藤田重信(文字デザイナー)の筑紫書体が購入したい!値段や搭載PCメーカーは?

   

この記事の所要時間: 516

プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介

された文字デザイナー藤田重信氏の筑紫書体

が美しいです。

若い頃にはファッションに夢中だったという

藤田氏がラインにこだわって作り上げた

フォント、筑紫書体。

活字でありながら有機的な人の手仕事を感じ

させ、なおかつ洗練されているところが

大きな魅力でしょう。

書体を見て使ってみたいと思った人も多いの

ではないでしょうか。

どこで手に入るのか、お値段はいくらぐらい

なのかなど調べてみました。

 

スポンサーリンク

藤田重信(ふじたしげのぶ):プロフィール

 

1957年生まれ

筑紫学園高校デザイン科卒業

1975年、写真植字メーカーの株式会社写研に入社。

1998年、フォントワークス株式会社に入社

所属:フォントワークス株式会社 書体開発部 部長。

 

高校のデザイン科にいた頃、レタリングが

得意だったため、写真植字機研究所に。

入社当初はファッションばかりに夢中な

藤田重信氏。

驚いたことに服の腰のラインを見ると、

ブランドが分かるまでになっていました。

そして、そのラインへのこだわりは次第に

フォントへの情熱に代わっていったようです。

 

本蘭細明朝(LHM)から石井中明朝(MMOKL)そして筑紫書体へ

 

入社当時、藤田重信氏は

「本蘭細明朝こそ明朝体の中で最も

美しく、石井中明朝は情感がありすぎる」

と思っていたそうです。

本蘭明朝L(LHM)と石井中明朝体OKL(MM-OKL)

上が本蘭細明朝(LHM)、下が石井中明朝(MMOKL

確かに、本蘭細明朝のほうがおおらかな

印象で、石井中明朝のほうが、より書の

筆跡に近い人間性というか技巧というかが

感じられます。

 

しかし、やがて石井中明朝の美しさに傾倒する

ようになり、そこから、

「自分でも書体を作りたい!」

という思いに発展していったとのこと。

 

石井中明朝体は手書きのニュアンスがある

クラシカルな印象とでもいいましょうか。

藤田氏によれば、仮名の「そ」や「み」は特に

その曲線が美しいそうです。

 

藤田重信氏作「筑紫書体」の特徴は?

 

筑紫書体は他の書体に比べて2°右肩上がり

なんだそうです。

少し右上がりにすることで緊張感が生まれる

とか。

高校の時、同級生が描いたレタリングが右肩

上がりだったことで、その美しさを意識した

そうです。

確かに、右肩上がりの字って程度にもよります

けど、若干きれいに見える気がします。

 

「伝統的なものを如何に新鮮にできるかが肝要」

と藤田氏は言っていますが、これは芸術全般に

言えることだと思います。

伝統は変えればいいというものではなく、

必要なだけ、ベストな塩梅で手を加えることで

伝統のニュアンスもどこかに残しつつ、新たな

スタイルに変身させられたらすばらしい。

難しいですよね。

筑紫書体はまさに伝統に新鮮さを与えた

フォントと言えるでしょう。

「筑紫」は藤田重信氏の出身地が九州である

ことから命名されました。

「筑紫」という言葉自体、音の響きも漢字も

美しい言葉ですよね。

ぴったりのネーミングだと思います。

筑紫Aオールド明朝-L

これは筑紫Aオールド明朝-L。

筑紫明朝だけでもアンティーク、オールド

ゴシック、丸ゴシックなど各種あるんですが

私はオールドが特にいいなと思いました。

オールドだけでも各種あります。

 

筑紫書体購入の購入はどこで?

 

さて、こんな魅力的な筑紫書体を自分も

使ってみたいと思う方は多いのではない

でしょうか。

私もそう思いました。

そこで、どこで購入できるのか探してみました。

 

取り扱いをしているのはフォントワークスLETS

しかし、買い切りではなくライセンス契約で

1年ごとに更新する形でした。

フォントワークスコレクション345書体の

中に筑紫書体も入っています。

1年間1PC:24,000円(税別)、また初年度

のみ入会金30,000円(税別)が必要。

払えない金額ではないけど、趣味でブログを

書く分にはちょっと厳しい出費かなぁ。

 

筑紫書体だけでなく他のフォントも使える

ので仕事で必要ならいいんでしょうな。

 

Macに筑紫書体が標準搭載

 

やっぱり個人で使うのは無理かぁと思った

あなたに朗報です。

筑紫書体は2015年に、あのApple社の

Macに標準装備されているんです。

おおー!

Macを購入しさえすれば、もれなく筑紫

書体が使えるというわけです。

これまでMacに手を出せずにいた私ですが

次はついにMacデビューしようかなぁ。

冬にちょっとPCの調子が悪かった時に

思わず不安になって買っちゃったけど、

その後、PCが安定したのでまだ使って

ないWindowsが1台あるんですがね。

あーあ、(sigh) 。

 

ゴシック体と明朝体なら私でも使い分けて

いましたが、明朝体にもこれほどいろいろな

ニュアンスがあることには気づきませんでした。

書は人なり。

たまにブログでも少し特殊なフォントを使って

いる方もありますが、そういう人は文章も

面白かったりするんですよね。

いずれ私も……と思いつつ。

曜変天目茶碗が中国から消えた理由は?現在の値段や価値は?

フェルメールが「デルフトの眺望」を描いた場所!フェルメールブルーとは?

 - アート