコスタ振付のいわゆるアコスタ版ドンキ。

カルロス自身も出演していました。

平野亮一はエスパーダ役。

「平野亮一のエスパーダは能天気な華やかさ

が素晴らしく」

なんて批評がありました。

ドンキのエスパーダにはそういうこういう

俺様的なセクシーアピールが必要ですよね。

 

カルロス・アコスタの踊りはダイナミック

ながら繊細な表現力と濃厚な甘さも秘めた

超セクシーな魅力に満ちていて、西洋的な

王子様のイメージではないという点では

平野亮一と共通するともいえますが、

それぞれまた別の個性。

だけど、どちらもセクシー。

 

バレリーナはポアントで立つと20㎝

ぐらい高くなるので、パートナーとして

背が高いのはやはり見栄えがしますよね。

身長185㎝と欧米人に負けないスタイル

ですが、舞台でより大きく見えるのは

欧米人に比べて、顔が大きいからでは

ないかと思います。

だったらドラえもんに踊らせればいいか

といったら、そういうもんではないん

ですけどね。

また、顔も濃いでしょ。

舞台に立っただけでババーンと目を引く

存在感はやっぱり得している気がします。

こちらはリハーサル動画。

05:10からの後ろから肩を抱くような

振付がグッときます。

思わず何回も見てしまいました。

 

フェイスブックの写真などを見ていても

容貌からもアウトドア派な印象ですし

踊りもダイナミックなものを感じますが

スポーティブではなく武術のように呼吸を

ともなうキレを感じます。

クラウドゲイトのリン・ホアイミンの振付

で踊ってほしいな。

 

『トゥーランドット』をバレエにしたらカラフ

王子は平野亮一しかいないと思うんですよ。

中国のバレエ団は上演していますが、

ロイヤル・バレエでも、ぜひ実現してほしいです。

 

平野亮一の彼女はバレリーナ?

 

とても、いい男なのでやはり気になる彼女の

存在。

まあ、いて当然ですよね。

男性がお好きなら別ですけど。

フェイスブックを拝見しておりますと、

「クレア・カルバートさんと一緒です」

という画像が多く、ツーショット写真、彼女を

撮った写真が多いです。

とてもいい雰囲気なのでクレア・カルバート

こそ平野亮一の恋人ではと思う次第です。

クレア・カルバートはやはりロイヤル・バレエ

団のバレリーナでソリスト。

可憐な印象のクレアと精悍な平野亮一は

よくお似合いです。

 

よく日本の女性は世界の男性に人気だけれど

日本の男性の国際的な人気はいまひとつ。

なんて言われますけど、こういう才能のある

男性が日本の男の魅力を世界にアピールして

欲しいもんですね。

 

平野亮一出演情報

 

6月16日から始まる英国ロイヤル・バレエ団

2016年日本公演。

同バレエ団の来日公演は3年ぶりです。

平野亮一は18日(土)18:00からの公演

『ロミオとジュリエット』にティボルト役

で出演。

その他の配役は以下の通り。

【配役】
ジュリエット:ナターリヤ・オシポワ

ロミオ:マシュー・ゴールディング

マキューシオ:マルセリーノ・サンベ

ティボルト:平野亮一

ベンヴォーリオ:ニコル・エドモンズ

日本人だからひいき目に見てしまう部分も

あるかもしれません。

また、やはり日本人だから欧米的な表現より、

どこかに東洋的なものが感じられる表現が

しっくりくるのかもしれません。

どっちにしても欧米とは違う個性があるのは

確かな気がします。

平野亮一ステキ!

もっと来日してほしいですね。

オニール八菜のプロフィール!パリ・オペラ座のエトワールへ前進!

マニュエル・ルグリのプロフィール!結婚や恋人~パートナーは?

 - エンタメニュース, バレエ・ダンス