曜変天目茶碗(国宝)を所蔵する美術館!場所やアクセス~入館料や駐車場情報

      2017/02/11

この記事の所要時間: 430

宋代中国で盛んに焼かれた曜変天目(ようへん

てんもく)茶碗はその後製法が途絶え、

製法の再現は困難とされてきました。

現存する古代の曜変天目は3客のみ。

しかも、原産国の中国ではなく、すべて

日本の美術館が国宝として所蔵しています。

 

近年、製法の復元を研究し続けてきた九代目

長江惣吉氏や林恭助氏によって曜変天目と

呼べる作品が再現されていますが、やはり

まずは本物を見たうえで、現代の曜変天目を

鑑賞したいもの。

曜変天目茶碗を所蔵する美術館――静嘉堂

文庫美術館、藤田美術館、大徳寺龍光院

場所やアクセス、所蔵する曜変天目について

調べてみました。

 

スポンサーリンク

静嘉堂文庫美術館

静嘉堂文庫美術館_稲葉天目

静嘉堂文庫美術館が所蔵する曜変天目茶碗は

「稲葉天目」呼ばれるもの。

南宋時代(12~13世紀)中国建窯製。

元は徳川将軍家が所蔵していましたが、

三代将軍・家光の時代に春日局を下賜され、

その子孫、淀藩主稲葉家に伝えられたと

言われています。

曜変天目の最高峰と言われています。

常設展はなく展覧会の会期以外は休館なので

ご注意ください。

また会期中も、必ずしも曜変天目茶碗が展示

されるとは限らないようです。

なお「稲葉天目」は東京丸の内の三菱一号館

美術館の三菱センター デジタルギャラリー

で、デジタルコンテンツとして常に見ること

ができます。

三菱美術館での展覧会においでの際はぜひ

ご覧になってみてください。

 

【開館時間】

午前10時~午後4時30分(入館は午後4時まで)

【休館日】

毎週月曜日(祝日の場合は開館し翌火曜日休館)

展覧会期以外は休館。

【入館料】

一般1,000円 大高生700円 中学生以下無料
(一般・大高生は20名以上団体割引あり)

【場所】

〒157-0076 東京都世田谷区岡本2-23-1 静嘉堂文庫美術館
TEL.03-5777-8600(ハローダイヤル)

【アクセス】

最寄り駅は東急田園都市線・大井町線の二子玉川駅。

駅からバスまたはタクシー(約10分、800円)。

【駐車場】

美術館前に約20台の無料駐車場。

 

藤田美術館

 藤田美術館_藤田天目

南宋時代(12~13世紀)中国建窯製。

藤田天目」と呼ばれています。

水戸徳川家が徳川家康から譲り受け、水戸

徳川家売立の際に藤田財閥の藤田平太郎が

入手。

曜変の斑紋が茶碗の外側からも確認できます。

 

【開館期間】

3月中旬~6月中旬、9月中旬~12月中旬

午前10時~午後4時30分(入館は午後4時まで)

【休館日】

毎週月曜日(祝日の場合は開館し翌火曜日休館)

展覧会期以外は休館。

【入館料】

一般800円 大高生500円 中・小学生300円
(20名以上各50円割引)

【場所】

〒534-0026 大阪市都島区網島町10-32

TEL.(02)6351-9582

【アクセス】

JR東西線大阪城北詰区(3番出入り口)より徒歩3分

京阪京橋駅(片町口)より徒歩10分

地下鉄長堀鶴見緑地線京橋駅(2番出口)より徒歩10分

【駐車場】

無料駐車スペース約5台

藤田美術館の至宝 国宝 曜変天目茶碗と日本の美 公式図録

大徳寺龍光院

大徳寺龍光院_曜変天目

大徳寺龍光院の曜変天目は当初、堺の豪商

津田宗及が所有していたもの。

3つの曜変天目の中では一番地味ながら、

幽玄な美を持つと高く評価されています。

しかし、大徳寺龍光院はほぼ一般公開

していません。

1990年と2000年に東京国立博物館で開催

された「日本国宝展」に出品されて以降は

公開されていないようです。

見られる可能性があるとすれば、今後の

国宝展でしょうか。

国宝展開催の際にはご注意ください。

大徳寺龍光院には他にも国宝の建築物、

茶室密庵席他、たくさんの国宝・重要文化財

がありますが、拝観謝絶。

残念です。

【場所】

【アクセス】

JR京都駅より京都市バス・大徳寺前(約30分)下車

寺内は非公開ですが、お近くに行かれた際は、

外から建物の趣をお楽しみください。

どれも、ここに行けば必ず見られるという

わけではないのが残念ですが、静嘉堂美術館

や藤田美術館の所蔵品は年数回チャンスが

ありそうです。

展覧会情報にご注意ください。

曜変天目茶碗が中国から消えた理由は?現在の値段や価値は?

汝窯の青磁・天青色の名前や誕生由来!日本で収蔵する美術館・博物館や値段は?

久保田一竹美術館の口コミや割引クーポン!駐車場やアクセス情報も

フェルメールが「デルフトの眺望」を描いた場所!フェルメールブルーとは?

 - アート